July 19, 2013

レーザープリンターのトナー交換

IMG_5254

家でbrotherのHL-2040というモノクロレーザープリンターを使っているのだが、この度トナーが切れた。印刷の途中でいきなりお亡くなりになったのであった。既に生産中止になっている機種でもあり、トナーがあるのかと思ったのだが、最寄のヨドバシカメラでトナーが入手できたので、持ち帰って交換し、ついでに古いトナーは店頭の交換箱に入れてきた…とここまではよかったのだが…

新しいトナーの箱を開けて、入れてみたものの、何かがおかしい。

仔細に見ると、トナーカートリッジとドラムユニットが通常一体になっており、古いトナーを回収箱に入れた際に、一緒に回収箱に入れてしまったようだ...orz。

慌ててヨドバシカメラに電話を入れて、お店の方に事情を話すと、回収箱から件の古いトナーを回収してくれた。そこで再度行って、ドラムユニットを回収したのであった。この辺のヨドバシカメラのお店の方の対応は丁寧で非常に好感の持てるものであったことを付言しておく。

で、それでめでたしめでたしかと思うと…いざプリントをしてみると、なぜか謎の黒線が真ん中に出る。ドラムユニットが汚れていたものと思われるので、FAQの中のワイヤーのクリーニングと、ドラムユニットの清掃を行い、この問題は、解消した。

あまりやらない作業なので、いささかあせったが、無事に印刷が出来るようになってほっとした。
もう印刷自体あまりしないのだが、必要になることもあるので、できる状態であることが重要なのである。


このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字