なんだよそれって感じだし、以前も似たようなことを書いたかもしれないが、某所での某エントリ(面倒を避ける大人の知恵としてリンクせず)を見て思ったことを備忘のためにメモ。

似たような話が続けてくると、「同じ」話だから同じように処理してくれという依頼が来る*1。言いたいことは分からないではない。同じであれば、法務側の事務処理が簡単に済むだろうから、という発想は理解できる。法務に依頼する側からすれば、法務の契約審査は簡単に終わった方がいいだろうから。

しかし、本当に「同じ」なのか?と思うこともある。 
別にIT業界ほど足の早い業界でなくても、事態はあれこれ変わるわけで、そんなに簡単に「同じ」という判断をしてよいのか、時として疑問に思うのである。
企業体としての契約当事者が同じであっても、その企業の業績とかが異なることもあるし、逆に自社側の状況も異なるかもしれない。対象製品・役務に関する市場の状況も異なるかもしれない。 他の事案で何か学習して、従前とは異なる処理をする必要があるという認識があるかもしれない。*2

…というようなことを色々考え始めると、そう簡単に「同じ」で処理していいのか、という気になるのでありました。
 

*1:もっとも、本当に「同じ」案件であったとしても、前の案件で何らかの特例措置をしていた場合には、「同じ」であったとしても、同じ扱いをすべきではない、という場合がある。特に何らかの不手際がこちらにあって、やむなく妥協したようなケースでは…。
*2:大きな声で言えないけど、一番重要なのは自社の事業部門の担当者の担当者ごとの能力の差だったりするかもしれない。それをどういうかは簡単な話ではない。