NY州弁護士/NYBar

November 20, 2013

CLEセミナー:Ethics

2日連続でセミナーネタというのも、イマイチだが…まあ、ネタがないのと、Ethicsのセミナーとしては今まで受講したものの中では一番良かったので、メモ。日本で唯一のUSのロースクールのテンプルのキャンパスで開催。CLEのセミナーは日本でも結構あるけど、Ethicsのセミナーはテンプルでやるものしか見たことが無い…。


 


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 20:23|PermalinkComments(0)

November 19, 2013

CLEセミナー:米国独禁法

セミナーに出るだけでどこまで身についているのか、怪しいのだが、CLEも出るということで某事務所のセミナーに出させていただいた。テーマは米独禁法。まあ、米国企業の現地法人の立場としては、親会社の関係者のこの分野の理解の基礎を知っておくという意味で有用なのは間違いない。

ボーっとしていて最初気づかなかったが、BUの留学つながりで、某氏に久しぶりにお目にかかる。気がつくと転職されていて、ご活躍のようで何よりです。





 続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:44|PermalinkComments(0)

November 06, 2013

メモをいくつか

登録とCLEがらみで自分用のメモ。
  • NYSBAの登録更新が来たので、手続き。一応維持する。webで出来るはずだが、一部の請求項目についてweb上で手続きができないので、手続き書類をfaxで送った。
  • CLEについては、無料セミナーで、更新後5単位を取得済。年内にテンプルのものとあわせてあと3単位取る予定。セミナーばかり言っていると、某所であきれられたような気がするが、この手のものは、自分のためにやっているということで…(厳密には必須ではないものの、ということ)。 


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 00:51|PermalinkComments(0)

October 05, 2013

メモ:CLEのセミナー(2013/10)

肩の不調もあって、簡単にメモだけ。

例によってテンプル大のセミナー。10/31にe-Discoveryについてのものがあるらしい。興味がある内容なので、予定が合えば行くようにしようかと。

オリック法律事務所での10/8のセミナー。web上で参加申し込みが出来るようなので、ご紹介してもよさそう…。こちらは朝なので、内容的に純ドメ企業向けっぽいので、業務との関連性という意味で正当化が難しそうなので参加はしない予定…。


 

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:07|PermalinkComments(0)

September 02, 2013

メモ:CLEのセミナー

今後どうするのか不明なるも、久しぶりにこのネタで検索して出てきたのでメモ。

テンプル大のCLEのセミナー。詳細はそれぞれリンク先を参照のこと。

9月の中国中国法、10月のパテントトロールについての話も興味深いが、11 月のethicsの講義は、そもそもethicsの講義自体が少ないので、この中であえてひとつなら、ethicsに出たいところ。予定をにらみつつ出席したい。


DVDを買うなりweb経由で聴くなりするのは最後の手(?)として、何とかそれ以外の手である程度のところまで単位を取りたいところ。某弁護士事務所の得意先向け?のCLEセミナーにはお声かけしてもらっており、昼間ということもあり、業務との関連のありそうなものだけは出席させてもらっているが、これにも限度があるし…。

(気がつくと、ip colloquiumもCLEは取れなくなっているし…)



このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:49|PermalinkComments(0)

July 20, 2013

身の証…の続き

前に書いたこちらのエントリの続きというかなんと言うか。

件のエントリの後、ある用件で、このcertificate of good standingが必要になった。

そこで、若干不安に思いつつも、今の勤務先の会社のレターヘッドを使い、internaltional money orderを郵便局で作って(The State of New York宛。住所の記載がやたら長くmoney orderの申込用紙の記入欄に入りきらなかったが、局員さんの指示にしたがい、欄外に書いた)、国際切手返信券をつけて、EMSで送ったら、無事に件のcertificateが入手できた。

興味深いのが、国際切手返信券がそのまま返送されてきたこと。

推測でしかないが、そもそもアレが何か理解できなかったのか、理解できても面倒だから交換しなかったのかいずれかなのだろう。前者なのではないかと踏んでいるが。

で、問題は、この国際切手返信券をどうするか、ということ。こちらの記載を見ると130円分の切手と交換可能らしいので、そういう処理をすることにしよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 18:53|PermalinkComments(0)

