連休…出張に行きます。

April 27, 2013

25/50 Sing Like Talking Concert

ほろっほー(謎)
#PCが不調で翌日になってからのupdateですいません。
SLT25_50



































コンサート自体に行くのも久しