ご利益のほどは裁判官は劣化しているのか / 岡口基一 (著)

February 28, 2019

[ポイント図解]生産管理の基本が面白いほどわかる本 / 田島悟 (著)



*2月中に読んでいたので,upが遅くなってしまったが,バックデートでupしておく

メーカー法務をしていた割に製造現場での生産過程について,あまり知らないな,と思ったので,買って読んでみた。メーカーでの生産管理部門経験のある中小企業診断士の著者の手による本で,製造業全般,生産管理業務全般についての入門書としては適切なのではないかという気がした。

「難しい理論や数式を省き,図やイラストを多用して誰でも直感的に理解できるようにしています」と「はじめに」にあるとおり,頭の痛くなるような数式なしに,平易な言葉で,各テーマについて数ページにまとめる形で,基本的な事柄を整理しているように見える。150pちょっとと全体の分量も多くないこともあって,さほど困難を感じずに読み終えることができた。

もちろん,こうした形式で語り得ることは多くない。なので,この先へのガイドがほしいところであるが,この本にはそれがなく,そこだけは次回改訂があれば,追加して欲しいところ。

個人的には,某三河の車屋で有名な「カンバン方式」の解説がもう少し欲しかったところ。かの法式については,漠然とした理解に基づき,結局在庫リスクを下請けに転嫁しているだけなのではないかと思っているのだが,その理解で良いのか,気になっているので。かの会社の関係者の書いた本だと,どうもバイアスがかかっているような気がして,信頼しづらくも感じるので。



このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:30│Comments(3)読む聴く見る 

この記事へのコメント

1. Posted by 赤木千春   March 06, 2019 14:32
ひさしぶりにブログを拝見しました。
カンバン方式については以下の本が分かりやすいです。
「元トヨタ基幹職が書いた
全図解 トヨタ生産工場〔生産管理・品質管理〕のしくみ」
下請の問題は以下の2冊で私も確認しましたが、カンバン方式の問題ではないとの結論にいたっています。
「あなたの知らないトヨタ 利益1兆円のもとで何がおきているのか」
「トヨタの闇」
下請取引適正化推進講習会テキストでも、ジャスト・イン・タイム方式が認められてますし。
以下のブログも参考になります(元かの会社の人ですが)。
http://blog.livedoor.jp/aoki1162201/archives/52074720.html
2. Posted by 赤木千春   March 06, 2019 14:52
たびたびすみません。1点補足です。
以下の社長の時代に「行き過ぎたコスト削減」があったようですが、
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%A1%E8%BE%BA%E6%8D%B7%E6%98%AD
カンバン方式の問題ではないと整理しています。
4. Posted by dtk   March 06, 2019 19:54
赤木さん,コメント2つありがとうございます。
確かに一定の条件下で,カンバン法式は下請法下での問題にはならないようですね。
別に違法ということを言いたいわけではなく(さすがにそれはないでしょう。いくつかの意味で),リスクが結果的に外部に転嫁されているのではないか,というだけの話です。
また,かの会社の中の人は,ご指摘のブログのように本当に思っているのだろうとは思います。特にご指摘のブログの方は,あれを売りにしているわけですし。
ただ,その認識は外とは異なるものである可能性もあるとは思います。

ではまた

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
ご利益のほどは裁判官は劣化しているのか / 岡口基一 (著)