例によってBLJの記事の感想をば。


国会提出法案のインパクトの特集は、それぞれがコンパクトにまとまっていて、便利。影響度の評価も、一般論なので、鵜呑みにはしがたいとしても、便利かも。出る法案によって分量を変えた形で、毎年の定番化してもいいのかもしれない。個人的には、個人情報保護法の改正案についての記事に安心感を感じた(謎)。


水野先生の記事。MakersとかをPL法の対象から外す方向でのアプローチは、なるほどと思う反面、ユーザー以外の人に被害が出たときの対応を考えると、保険でカバーの方が素直な気がするのだけど…。ユーザーは買うものを選べるし、契約で縛ることも一定程度できるけど、製品の事故で被害を受ける第三者は、加害機材?を選びようがないし。それと、PL法の条文上は大企業を狙い撃ちにした条文でもないように思うし、ユーザーと作り手との情報格差は作り手がMakersでも生じうると思う(専門分野でのリテラシーまで含めればなおのこと)ので、寧ろPL法の枠内に入れた上で、彼ら向けの保険とかを手当するほうが利害関係人の保護の観点からはいいのではないかという気がする次第。あと、Makersと既存企業との競争において、既存企業にとってのdisincentiveにならんかという気もしないでもない。事態の進展如何では競争が生じる前提で考えないとイカンのではないかという気がしているから、そう思うのだけど。


独禁法の道標は、個人的に興味のある分野だった。Do&Don'tは、いわれた側のことを考えると複雑なことは言えないけど、そうするとビジネスに対するマイナスの影響が大きくなりそうで、どうしたものかと、という気がする。どこの法令の適用を想定しているのか、取引のどの段階での話を想定しているのか見極めつつ考えないといけないという白石教授の指摘には、いつもながら納得。


ライセンス契約の話は、例によってこれまた興味深い。ライセンス契約の話はそれほどがっつりやらないとしても。破産法改正とか当然対抗制度がこれらの制度にもたらした意味についての解説は、なるほど、というところ。
 
 
ハーレム教授の記事。駐在者ハンドブックで来ますか。なるほど。人質ネタは洒落にならんけど、国によっては(南米とかは本気で要りそうだ…知らないけど)必要なんだろうなあ。その種のstreetwiseに近い話は他にもアリそうだ。それにしても色々出ていた内容を50pに収めるって、できたのだろうか…。


SNSの記事は、コミュニケーションの取りかたによって炎上度合が異なるというのがSNS上の投稿数で示されているのが、分かりやすくて良い。この辺は、社内でSNS対応の重要性を訴える際のネタとしても使えるのではないか。


最後は例によって本家から目次を。
[特集] 2015年国会提出法案のインパクト
[民法改正] 
取引実務・債権管理実務に及ぼす影響

有吉尚哉 弁護士 / 鈴木 卓 弁護士

[個人情報保護法改正]
個人情報保護パーソナルデータの利活用促進との両立

太田 洋 弁護士 / 河合優子 弁護士

[不正競争防止法改正][営業秘密管理指針改訂] 
刑事に重点を置いた
営業秘密の保護強化

佐藤安紘 弁護士

[特許法改正]
職務発明の原始的帰属はどう変わるか

岡田 徹 弁護士

[労働基準法改正][労働者派遣法改正]
労働時間・休暇に関する変更と派遣期間規制の見直し

高仲幸雄 弁護士

[刑事訴訟法改正]
「司法取引」導入の影響

甲斐淑浩 弁護士

実務解説
監査等委員会設置会社への移行にあたっての検討事項 

中西和幸 弁護士 / 丹羽翔一 弁護士

シンガポール国際商事裁判所はシンガポール仲裁のライバルか?

二瓶ひろ子 弁護士 / ランクス・チー・ハオ・ゴー シンガポール最高法院 ソリシター・アドヴォケイト

[短期連載]ソーシャルメディア・リスクマネジメント 有事のコミュニケーション

増田英次 弁護士 / 朝倉 誠 弁護士

ライセンス契約法 取引実務と法的理論の橋渡し
ライセンシーの権利とその保護(1) ─その脆弱性と対抗力

松田俊治 弁護士


シチュエーション別 フランチャイズ契約のトラブル防止・対応策
フランチャイザーまたはフランチャイジーの倒産に対し、どのように対応すべきか?

淵邊善彦 弁護士 / 戸澤晃広 弁護士 / 田中健太郎 弁護士

 

ビジネスを促進する 独禁法の道標
競争事業者間の情報交換はどこまで可能か

鹿倉将史 弁護士

裁判例から学ぶ 対症法務と予防法務
担保権の保全策 ─担保保存義務

滝澤孝臣 日本大学法科大学院教授・弁護士


英文契約書 応用講座
『海外赴任者ハンドブック』の制作

山本孝夫 明治大学法学部元専任教授

 

米国における 特許権制限の動きが及ぼす影響
低い権利行使コストとリスク

一色太郎 米国弁護士

 

Global Business Law Seminar
企業不祥事・不正防止への組織的対応(後編)

渡辺樹一 ジャパン・ビジネス・アシュアランス 米国公認会計士・早稲田大学非常勤講師

連載
Opinion

河本一郎 神戸大学名誉教授・弁護士

INSIGHT

門口正人 弁護士(元名古屋高裁長官)

法のデザイン

水野 祐 弁護士

企業会計法Current Topics

弥永真生 筑波大学大学院教授

源流からたどる 翻訳法令用語の来歴

古田裕清 中央大学法学部教授

牛島信のローヤー進化論

牛島 信 弁護士

Information

不正対応におけるテクノロジーの活用

Pick up! セミナー情報
Movie/Art/New Book/Recommended Books
編集後記・次号予告
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット