October 07, 2012

X100の印象

遅ればせながら、買ったデジカメの感想を。撮ったものの整理は追いついていないので、主に使い勝手についての感想を。漸く撮ったコマ数が4桁になったので、何か言っても良いのではないかと思う。


まず言えるのは、単焦点で、レンジファインダー風のファインダーがついていると言うところからして、銀塩・デジカメ問わず、まったく初めてという人をターゲットにしたものではないだろうし、そういう人が買うとも思えない。そういう、わかっている人にとっては、もともとの制約の範囲内では、良いカメラのではないかと思う。わかった上で使うと言うこと。

銀塩のレンジファインダー機が好きで、ある程度慣れているので、その延長線上で使えて、使い勝手と言う意味では、取説と格闘しなくても良くて気楽。ファインダーは、ブライトフレームが出るだけの方も、ピントが分かる電子ファインダーのどちらでも快適。ブライトフレームだけの方が、よりレンジファインダーの感覚に近い(当たり前だが)。

画角は、ライカ版の35mmなので、広角としては、もの足りないと思う人もいそうだけど、僕は標準使いなので、これ位でちょうど良い。最初に銀塩カメラを買ったときに35mm f2の単焦点レンズ一本で初めたので、初心に帰るような感じがする。

バッテリーは、そこそこ持つのだが、インジケータがぎりぎりまで、満タン表示なので、その辺りは、注意が必要という気がした。まあ、予備を買うべきなのだろう。

シャッターを押してから実際にシャッターが切れるまでに、ほんの少しタイムラグを感じるが、これはデジカメである以上止むを得ないだろう。一コマ撮ってから次が撮れる迄にも間が空くが、連写するカメラではないと割りきるしかない。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 16:59│Comments(0)TrackBack(0)写真 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字