お礼状帰国届を出した

May 19, 2006

お土産

実家の家族へのお土産を発送した。


特に急ぐわけでもないし、アメリカ人に任せるよりも日本業者にまかせた方が安くて確実だろうということで、ヤマトの国際宅急便にする。集荷などの方法が不明だったので電話をかけて質問すると、引越し荷物にすると関税がかからないと指摘される。今回は引越自体面倒で、余計な手間を入れ込むと事態がややこしくなることが想定されることから、その扱いはとらないことにした。


集荷については、クーリッジコーナーの某旅行代理店で集荷してくれるというのでそこに持ち込んだ。事前に電話をするとID(パスポートとかMassIDとか)が要るというのでそれも持って行く。服とか革製品の関税が高いらしい。今回はそんなものばっかりがお土産(大半は、兄からのリクエストによる服)。まあ仕方ない。関税とかもこちらのクレジットカードにチャージしてもらう扱いで依頼する。1週間程度で届くとのこと。


やはりひとつひとつのことになんだかよく分からない手間がかかる。




このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 13:36│Comments(0)TrackBack(0)留学撤収 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
お礼状帰国届を出した