英文契約書の法実務-ドラフティング技法と解説- /杉浦 保友 (著), 菅原 貴与志 (著), 松嶋 隆弘 (著)FCPAについてのメモ(2)

December 12, 2012

最近の何だか(2012年12月半ば)

一部の人に何故か受けているこのシリーズ。実は結構書くのが難しいので、頻度も落とすようにしているのだが…。気を使いつつ、書けそうなことだけ箇条書きで書いてみる。
  • 某案件で翻訳(英語からの和訳)のチェックの依頼が来た。webベースの翻訳ツールをつかって英日を比較しながら訳のチェック。ツールの使い方がわからないと言いつつ、何とか片を付ける。、原文の旧版については、和訳があったため、旧版から修正した箇所の翻訳のチェックだけのはずなのだが、それほど時間がかからないだろうと思ったら、予想よりは時間がかかってしまった。
  • 某案件で久しぶりに朝から電話会議。最後の方で同じ話がぐるぐる回っていたあたりで意識不明になる。
  • いくつかの案件で具体的な進展を見るが、詳細は略。年明けから僕のところでの作業が適宜出てくる見込み。
  • 某取引において日本で使っている契約書の雛形の差し替えのリクエストが来た。内容を見て不明点の問い合わせをする。






このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
英文契約書の法実務-ドラフティング技法と解説- /杉浦 保友 (著), 菅原 貴与志 (著), 松嶋 隆弘 (著)FCPAについてのメモ(2)