May 28, 2013

単位をそろえる

NY州の弁護士資格で求められるCLE(継続教育というやつですな)の単位を、何とか集めた。そもそも適用対象なのかどうか疑問だったのだが、後から適用対象だったといわれるのもどうかと思ったので、1年間web経由で聴き放題で、いくら、というやつに申し込んだのだった。で、1年の期限が来る前に、外部のセミナーとかも含めて、一応必要単位数はそろえた。

もっとも、次回の登録更新のときにこの数字で申告するか、それとも免除申請をするかは、考えどころ。今回は、外資系に転職して、業務内容との関係で免除になるのかどうか良くわからなかったので単位を集めてみたが、やっていることからすれば、免除になるのではないかという気もするので、どうしたものかというところ。

CLEの講義をwebで聴いた分については、当たり前の話だが、こちらの興味関心及び予備知識がないと、話についていくのも厳しく、音が右から左に流れるだけになってしまう。その辺は問題ありか。講義の作りこみもそれほどきちんとしていない場合(そういうことも往々にしてある)、特にその辺が影響するような気がする。

それとは別にLiveのセミナーも、外資系の事務所によっては、クライアント対象に行っているところもあるようなので、その辺にうまく紛れ込めると、便利ということなのだろう。そういう伝手をどうやって集めるかが難しいのだが…。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:48|PermalinkComments(0)

April 18, 2013

身の証

自分用のメモということで(いつもだって>自分)

自分がNY州の弁護士であると履歴書には書いたけど、実際にNY州の弁護士であるということの証拠を出せといわれたことはない。で、そういう風にいわれたらどうやって証明したらよいのだろうか?と思ったので調べてみた。

NY CourtsのAttorney RegistraionのFAQ
に次のような記載がある。
How do I obtain a certificate of good standing?

Certificates of good standing must be requested from the Appellate Division where the attorney was admitted.

A certificate of good standing is the only document available to New York attorneys as proof of admission to the Bar.

上記のような目的で出す書類はcertificate of good standingというらしい(そこまでは知っていたけど)。

問題はそれをどうやって入手するか。とりあえず登録されているAppellate Divisionに要求する必要があるらしい。僕の場合は3rdなので(外国から登録申請するとここになるらしいけど)、そこにお願いをする必要がある。

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 21:34|PermalinkComments(0)

January 01, 2013

CLEの講義を聴き始めた

元旦は一年の目標、みたいなものだけでもいいのかもしれませんが、もう一つエントリを書いてみようかと…。続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 22:25|PermalinkComments(0)

December 30, 2012

譲渡禁止条項について

タイトルがこれでいいのか不明ですが…。

例によってCLEの講義を聞いているのですが(当たり外れが大きいような気がしてます。あわない講義だと意識がなくなるのはこちらの問題ですが…)、その中で契約書の文言(当然英文契約ですが)についての話が出てきて、なるほど、と思ったのでご紹介をしてみようかと。

具体的には、定型的な文言で入っている譲渡禁止の条項について、なんだけど…。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 17:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 29, 2012

An Essential Guide to Attorney-Client Privilege and Work Product for the In-House Practitioner

インハウス向けのprivilegeとwork productに関する記事。CLEの講義の中で出てきた事項について検索していたら見つけたもの。ミズーリ州法ベースの議論が一部あるが、参考になりそうなのでご紹介してみる。僕自身それほど詳しいわけではないので、どこまで一般的に役に立つ話なのかは必ずしも確かではないが…。

米国での訴訟への対応という意味ではまずは関戸先生の本が最初に読むべきだろうと思うけど、法務部の「中の人」としては、attorney-client privilegeとかwork productの扱い方については迷うことが多いのではないだろうか。事業部門の人から相談も受けるだろうし。これらの点については、関戸先生の本では紙幅の関係もあり、カバーしている部分は限定的で、補足するものがあった方が良いと思うが、この記事はその意味で参考になりそうな気がする(もちろん、訴訟となれば、弁護士事務所がつくのが普通なので、費用はかさむかもしれないがそこに質問するのが普通だし、そうするべきだろうと思うけど、何も知識がないのもどうなんだろうと思うので…)。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 27, 2011

メモ:QLTS

とりあえずこっちに入れておく。
#一部、何かオカシイと思ったところを削除。

Qualified Lawyers Transfer Schemeというやつで、他所の国のlawyerにイギリスのsolicitorの資格を与えようという仕組みらしい。認められるのは特定の国において、その国の法曹資格を有している人、ということで、特定の国のリストがあり、日本の弁護士も含まれている。

