本屋で何となく?買ったのだが、ようやく一通り目を通したので感想を、一応メモ。

「これからの法律屋は決算書が読めないと仕事になりません」という惹句にインパクトは感じるが、個人的には、事業会社の法務の場合は、決算書より先に税務の理解でないの?という気がしないでもない。商社出身の著者とは、見えているところが違うのかもしれない。

ともあれ、企業金融に関する事柄について、法律のバックグラウンドのある人向けに、概要を手際よく示すという意味では、悪い本ではないのではなかろうか。噛み砕き加減もそこそこ悪くない感じだし。あと、まあ、この著者にしては、文章も読みやすいと思う。 編集の方が頑張られたのだろう。
某所で称賛されていた某書とかは、文章が眠くて一通り目を通すだけでも厳しかったことを考えると余計にそう思う。

気になったのは、次の2点
  • 法務系の方向けという割に、条文の参照が少ない箇所があったところ。もうちょっと細かくあったほうがいいのではなかろうか。
  • 参考文献の紹介があまり充実していない。個々の分野についてはざっくりとした紹介なんだから、各章ごとにわけて、より詳細に、次の一歩を理解するための道案内たるべき書物(ネット上の情報も含め)の言及があってしかるべきだろう。