素朴な疑問:判決文の公開原稿とオリジナルの間

August 22, 2012

見ている人は見ている…

そういえば、いつか書こうと思って書き忘れていたと思うので、メモしておく。

3回ほど転職をしたのだけど、1回目と3回目の転職のときには、勤務先の内部で僕が転職活動をしていることに気づいている、または、感づいている人がいた。ちょっとしたことで気取られていたというわけで…

最初のときは、直属の上司に辞意を表明したときに、「シンガポールから日本に行くって言ったときに、スーツ着て帰ったから、あれ?と思ったんだよね」と言われた。まあ、今言うところのクールビズ状態で普段過ごしていて、スーツ来て日本で帰ったら、確かに、疑問に思う人が出ても不思議ではない。

3度めのときは、同様にクールビズのときに、面接のために朝からネクタイをしていたら、あるマネージャーから「ひょっとして、転職活動とかのためにしているのかもしれないけど、それなら、ずっとしてないと変に思う人が出るよ」とこっそり言われて、爾後ネクタイをし続けたのだった。

まあ、どちらのケースにおいても、転職それ自体にマイナスの影響が生じることはなかったので、結果オーライと言えなくもないけど、こういうところで内緒のつもりが見ぬかれたり、疑いを持たれたりする可能性があるということで、横着はせずに会社外で着替えればよかったという話で…ともあれ、どなたかの参考になれば幸いです。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:10│Comments(0)TrackBack(0)転職/仕事 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
素朴な疑問:判決文の公開原稿とオリジナルの間