資格付与のためには、出願のための条件を満たしたあとで、試験(択一に合格した後に、インタビューでの試験とライティング・リサーチなどの試験があるとのこと:kaplanとかが対策講座をやっているようだ)を受けて合格すれば良いらしい。英語圏以外のところは、それとは別に英語の能力要件を満たす必要があって、こちらは、IELTSのスコアが一定以上(7.5)、ということでクリアできるみたい。IELTSの難易度を知らないので、どうともいえないけど。

僕みたいな日本で法学部(w/o弁護士資格)+LLM→NY州弁護士、みたいなパターンで出願できるかどうかは不明。a shortened or fast-track route to qualificationではないことが、出願できる条件になっているので、そこに引っかかるのではないか。

別に資格転がしめいたことをする必要はないけれど、純粋に面白いな、と思う。し、こういう仕組みがTPPの枠組みの中で日本にも求められることになるのかもしれない、とも思う次第。まあ、日本の場合、日本語の試験/日本語での試験を求めるとそこのハードルが高すぎる、ということになるかもしれないけど、このスキームと比べるとそれほど不合理ではないかもしれない。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 19, 2011

変更

Deaconさんの呟きで教えてもらったのですが、NY Bar Examを、アメリカ外での法学学習+アメリカでのLLM修了で受ける(要するに日本からの留学生の大半のパターン)のための要件が変更になったとのこと。変更後のruleはこちら。変更前後の比較表はこちら

比較表だけしか見ていないけど、researchとかのコースでそれぞれ2単位以上というのはおそらく大きな問題にならないとして、Professional responsibility/Ethisで2単位以上履修するのが追加されているのは、履修する科目の選択肢を減らすことになるだろうし、LLMをmatriculation(入学許可?)から24ヶ月以内に修了しないといけないというと、UCDavisの3カ年に分けてLLMを取るコースでは受験資格が得られないということになるのだろう。

それにしても何でまたこういう変更をしたのだろう…ということがちょっと気にならないでもない。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 21:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 20, 2011

更新

気が付くと登録から2年経ったということで、NY州の弁護士登録の更新のお知らせが来た、というか、来ていたのだが、しばらく放置していたのを手続きした。

結局CLEは免除申請というのは悔しいのだが、skillsについての研修が見つけられなかった以上、単位数は集められても不十分ということになるから仕方がない。

費用の払いのためにmoney orderとか組むのも面倒なので、カード払いを選択する。

書類を一通り書いてから、ふと見ると、実はonlineで登録ができる旨のチラシというかお知らせが入っているのに気づく。
次のところから登録可能。
https://iapps.courts.state.ny.us/aronline/SignIn

ちなみに、僕の場合、SSNを持っていないということでエラーが出たが、アラートメッセージにしたがい管理者にメールで状況を知らせると代替措置をとってくれて(差しさわりがあると面倒なので、詳細は伏せる)、それで登録ができた。こちらから会費がカードで払えるようだ。

結局上記のやり取りの返事が来る前に、紙ベースで書類を送ってしまったので、支払いとかはそちらで行うことにする。次回以降は使えるだろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 31, 2010

価値はどこに?

現代の臥竜窟さんネタを振られた…ような気がするので考えてみる。

ネタはAbitusの、オンラインでLLM+Bar Examを受けるコースの価値に関してのもの。

正直、今の状態では、米国弁護士資格を取得することによる、
日常業務への付加価値という意味でのメリットが具体的に分かっていないので、
分からないものにはそうそう大金を払うことはできないという結論になるのである。


他人(派遣元企業)のカネで留学に行っておきながら1年で辞めた点とか、その他の点でも、僕がこの手の質問にお答えするべき立場にいるのかどうか、疑問の余地はあちこちにあるのだけど、まあ、そこらは、いつものように棚に上げて、個人的なコメントをば。前フリが長くなったので、「追記」で失礼。他の該当者の方にもコメントを伺ってみたいところ。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 17:14|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

May 15, 2010

今さらながら

Seperac.comで、僕が受けた時のNYBarのMBEの素点(通知があるのはscaleで換算した点数のみ)等を計算できるようになっているのを見つけた。
July 2008 MBE Calculator
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 17:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 22, 2010

Hearsay Exception

これまた事前に用意したyou tubeネタですいません。そろそろNYbarのことが気になっている日本人LLMの方々に(って誰が見てるのやら)お届けするこの一曲。



FRE(Federal Rules of Evidence)のhearsay(伝聞証拠:原則排除される)の例外について、映像で説明?してくれているもの。レゴを使っているものの、ピントがあっていなかったり、手書きの字幕が汚かったりと、まあ、ヘタウマというか何と言うか、でとりあえず画像は頭に残る…ような気がする。アメリカ人にとっても覚えるのが面倒なので、こういうものを作ったりする人が出てくるわけだ。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 24, 2010

訴える価値?

