September 16, 2013

制約条件下ということ

例によって思い付きですいません。差しさわりがないように抽象度を上げないとかけないこともあるということで(謎)。

DDを踏まえてM&Aの意思決定をする場合などがわかり易い例だと思うけど、特定の行動を取る際には、それをどこまで意識しているかは別にして、何らかの制約条件があって、それを前提に意思決定しているはず。制約要因は、時間や費用、つぎ込めるマンパワーとかだったり、相手とのビジネス上の関係だったり、まあ、いろいろ考えられる。

その辺について無視して、目の前にある事象だけ捕まえてあれこれ言うのは、アンフェアであるばかりか、制約条件下で悩んで意思決定をした人に対して、その悩みを顧慮していない姿勢を示すという意味で礼を失しているという見方もできなくはない。

その種の物言いをされて、愉快でない思いをすることはある意味仕方がない面がある一方で、自分がそういうことをしないよう、相手のすることの表層だけを見て、制約要因を無視していないか、気をつけないといけない、と自戒する今日この頃。

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字