修習

January 28, 2018

分かりやすい公用文の書き方 改訂版 /礒崎 陽輔 (著)

別に役所(P/J含め)に就職しようとか考えているわけではないが,起案で文章を書く時に参考になりそうなので,一通り目を通してみた。著者は,以前,政治家として物議を醸したことがあったが,この本は政治家転身前に官僚の立場で書いたものなので,当該問題とは関係なく読むべきだろう。

表題のとおり,公用文をいかにわかりやすく書くかという観点から,公用文独自のルールをまとめたもの。ルールの中には,漢字の使用範囲(常用漢字表)も含まれる。ルールといっても,根拠があるものから,単に慣例的なものまであるが,この本自体にある程度権威が認められるようなので,迷ったらこの本の記載にしたがっておけば良いということになるのだろう。

民間人(という言い方がいいのか不明だけど,要するに役人でない人)の立場からすれば,所詮お役所ルールでしかないので,従う必要は必ずしもない。しかし,弁護士,修習生または企業法務担当者など,役人の方々を読み手として想定すべき文書を作成する場合には,特段の事情がないときには,それらの方々への読みやすさを向上させる意味で,これに依ることも一案だろう。もちろん,中にある記載の中には,汎用的な文書の書き方のルールもあるので,それに従うことで,文章自体が誰にとっても分かりやすいものになるという利点もあると思われる。 民間人でも参考になると思われる記載としては,僕の見る限り,例えば,次のような箇所があった。
  • 主語と述語の一致
  • 項目番号の付け方(これについては,司法試験受験時に,この形で答案を書くようにしていたので,個人的には新しいものではないが)
  • 名詞の限定列挙・非限定列挙のルール
  • 「その他」「その他の」の使い分け(個人的には,本書の記載でようやく違いをはっきり認識できた)
  • 外来語の表記(日本語での代替的表記の記載が興味深かかった)
  • 差別用語・不快用語(代替的な用語の記載が興味深かった)
いずれにしても,読むだけでなく,折に触れて参照しながら,文章を書くことで,記載のルールに慣れていき,文章の分かりやすさを向上させることが重要なのは間違いない。

dtk1970 at 13:01|PermalinkComments(0)

January 08, 2018

六法について

年が明けて,いよいよ実務修習が始まるわけだけど,修習で使う六法についてメモ。新年最初のエントリがこういうものというのも何だかなあという気がしたが…。

二回試験との関係では,試験時に貸与?される六法が何故かデイリー六法なので,それに慣れておくべしという話を70期の方から聞いた。そこで,平成30年版六法としては,まずデイリーを購入して,導入はそれともともと手元にあった平成29年版判例六法(有斐閣)で乗り切った。もともと司法試験受験準備にはポケット六法と司法試験用六法を併用する(仕事では判例六法)形だったが,デイリー六法は活字組みとかが異なり,違和感がまだ残っているところ。

実務修習の中での講義の予習とかで,保全執行の規則レベルになると,これらでは載っておらず,紙の六法で引けるようにしたかったので,結局判例六法Professionalを買った。模範六法も,初職で毎年支給されていたときに使っていたが,あのビニールの表紙が他の紙に貼り付いて難儀したことがあるので,選択の対象にならない。

二冊組はかさばるのだが,このレベルでないと対応できないので,仕方がない。アプリとかも悪くないのかもしれないが,肝心な時にバッテリーが切れたりする危険が残るので,紙のものが必要と判断した次第(修習所とかでは,電源を取らせてくれないので…まあ,人数がいるところなので仕方がないのだろうが…)。


dtk1970 at 23:29|PermalinkComments(0)

December 31, 2017

導入修習の感想その他

導入の反省と言うか感想のようなものをメモ。

訳がわからんというのが,正直な導入修習の感想。こちらの勉強不足ゆえのことかもしれないが,泳ぎ方も教えずにいきなりプールに落とすという印象。まあ,起案(答案のようなものを書くこと)は採点とかしないから,実害は生じないということなんだろうけど。起案をしたけど,まともに書けずに凹むだけで終わったわけで,さてどうするかというところ。優秀層(既に大手に内定している等)とくらべても出来の悪さが如実に出てたし(汗)。

とりあえず実務修習の最初のクールに向け,この冬休みは,まず「事例で考える」と「ステップアップ事実認定」を一読したうえで,大島本の発展編を読んでいるところ(基礎編は一度読んだ)。

後に続く人?のためにメモをしておくと,まず,5月の試験から修習に入るまでの間に,民法・刑法・両訴訟法については,しっかり復習というか,自分の理解を向上させることが重要と感じた(汗)。実体法については,復習している時間を取りにくいものの,前提になっているのが間違いないから,足らないところは補う時間をとるべき。合格時に真ん中より下だったら,発表後修習開始までの間にテコ入れをしたほうが良いのではないか。知識面では受験時がピークで,後は忘れる一方なのだから。