20100224.jpg

NBA journalの裏表紙に出ていたWestlaw PeopleMap
写真の上に書いてあることを簡単にいうとこんな感じ。
「彼女は訴える価値があるように見えません、彼女が不動産を相続していることを知らない限りは」

他人様の懐事情とかもまで調べられるツールってこと?と思って、デモを見たが、役所で公開している様々なデータを突き合わせて、特定個人や、特定不動産に関する情報を表示するもの…のようである。

役所が一般に公開しているデータを使ってビジネスをするという意味では判例データベースなんかの延長線上にあるわけだ。使い道として上げられているのも、Due Dilligenceやmoney laundaringの調査、個人の調査とかあって、弁護士とかが使う可能性があるので、westlawがやっても、それなりに意味があるのだろう。個人的にはすぐ思いついた使い道は、債権回収時に、執行対象の財産を探すのに使えないかというもの。

ともあれ、やっぱりああいう広告はなあ…。実にアメリカらしいと言えばそれまでだが…。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

February 16, 2010

Temple Law School and FWLA present a CLE Event: Better Understanding the Mental Health Act of Japan and the Rights of Persons with Mental Disabilities in Japan

CLEセミナーのお知らせってことで、メモだけ。正直個人的には、内容に興味がもてないので、行くのはどうしようかと…思ってますが…。

Temple Law School and FWLA present a CLE Event: Better Understanding the Mental Health Act of Japan and the Rights of Persons with Mental Disabilities in Japan
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 20:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 01, 2010

CLEセミナーのお知らせ?:2nd ANJeL Australia-Japan Business Law Update

CLEのセミナーのお知らせを、某所からもらったので、メモっておく。$200(通貨はUSD?AUD?おそらく後者と思われる)で3.0単位もらえるそうな。ただ、ネタがFinancial transactionの話とか、日本ーオーストラリアの二重課税の話で、興味がないと聴くのもつらいよなあ…と思うのと、substantialな内容については、これを受けなくても別のセミナーで単位数は足りそう(足りないのはethicsとかskillの方)なので、受けない予定。

http://www.usyd.edu.au/news/law/457.html?eventcategoryid=39&eventid=5139

brochure



このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

December 24, 2009

NYSBAのSection Membership

NYSBAから手紙が来て、中にあるSectionのひとつについて年会費を無料にするから入らないかと言う案内が来た。只より高いものはないとは言うものの、とりあえず入ってみようかと思う。仮に払うとしても精々$40とかだし。

で、何に入るかだけど、internationalが一番無難なのだろう。次の職場は、海外案件は、アメリカよりもアジア・ヨーロッパの案件が多いと聞いているから、アメリカ国内の話よりもそういう分野の方が仕事でも役に立つだろうから。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 00:12|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

November 22, 2009

情報の集め方:ご質問にお答えして

こんなblogを読んで面白いのかと疑いつつも、自己満足で書いているので、質問とかコメントがあると励みになって嬉しいわけだ。で、質問が来たので、早速お返事代わりにエントリにする。

質問の要点:「どうやって日本で行われるCLEの情報収集をされているのでしょうか?」

確たる方法はありません。とりあえず、次のところはチェックしています。他にチェックすべきところがあれば襲えてください>世の中の皆様
  1. 日本法律協会
  2. テンプル大学ロースクール東京キャンパス

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 17:09|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

November 19, 2009

CLEセミナー:個人情報保護法

某所でCLEの単位のもらえるセミナーに出る。お題は日本の個人情報保護法。日本の法律の話について英語でセミナーを受けるというのも何だか微妙な感じ。

何より、この法律のことは、ロクに知らないということがよく分かった。今の勤務先がBtoBビジネスが主で、あまり個人情報を取り扱うことがないからというのが大きいが、関連会社も含めるとまったく縁がないわけではないので、いい機会にはなった。

