荷物の分類Putnam:最後まで安心は禁物

May 21, 2006

文房具について

前にも書いたかもしれないが、アメリカで安くてそれなりの文房具を買おうとするとカスしかつかめない。そもそもそれしかないようだ。文房具に限らず日用品は全般的にそのようだ。ある程度お金を出せばそれなりのものが手に入るのは確かなようだが…そういう問題ではないので。


筆記具、特にシャープペンとかボールペンはダメな感じが濃厚。マーカーは時に裏写りするけど、個人的にはまあ許せるレベル。




ノートはさほど使わなかったが、全然ダメ。ノートの罫線が濡れてにじむとか、理解に苦しむ事態が平気で起こる。


付箋はpost itがあるけど、割高でバラエティはないように思う(小さい付箋の需要はないのだろう。彼らにしてみれば扱いにくいだろうから)。


無印良品のようなものがあればいいのだが、アメリカには上陸していないようだ。イギリスにはMUJI Shopもある(ロンドンに行ったときにロンドンのMUJIで傘を買ったことがある。日本で売っている値札のうえにやや高めの現地の値札が貼ってあっただけだった)のに。NYのMoMA shopで輸入品ぼったくり価格で一部の商品が売られているのは見たが(無印良品の海外店舗一覧を参照)。


今度の赴任先では、この手の安価な日本製品をボストンで買おうとするよりは、入手しやすいようだが、面倒なので日本にいるときにまとめて買っておこうかと思う。安くて安心して使えるものはやはり日本で買うのがいいのだろう。




このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by R   May 22, 2006 08:02
そうですよね!アメリカのペン類はダメですよね。友人が今度アメリカに留学してくるのですが、ボールペンとマーカーだけは日本から持参するように言いました。私も実家から何本か送ってもらっていました。
2. Posted by dtk   May 22, 2006 23:48
Rさん、どうもです。
確かに留学にこれから来られる方には、この辺りを踏まえて、十分な量を用意してきてもらえると安全ですよね。
それでは。
3. Posted by y   May 22, 2006 23:53
僕の印象は逆です。英語を素早く書くには、細字が主体の日本のボールペンよりもインクが大量に出るアメリカのものがあっている気がしました。あと、修正テープは、日本のものよりも明らかに「切れ」が良いように思います。
4. Posted by dtk   May 23, 2006 00:09
yさんはじめまして。コメントをありがとうございます。
僕が使った範囲(なるべく日本製を使うようにしていたのであまり頻繁には使っていませんが)ではそもそも出なくなるような印象があるのですが。
修正テープは使わなかったので分かりませんが。
今後とも宜しくお願いいたします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
荷物の分類Putnam:最後まで安心は禁物