December 25, 2017

手続周りのメモー修習関連

導入修習が終わったわけですが,それはさておき,ここまでのところの修習手続関連について,感想と備忘も兼ねてメモ。
#何回か加筆などしている。
  • 何はともあれ申込のための手続が面倒だった。合格後1週間以内に申込をしないといけない。その割に?申込に必要な書類は多い(最高裁のサイトに,その時期に,指示書類へのリンクが出るのでそれを参照)ので集めるのが大変。僕のようにUSの学校を出た人間は,合格してから集めているとおそらく間に合わない。もちろん追完も可能だが,面倒なので,合格前に手配をしておくほうがいい。僕は仕方がないので発表前に手配をした。合格後に指示を見たら,発行時期について,3ヶ月以内というような要求までは付いていなかったので,一度集めておけば合格時期が遅れても使いまわし可能だった(2018以後変更の可能性もあるので,確認が必要だが…)。
  • 地味に面倒なのが,成年後見登記などをしていないことの証明書。東京だと九段の法務局に行って取ることになる。合格発表翌日だと,その手の人?がいっぱいいる。
  • 健康診断の結果については,所定の用紙に結果記入が必要。「健康診断 即日」とか入れて検索すると対応可能な診断所が出るので,そこに頼めば済む。
  • 健康保険については,関係書類を見る限り,全員,国民健康保険強制のようにも見えたが,聞いたところ,そうとは限らないとのこと。勤務先を退職して修習に行く場合,前職での健康保険の任意継続でも可能とのことだった(なのでそうしている)。
  • いわゆる白表紙はホントにダンボール一箱来た。それと同時に事前課題その他も来た。その中にも提出を要する書類が入っているし,そこで,修習地,クラスなどの通知も来る。
  • PCでメモを取ることが多いが,使用申請が必要。僕はWindows 7端末だったが,SP1が当たってないとダメ,という連絡が来て,当たっている旨上申した(この辺は年ごとに規制が変わっている可能性もあるので,都度確認が必要そう)。
  • NY州弁護士資格との関係では,問い合わせをして,諸々話をしたところ,専念する旨一筆をという話だったので,専念する旨上申したところそれで済んだ。
  • 合格後修習開始までの間に就職活動などで名刺があると便利。予備校の懇親会等で連絡先等の交換に使う。修習生(予定)という肩書で一応作った。プリンターとかで作るのでも良いので,何らかの名刺があると良いと思う。
  • 予備校の採点バイト等を継続する場合,兼業申請をすることになるが,許可申請の可否は導入修習初日に正式に書類が来るけど,急ぎであれば研修所に電話で訊くと教えてくれることもある。
  • 修習生間の連絡にはメーリングリスト(教官も入る)とLINEが併用され,飲み会とかは後者がメイン。LINEのグループも各種乱立?するので,管理が面倒だが,人数が多く,かつ,20代とかが多いとこういう事にならざるをえないのだろう。なので,LINEが使える環境の整備は重要。こちらはiPadにモバイルルーターで対応していたが,ルーターが和光の教室でwifiの電波を取らなかったので,やや不便だった。
  • 修習申込だけではなく,修習全般については,山中弁護士のサイトはとても有益。それにしても一体山中先生は何故このように情報を集めているのだろう。感謝しつつも疑問。
  • 修習全般について,同じく有用そうなのは,次の伊藤たける先生他の次の本。
dtk1970 at 17:12│Comments(0)修習 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字