次に,民事の要件事実と事実認定という面では,新問題研究と大島本2冊と先に挙げた2冊(2冊の内では,まずは「事例で」だけど)をしっかり学んで置くのが良いと思われた。僕は合格発表の頃までに,ある70期修習生の方からのアドバイスで,新問題研究の,言い分だけ見て,事実摘示を書いてみるというのをやったけど,ボロボロだったから,ある程度きちんと書けるようにしておくのは,修習でも有用なうえ,もう一度受験となったときにも有用だと思う。

刑事については,我らが(?)山中先生のところに出ている検察終局処分起案の考え方を読んでおくと良いと思う。手続面では白表紙でも配られる,プラクティス刑事裁判も見ておくと良いと思う。後者については,裁判員裁判についての理解を深めるうえでは,受験でも有用だろう。

白表紙が来るまでは上記のとおりとして,来てからは,事前課題をやるのが第一としても,次のものは,修習開始前までに最低限目を通しておくべきかと感じた(実際そうした:その判断に際しては,こちらの70期の方のエントリを参考にさせていただいた)。
  • 民事裁判:事例で考える事実認定,事実摘示記載例集
  • 検察:検察終局処分起案の考え方
  • 刑事裁判:刑事事実認定ガイド,プラクティス刑事裁判
加えて,民事弁護の手引と刑事弁護の手引は読んでおいたほうがよさそうだったが,そこまで手が回らなかった。未だに読めていないが,民事弁護における立証活動と併せ,修習中に一度目を通しておく予定。






続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 11:32|PermalinkComments(0)

December 25, 2017

手続周りのメモー修習関連

導入修習が終わったわけですが,それはさておき,ここまでのところの修習手続関連について,感想と備忘も兼ねてメモ。
#何回か加筆などしている。
  • 何はともあれ申込のための手続が面倒だった。合格後1週間以内に申込をしないといけない。その割に?申込に必要な書類は多い(最高裁のサイトに,その時期に,指示書類へのリンクが出るのでそれを参照)ので集めるのが大変。僕のようにUSの学校を出た人間は,合格してから集めているとおそらく間に合わない。もちろん追完も可能だが,面倒なので,合格前に手配をしておくほうがいい。僕は仕方がないので発表前に手配をした。合格後に指示を見たら,発行時期について,3ヶ月以内というような要求までは付いていなかったので,一度集めておけば合格時期が遅れても使いまわし可能だった(2018以後変更の可能性もあるので,確認が必要だが…)。
  • 地味に面倒なのが,成年後見登記などをしていないことの証明書。東京だと九段の法務局に行って取ることになる。合格発表翌日だと,その手の人?がいっぱいいる。
  • 健康診断の結果については,所定の用紙に結果記入が必要。「健康診断 即日」とか入れて検索すると対応可能な診断所が出るので,そこに頼めば済む。
  • 健康保険については,関係書類を見る限り,全員,国民健康保険強制のようにも見えたが,聞いたところ,そうとは限らないとのこと。勤務先を退職して修習に行く場合,前職での健康保険の任意継続でも可能とのことだった(なのでそうしている)。
  • いわゆる白表紙はホントにダンボール一箱来た。それと同時に事前課題その他も来た。その中にも提出を要する書類が入っているし,そこで,修習地,クラスなどの通知も来る。
  • PCでメモを取ることが多いが,使用申請が必要。僕はWindows 7端末だったが,SP1が当たってないとダメ,という連絡が来て,当たっている旨上申した(この辺は年ごとに規制が変わっている可能性もあるので,都度確認が必要そう)。
  • NY州弁護士資格との関係では,問い合わせをして,諸々話をしたところ,専念する旨一筆をという話だったので,専念する旨上申したところそれで済んだ。
  • 合格後修習開始までの間に就職活動などで名刺があると便利。予備校の懇親会等で連絡先等の交換に使う。修習生(予定)という肩書で一応作った。プリンターとかで作るのでも良いので,何らかの名刺があると良いと思う。
  • 予備校の採点バイト等を継続する場合,兼業申請をすることになるが,許可申請の可否は導入修習初日に正式に書類が来るけど,急ぎであれば研修所に電話で訊くと教えてくれることもある。
  • 修習生間の連絡にはメーリングリスト(教官も入る)とLINEが併用され,飲み会とかは後者がメイン。LINEのグループも各種乱立?するので,管理が面倒だが,人数が多く,かつ,20代とかが多いとこういう事にならざるをえないのだろう。なので,LINEが使える環境の整備は重要。こちらはiPadにモバイルルーターで対応していたが,ルーターが和光の教室でwifiの電波を取らなかったので,やや不便だった。
  • 修習申込だけではなく,修習全般については,山中弁護士のサイトはとても有益。それにしても一体山中先生は何故このように情報を集めているのだろう。感謝しつつも疑問。
  • 修習全般について,同じく有用そうなのは,次の伊藤たける先生他の次の本。
dtk1970 at 17:12|PermalinkComments(0)