法律事務の手引き 全訂第9版英語&ネットで学ぶ,をやってみる

December 04, 2018

ビールと昼寝の旅

*バックデートで投稿しています。

上げ忘れていたが,二回試験の慰労?等を目的に,久方ぶりに某南国の島に行っていた。
従前同様に,某旅行代理店の提供するトロリーというかバスを利用する前提で,そこを通じて宿と飛行機を手配し,宿・飛行機についても従前の宿,航空会社という,日程さえ決まればほぼ決め打ちの手配で行き,現地でも,朝飯→散歩→昼飯→ビール→昼寝→夕飯→寝る,という感じの自堕落を究めんばかりの旅だった。かつて行ったことのある場所に行くだけで未知の場所には出向かないという意識の低さではあるが,別にのんびりしに行くだけの目的なので,何ら問題はない。本も持っていったが ,ロクに読まなかった。

というわけで,一連のビールクズ画像を連投する。特に説明はしない。敢えて言えば最後の1枚は帰りの便の機内。その前は空港で呑んだもの。

IMG_0156IMG_0170IMG_0213IMG_0262IMG_0304IMG_0352IMG_0354


…というだけではアレなので,いくつか記憶に残っているところをメモ。

  • 羽田の出国の際に機械化により手続が簡素化されていて,迅速になったのは良いのだがパスポートにスタンプがもらえない(頼めばもらえるのだろうが)のは,ちょっと味気ない。
  • 羽田の国際線のターミナルの薄暗いのは,どうも不便。書類とかが見えづらい(汗)。
  • USの入国の際には, 機械化されているものの,何故か従前の窓口での応対と二重手間になってしまった。パスポートにスタンプを押してくれたのは良かったが。
  • 某旅行代理店のトロリー?が,こちらが行きそうなところは概ねカバーする形で進化していて,今回はthe busにはほとんど乗らなかった。とはいえ,運用状況が不安定でそこの点に一抹の不安が残った。
  • 現地でのインターネット回線用に上記代理店でモバイルルーター(内実は,機能を殺した携帯)を借りたが,件のトロリーの運行状況を表示するアプリが入っていて,これは,上記の状況下では便利だった。
  • 旅先でも本屋には行くが,B&Nはカハラモールの店舗はなくなった(だからカハラにも行かなかった)ものの,アラモアナセンターは一応健在で一安心。ブックオフはドン・キホーテの中に入っていた(あとひとつ日系本屋があったが,言及に値せず)。ハワイ大の本屋にも行ったが,セール前で,学生のテキストの棚はなぜか閉鎖されていた。法律書は別の棚に若干あったが。
  • The Busは4日間乗り放題チケットがなくなっていて利便性が減った感があったが,一日券がバス内で購入可能なのはそれはそれで便利かも。
  • 彼の地では行きたくなるTeddy's Bigger Burgerがアラモアナセンター裏のドンキのそばに店を出していて,ドンキのついでに寄れるのは便利だった(そのせいもあっって,ワイキキ方面もあまり行かなかった)。
  • アラモアナセンターの1Fのフードコートが,小奇麗になっていたような気がしたが,その分収容人数が減っていた。2Fに別のフードコートが出来ていたので,まあ,いいのだろう。
  • Whole Foodsがアラモアナセンターから徒歩圏内に大きな店を出していて,そこで量り売りのデリで食べたが,量の調節がしやすくてよい。某歩き方とかに出ていなかったせいか,比較的日本人は少なかった印象。
  • チャイナタウンの某料理屋に行ったのだが,チャイナタウンが,悪い意味で寂れていた。世代交代に失敗した印象。ますます夜は近づけない感じ。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:00│Comments(0)旅日記 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
法律事務の手引き 全訂第9版英語&ネットで学ぶ,をやってみる