きちんと復習しておかないといけない。

そのためのメモ。上4つは内閣府のもの。



このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:23|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

November 07, 2009

CLEセミナー@晴海

Temple lawのセミナーでCLE単位がもらえるということで行ってきた。

1時間のセッションが3つで、うち1つがEthicsのセッション。Ethicsのセッションは貴重だよなと思いつつ受けた。

最初の日本法の最近の話題に関するものは、総花的で何だか散漫な印象。僕には英語が分かりにくかったので余計にそういう印象を持ったのかもしれない。聞き間違いでなければ(と前置きしたくなるのが英語力のなさを物語っている)、裁判員制度についてポジティブな評価をしていたのが、アメリカ人らしいな、と思った次第。

次のセッションはパネルディスカッションで、クロスボーダー案件での大変さということにフォーカスがあたっていたが、何だかありがちな展開でつまらないなと思ったら、質問で、刑事の話になった後が面白かった。

最後のセッションは面白かったものの、パワーポイントの字が細かくて見えなかったし、プリントアウトもくれなかったので、何だか消化不良な感じだった。

ともあれ、3単位分稼げてよかったというところだろう。最近知っている外人としか話をしていないこともあるのか、初対面の人の英語となると途端に理解力が下がっているような気がした点が、個人的には問題点だろう。

20091107harumi.jpg
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 20:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 24, 2009

NYSBAとやらに入った

前に書いたが、初年度は会費無料のNYSBAに入会手続きの書類を送っていたが、無事に手続きが終わり、関連書類が届いた。それなりに特典がある(LoislawでNYの判例の検索が使えるとか、CLEの受講料割引があるとか)ので、初年度以降も入っていても損ではなさそうな気がする。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 18, 2009

何を今さら

nycert.jpg
今さらだが、資格を取った証ということで、証明書の写真を上げておく。実名が出るのは困るので、名前の部分はマスクをしている。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 22:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 17, 2009

メモ:日本法律協会

ぎーち先生のところで知ったサイト。

日本法律協会


NYよりも規制の厳しい(免除がない)CAのCLE提供などをしているらしい。ここでやる講演とかがNYで使えないか、聞いてみるかな。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 00:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 14, 2009

CLE何とかならないかな。

まだ考えてます。お金をあまりかけずに自力で何とかできないかな。NYのCLEの新人弁護士向けのFAQを見る。

Q] What if I practice in a foreign country?

A] Newly admitted attorneys based in law offices outside the United States may earn a maximum of 12 of the required 32 credit hours through accredited transitional courses in nontraditional course formats (e.g., audiotapes, videotapes, teleconferences, online) without prior permission from the Board.



最初2年については毎年16単位(Ethics and Professionalismに関するもの3単位、Skillsに関するもの6単位、Law Practice Management and/or Areas of Professional Practiceに関するもの7単位)とらないといけないらしいが、外国で営業している(これに該当するのかどうかは難しいところ)場合には毎年16単位のうち6単位はテープとかで学習可能ということらしい。残りは通常の講義形式で受ける必要があるらしい。つまり、6単位分はwebinarとかpodcastでとってもいいわけだ。

ほうっておくとbarexamとかで学んだことを忘れるから、学習するモチベーションを保つ意味で何とか満たせないかと引き続き検討中。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 10, 2009

登録変更

他にもあるが、NYbarの登録についても住所変更の手続きをしないといけない。登録情報については、変更後30日以内に届けないといけないらしい。

届ける際にAttorney Registration numberなるものを書け、と指示があるのだが、そんな番号見たことがない。登録時にもらった書類を引っ掻き回しても何も出てこなかった。ともあれ、忘れるといけないから、そのほかの情報について記載して、所定のあて先にメールを送ってみた。

州裁判所のサイトにAttorney Directoryがあったので、それを検索したら、番号が出てきた。何よりも自分がきちんと登録されていることに驚いた。

番号も分かったので、追加でメールを送っておいた。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 08, 2009

最初はロハ

NYSBA(New York State Bar Association)から入会のお誘いが来た。初年度はタダらしい(ロハって言い方も死語だ)。はあ、そうですか。次年度から高い会費取る気だよな、と思うと、どうしたものかという気がする。まあ、とりあえず入るんですが。

…と思ってみたら、そうでもなかった。これなら払ってもいいかもしれない。

そういえば、引越しについて、NY州に連絡していないことに気づいた。明日やろう。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)