出張から戻りました。普段あまり外出しないこともあり、何だかものすごく疲労しました。外人がたくさんいるのにもイマイチ慣れないのも事実だし(何を今更…>自分)。

英語についても、カジュアルな語彙については、不足を痛感します。特に議論とかをしていると。あと、同じ人が話しているのを沢山聴くと、その人の話し方の癖が何となく理解できるようになって、理解しやすくなるし…とこれまた何を今更というレベルのことを実感。

あと、今回はある案件の某問題の処理の仕方について議論をして、親会社側の関係者の理解を求める必要があり、いろいろ議論した結果、一定の合意は得られました。その際に説明をするやり方についても、自分が説明しようと思うことを十分に説明するのは当然としても、自分が説明する前提となっていることが何か、それが相手と共有されているか、ということを、意識しておかないと話が噛み合わないというところも実感したのでした。無意識を意識する、というようなことではあるのだけど、その辺りの認識のギャップが話が噛み合わない原因かもしれないということは意識しないといけない、ところでしょうか。日本人相手でもそうですが、外国人相手で、しかも英語でコミュニケーションしているというところからすれば、そういうところを意識する必要があると感じました。