先日の某セミナーで、本題とはあまり関係ないところで印象に残った点をメモ。

講師の弁護士さんが言っていたのは、自分のところに相談に来るのは、何かやって(まちがったことをした、すべきことをしなかった、やるべきことのやり方を間違えたなど)失敗して問題になったケースが多く、企業の中でこういうことをやってうまく行って問題にならなかったというのは情報があまりないように思う、ということ。

特定の分野についてのコメントではあったが、ある程度は普遍性があるのかもしれない。確かに案件を外の弁護士さんに相談しても、相談した結果をきちんとフィードバックしているかというと、うまくいったケースについてはあまりしていないかもしれない…と我が身を振り返って思うのでありました。

それとは別に、ホントにgood practiceだったとしても、内容がすごく画期的なら、外部に出すのは控えるかもしれないし、そもそも企業特有の事情が作用してうまくいったというケースは、外に紹介しにくいかもしれない(うまくいった原因は見極めも難しいかもしれない)。

そんなこんなを考えると、最初のご発言については、まあ、そうだよなー、と思ったのでありました。