某件についての疑問最近の仕入れ(2018年7月下旬)

July 15, 2018

Business law journal 2018年8月号

最近積読気味だったけど,拾い読みした箇所等について,感想などを箇条書きで一応メモしてみる。既につぶやいたこととも重なるが…

  • いつも楽しみにしていた企業の法務部門訪問の記事がないのは残念。
  • 無双様の法律書レビューは,公取の赤本を取り上げている。一冊のみのレビューは初めてではないか。他の書籍,例えば幕田元委員の書籍とかとの比較で論じるとかしてもらえると面白かったのではないかという気もしたのだが…。
  • 英文契約書講座については,まあいつも通りだけど,弁護士意見書を法務部長の意見書に代えるというのは,状況次第では取りうるとは思う。意見書の機能と費用対効果での見合いで考えることにはなるのだろうけど。
  • 公益通報・内部告発と法律上保護された秘密,の記事は,複数の異なる価値の衝突をどう調整するかという検討が興味深かった。条文上手当が不十分なところを,適宜場合分けをしつつ,順を追って検討して,結果的に穏当な解決策を提示しているのが,良いと感じた次第。
  • 独禁法の道標については,下請法と民・商法の交錯領域についての議論が興味深かかった。結論の問題提起には賛同はしたいものの,当局相手にその議論が通るかについては,なんとも言いづらいので,結果的に悩むことになりそうなのは変わらないよなと思う。
  • 品質偽装の記事。米連邦法での制裁の厳しさに驚く。通信詐欺構成が取られるのは,まあ,連邦法の管轄からすればさもありなんというところか。





最後は吉例?にしたがい目次を。

[特集] ハラスメント対策の最新実務
ハラスメントが疑われる事案が発覚したらどう対応すればよいのか

上田潤一 弁護士 / 荻野聡之 弁護士

裁判例に基づくハラスメント予防のための社内研修のポイント

安倍嘉一 弁護士

ハラスメント被害者・加害者となった労働者側の視点から

佐々木 亮 弁護士

[座談会] ハラスメント事案の把握・調査・懲戒処分の現場感覚

法務担当者 4名


実務解説
ハマキョウレックス事件・長澤運輸事件最高裁判決 
契約社員・再雇用社員への手当支給に関する実務対応

近藤圭介 弁護士 / 那須勇太 弁護士 / 藤巻 伍 弁護士

公益通報・内部告発と法律上保護された秘密 秘密情報の適切な管理のために

遠藤洋一 弁護士

「収益認識に関する会計基準」に対応した契約条項の作成・審査のポイント

片山智裕 弁護士・公認会計士

ドローンに関する電波法の規制

永井徳人 弁護士

品質・検査偽装と米国における刑事責任

井上 朗 弁護士

 

トピック
「国際競争力強化に向けた日本企業の法務機能の在り方研究会報告書」から考える
法務機能向上の具体策(1)

三浦悠佑 弁護士 / 柴田睦月 弁護士


かけ算で理解する 独禁法の道標4
下請法と民法・商法

内田清人 弁護士


[新連載]人事労務の目 リスク管理の目
労働時間管理(上)

中村克己 弁護士・公認不正検査士 / 町田悠生子 弁護士


実践!ヘルステック法務
医学研究と個人情報保護

吉峯耕平 弁護士


英文契約書 応用講座
関連会社への融資契約(5)

山本孝夫 明治大学法学部元専任教授

 

連載
Opinion

梅島 修 高崎経済大学経済学部教授

INSIGHT

松尾直彦 東京大学客員教授・弁護士

Q&A 法務相談の現場から

多田啓太郎 弁護士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

辛口法律書レビュー(2018年5月)

企業法務系ブロガー

Information

ディスカバリーの新潮流
専門領域を極めたい実務家のための博士号(Ph.D.)プログラム
法改正で「何が変わったか」ではなく「何をすればいいのか」を可視化できるコンプライアンス・ツール

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/New Book/Recommended Books
編集後記・次号予告
BOOK in BOOK
Lawyers Guide ―Trends in Innovation

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 08:54│Comments(0)雑誌 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
某件についての疑問最近の仕入れ(2018年7月下旬)