英文契約書レビューに役立つ アメリカ契約実務の基礎 /石原 坦 (編著)BLJのブックガイド(2019年2月号)特集の感想

December 31, 2018

2018年を振り返って

今年は,修習が無事に終わってよかった,ということに尽きるような気がする。2018年一年間,そこに至る過程で,お世話になった方々には,心よりお礼を申し上げます。*1

修習については,修習後の実務との関係でも学ぶところが多かったものの,秘密主義が行き過ぎていて,無駄に消耗したという印象だった(詳細は特定を避ける観点から略)。

…諸々の制約から,ここに書けることがないので,この程度で恐縮ですが,読者諸兄におかれては,引き続き,ぐだぐだと書いていく所存なので*2,引き続きご贔屓のほど,宜しくお願いいたします。



*1:修習後の諸々については,色々あって,何をどこまでこの場に書くかについて迷うところがあったりすること等から,現時点では伏せておこうかと考えております。ご了承ください。m(_ _)m
*2:意識高い法務系ブログを書いているわけではないし,法務と関係ないことも含め,書きたいことを書き続けているから,法務と関係ないエントリをノイズ扱いしないでいただければ幸甚です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:59│Comments(0)雑記・雑感 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
英文契約書レビューに役立つ アメリカ契約実務の基礎 /石原 坦 (編著)BLJのブックガイド(2019年2月号)特集の感想