企業法務のOJTのテキストに有用な一冊。企業法務の実務を行ううえで必要な知識面ではなく、法務担当者としての頭と身体の動かし方についての部分に重点を置いているところが、新味というべきなんだろう。知識面とかでの本(それだって有用だけど)というなら、滝川先生の本や、日経文庫のやつ、さらには、一般には出回っていないが経営法友会のテキストとか、既に一定の本が出ているので。 また、最後に出ている典型案件への対応の仕方のセオリーも、当事者の利害という法的な観点を離れたところにも目配りをしつつ対応の仕方を解説をしていて、実務的でよいと思う。

図表の使い方やレイアウトの仕方で読みやすさが増しているけど、その辺はlexisの編集部のお手柄であろうか。続きを読む