相変わらずアイデア豊富な@kataxさんが、今年はちゃんと思い出したので、実現したAdvent Calendar企画#legalAC)にのってエントリをば。諸般の都合で事前の仕込みで失礼。
(って、万が一のことがあるといやだから、事前に仕込んでおいたら、@katax氏にテキトーなことを書かれていたような気がする…何かムカつくのはどうしたものか。)

Advent Calendarの@kataxさんの予告を見ていて思いついたことをメモ。 
(いちおう@kataxさんには事前に以下の草案を見せて、Okという話にはしてある…)

前にNDAについて書いたエントリ
にも関連するけど、NDAとか雛型のある契約については、固有名詞とかの記入欄以外のところにロックをかけて改変不能な形で供給して、それを埋めただけのものについては、審査不要という形式を取ることで、審査効率が多少は改善しないだろうかと思う。保証はしないけど。 もちろん、多少煩い相手であればそういう策を弄しても通じないから、そこに対してはやむなくきっちりお相手させていただくことになるのだろうが、相手が全部そういうところまで細かいならいざ知らず、そうでなければ一定程度効率化が図れるのではないだろうか。

一番厄介なのは、あたかも変えていない風を装って、ロック解除の要求もないけど、よくみると実は全部打ち直してあって、かつ一部自社の都合に応じて改変してあるというパターンで、それに対しては、チェックデジット、とまでは行かなくても、一部誤字をまぜておいて…というパターンとかも考えられなくはない。ただ、そこまでやってると、きっと効率が改善しないので、そこは割り切るということになろうか。
 

話はそれるが、某所で関連して話が出たこともあわせてメモしておく。

打ち出しで内容を比べるときに、行の両端の文字だけ比べて、あと中はざっと見るということをすることがある。それでも結構違いは拾えたりする。それに加えて、打ち出しを双方重ねるとか、すかしてみるとか、するというのもある。アナログな方法ではあるが、デジタルな方法が使えないときには有用かもしれない。

で、次はyuki.sato.5458さん、よろしくお願いいたします。m(_ _)m。