August 04, 2014

伝えることと伝わること

また何だかよくわからない話ですいませんが、昨今のあれこれを見ていて、ぼんやり思ったので、備忘のためにメモ。抽象度高めですいませんすいません。

特定のメッセージを発信するときに、伝えたい意図と、相手が受け取る内容との間に齟齬が生じることが、時としてありうる。予期せずにそういうことが生じることのないようにするのが法務の仕事という面もあると思う(特に昨今の事例のような、ある種の危機対応時には)。そのためには、自分自身が冷静で、所属の組織を離れた視点で発せられたメッセージがどう受け取られるか、発信時にあると想定される文脈に照らして考えてみる必要があるはずで、その前提としては自分がまず冷静で、そういう見方ができないといけないし、仮にできないのであれば、外部の見立てを求めることも必要になる、ということになろうか。

その辺の見極めが悪いと、発信している内容や問題提起に見るべき内容があったとしても、顧慮されずに、「炎上」して終わるという事態になりかねないわけで、そうならないよう注意が必要だけど、そういうことは学習する機会もそれほどないので、何とも難しいなあ、と思う次第。

…雑駁なメモですいません。 

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:55│Comments(0)法務その他 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字