メーカーで国内に製造拠点があるところにいるので、製造拠点という不動産の管理に関する話が時折来る。個別の論点ごとについては都度調べているのだけど、施設管理に関する全般的なリスク管理についての情報を頭にいれておきたくて、その道に詳しい某先輩にお薦めの本を教えていただいて入手したもの。製造拠点の操業にまつわるリスクに関する話は当然含まれていないが、それでも、こういう形で、全体像を頭にいれておくのは十分有用だと思う。
某先輩、ありがとうございましたm(__)m。

後者は、「わかっている人」向けに、情報をコンパクトに凝縮していて、持ち歩きには便利そう(活字が小さめで目には厳しいかも)だが、前者はやや古いものの、より入門的。僕みたいな用途では前者だけでもよかったかもしれない(後者の方が新しい分、updateとしての情報入手の役には立った)。

前者は2006年と古いし(法務的なところで言えば、土壌汚染対策法の記載はその後の改正があったことには留意が必要)、不動産投資についての話は、個人的にはあまり用事はなかったものの、「欠陥・瑕疵に関するリスクと対応策」「ビル機能・周辺環境の変化に関するリスクと対応策」及び「事故・災害のリスクと対応策」のとこ ろは、平易な文章でわかりやすくリスクのありようとそれへの対応策が書かれているので、メーカーの法務の人にとっては、それだけでも十分、目を通す価値はあると思う。個人的にはアスベスト(古い施設ではアスベストが使われているケースがまだあるので)を取り巻く実務や制度の解説、それと、耐震補強に関する解説が興味深かった。

出来れば、東日本大震災以後の事情も盛り込んだ改訂版が欲しいのだが...。