夏バテぎみだが、いつもお世話になっているマンサバさんに振られたので、既につぶやいた内容(公開下書きモードとも言う)に基づき感想などを。

歴戦の勇士、という感のある著者が、英語nativeの英語教育の専門家の力を借りて、法律英語で使う基本的な英語の用語について、類ごとの差異・使い分けを解説しているというのが、メインの部分。詳細は目次を見ればわかるように、日本語としての意味に基づき分類し、解説するという形を取るのがメインの部分。
それとは別に、後ろの方に関係構築のための英語についての話もあって、それはそれで有用。


似たような意味合いに見える英語の言葉の使い分け、ニュアンスの差異については、本来は原語たる英語で理解すべき、というのは確かにそうなんだろうけれど、日本語nativeにとっては、理解のために読むべき資料(英英辞典とか)にあたるのも大変で手間がかかる。仕事上での英語となると、そこまでの手間暇を取るのも、時間的制約のある中では、正直シンドいところ(少なくとも僕はそう思う)。

そういうことを考えると、日本語で理解するという、ある意味「中二階」的な本の存在意義は十分にあるというべきだろう。もちろん、日本語での解説には、内容的に自ずから限界があるのかもしれないが、その限界に突き当たるまでは有用だろうし、そもそも、そこまでのレベルに達することが、仕事上求められているかというと正直疑問。それなら、英語nativeに訊くなりなんなりした方が早そうだし。

他方で、本の惹句とかにあるような使い方ができるのかどうかはやや疑問。あの内容をいちいち覚えて口頭でのやり取りに使えるようにするというのは、相当な手間がかかると思うけど、そこまでの費用対効果があるのかまず疑問。さらに、内容が血肉化して、口頭で駆使できるようになるころには、記載の解説程度では足らないと感じるようになるのかもしれない。
(英国法ベースで、検討してるけど、米国法ベースでもOKのはず、というようなコメントを著者が書かれていたが、その差異が問題になるなら、そもそもこの本では足らないのではないかろうか(謎汗))

寧ろ、この本の使い方としては、メールとかに書かれている英文のニュアンスをつかむうえで、参考にすることから始めるべきだと思う。口頭でのやり取りに使えるレベルに上げることを目的にするとしても、そのステップはきっと必須だろうから。 そう考えると、惹句のような使い方をするのは厳しい(この辺はマンサバさんからも別途RTいただいたが)ので、その意味では惹句は誤読の危険もあるというか、本来届くべき読者に届かなくなる危険、という気がした。

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット