僕なりのblogのススメ仕事収めの何とか(2013年12月末)

December 26, 2013

tipsというほどのものではないとしても…

昨日、というか、前のエントリの続き。単にblogを薦めるだけでは芸がないという気もするので。tipsというほど格好いいものではないけど、個人的にエントリを書くときに気をつけていることとかをメモしてみようかと。


blogを書く、というときに、よく問題になるような気がすることのいくつかついて、思い当たることを書いてみようかなと。書いている人間の性質上、内容の当否などについては自己責任で判断していただきたく…。

一つ目は、身の安全について。企業の法務担当者が、実名で所属も明らかにして、というのは通常は無理と考えるべきだろう。仮に、匿名で何とか書くとしても、気を使ったほうがいいこともあると思う。
  • 薦めておいてまず最初に書くべきことではないのかもしれないが、安全だけを考えたら、業務がらみのことは、正直何も書かないのが一番安全。その辺のことを書かないでblogを成り立たせることだって、やりようによっては、不可能ではないかもしれない。仮に何かを書くとしても、特に仕事がらみについては、迷ったら書かないくらいが安全だろうと思う。
  • で、頑張っても、バレるときはバレるので、書くにしても、バレても最悪問題にならない程度のことにとどめておくのが吉。それぞれのエントリ単体で見て、問題なくても積み上げると推測可能ということもあるし。
  • 仮に何らかのことを書くとしても、書く際に、自分なりの基準を用意したほうがいいと思う。僕の場合の一例としては、メーカーにいるとは書くけど、何を作っているメーカーかは書かないとか、業務について書く際には、案件の性質(契約交渉なのか、訴訟なのか、とか…)は書かないとか、そういうラインを決めたうえで、それを徹底したほうがいいような気がしている。
  • 場所に関する情報とかは、他の情報と組み合わせるとといろいろ推測しやすくなるので、注意が必要かも知れない。
 二つ目は、blogを書くと言っても、ネタがないというお話も耳にするので、そういうことについても。
  • 本などのインプットが足らないので書くことがないというような話も聴くことがあるけど、本を読まなくても書くことはあると思う。本を読むのはそれ自体結構時間がかかるわけで…。もっとも、読むための動機付けにするというのはそれはそれでアリなんだろう。
  • 時事ネタの感想とか、 本でなくとも雑誌の記事を読んだ感想を書くだけでもいいのかもしれない(どこぞで誰かがやっているように)。
  • もっと、ずるく?やろうとすれば、推奨してよいのかどうかわからないけど、有名どころのblogのエントリについて、?と思ったことがあれば、トラックバック(何か懐かしい感じだけど)込みで質問などのエントリを立てるとかもありかもしれない。もちろん、礼儀作法とか気をつけないとイカンし、調べればわかることは調べた上で、とか、そういう常識的なことはしたうえで、の話だろうけど。
  • 日々やっていること、について、抽象化(自分が特定されないくらいに)した形で表現するとか、やっていることの背後にある事柄について考えてみるとか、自分の頭の働かせ方についてまとめてみるとか、そういうことだってやってみる価値はあるかもしれない(これまた、どこぞで今年試みられたことではあるが)。やりようによっては、自分の業務のあり方を振り返る機会になるかもしれない。
2つ続けてオッサンがくだまいている感じのエントリで恐縮だが、どなたかの参考になればうれしいかも知れない。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 00:09│Comments(0)雑記・雑感 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
僕なりのblogのススメ仕事収めの何とか(2013年12月末)