恒例のブックガイド関連が読みどころということで、そのあたりについての感想をメモ。

座談会企画は、どうしてもどの発言者が誰なのかに個人的には関心が行くのだけど、なんだか厳しめに感じた。面子の問題かもしれないけど、読み方には注意が必要かも、と感じたところ。まあ、こういう本があってこういう評価をする人がいるというところに意味があるので、当然かもしれないが。
某「取引基本契約…」は、さすがにもういいんじゃないか、という気がしているのだがどうなんだろう。
中村「訴訟の心得」は読んだけど、なるほど、と思う反面、書いているのが中村先生ということの留意が必要だな、とも感じたのでした。

某無双様の書評については、若干コメントなどをさせていただいたが、ここまで幅広に目配りをしているのか、ということからして圧巻。敢えて、一点だけいえば、三菱電機の人のUSでの訴訟対応の本については、まだ読めていないけど、州法レベルの話への対応まで書いたらあのコンパクトさは実現できないので、そこは割り切るしかないのではないかと感じた次第。
 
その他の方々の記事も、無双様ほどのインパクトはなくても、それぞれに興味深い。個人的には大屋先生を引っ張り出してきたところに「おおっ!」と思ったのだけど。
 

例によって最後は目次を...。

[特集] 法務のためのブックガイド2016
[2015総括] 法務担当者6人による 購入書籍分野別批評会

法務担当者・弁護士・研究者が薦める理由

01 企業法務系ブロガーによる辛口法律書レビュー 企業法務系ブロガー
02 長年にわたり蓄積されてきた訴訟実務・裁判例を企業法務一般に活用 柴田堅太郎 弁護士
03 契約審査・独禁法コンプライアンス・取締役会運営に役立った書籍 電機メーカー 法務担当者
04 グローバルビジネスに役立つ契約・倒産・投資に関する書籍 
安田正修 電子部品メーカー 管理本部 法務課 マネージャー
05 マイナンバープロジェクト/弁護士に学ぶ紛争対応 上林祐介 シグマクシス 法務部 シニアマネージャー
06 会社法の基にある「数字」を理解するために 山田直樹 日本組織内司法書士協会 副会長
07 法務相談や契約書作成時に頼りになる書籍 根本真理子 化学メーカー 総務グループ法務チーム 副主査

08 社会・制度を根本的に問い直すために 大屋雄裕 慶應義塾大学法学部教授

紹介書籍 INDEX

 

法務部門 CLOSEUP
ファンケル グループサポートセンター 総務部 法務グループ

山城正治 課長

 

実務解説
TPP協定の概要と実務対応 知的財産章およびISDS条項を中心に

太田 洋 弁護士 / 杉村光嗣 弁護士・弁理士

デジタル証拠で訴訟に負けないために~法務担当者の虎の巻~

吉峯耕平 弁護士

契約書審査 差がつくポイント2
再委託・不可抗力 業務委託契約

丸野登紀子 弁護士 / 大賀祥大 弁護士


ライセンス契約法 取引実務と法的理論の橋渡し
ライセンス契約の相手方の権原に関する瑕疵など(2)

松田俊治 弁護士


トラブルを解決する 独禁法の道標2
不当廉売をめぐる紛争 ─矢板無料バス事件

内田清人 弁護士

裁判例から学ぶ 対症法務と予防法務
証拠の収集・保全策 ─弁護士会照会

滝澤孝臣 日本大学法科大学院教授・弁護士


英文契約書 応用講座
商標ライセンス契約における侵害への対抗措置(前編)

山本孝夫 明治大学法学部元専任教授 


連載
Opinion

内田義厚 早稲田大学大学院法務研究科教授

INSIGHT

大屋雄裕 慶應義塾大学法学部教授

Q&A 法務相談の現場から

伴 真範 弁護士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

Information

創業時からの目標「アジアで勝つためにアメリカで勝つ」は本格実践へ
日本におけるカジノビジネス始動に向けて
クライシス・マネジメント
法務人材採用の理想と現実(3)
危機管理プロフェッショナルの視点

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/New Book/Recommended Books/Seminar Report
編集後記・次号予告
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット