dtk's blog (ver.3)

カテゴリ:法務・法律問題 > マネジメント


まあ、その…ネット上で見かけて、危機感を覚えたもの(必ずしも単数ではない)に対して、発作的につぶやいた一連のつぶやきをまとめてみようかと。あんまり偉そうなのもどうかと思うけど、こういうことでもないと書かないことかもしれないので、自戒の意味を込めて、というところ。

偉そうな割にこういうことが自分で出来ているかは棚に上げている点はご容赦あれ。


続きを読む

例によって、ぼんやりとおもったことをメモ。過去に自分が感じた違和感を思い出したというところか。

育成におけるプロセスまたは通過儀礼としての「愚行権」というのはあるような気がしている。

自分自身が試行錯誤した結果として、特定の問題について、(それ以外の可能性が何らかの理由で採用しがたいために)特定の結論にしか行き着かないと確信していても、その結果・結論だけを断定的に上から下の人に押し付けると、押し付けられた側にとってみれば、不公平な印象が拭い去れず、その結果が正しいか否かに関係なく、感情的に違和感を残すかもしれないと思ったりする。

その確信の当否が問題(ホントにその確信が十分な検討を経ているのか?も100%確実ではないし。文脈が変われば「答え」が同じにならないかもしれない)というよりも、試行錯誤のプロセスをたどることそれ自体に意味があったり、試行錯誤の中から学ぶチャンスがあったりするので、それを奪うことにもなりかねないというところが問題でもあるので、当座の結論を急ぐのとの間でのさじ加減が必要なのだろうという気がしている。

このページのトップヘ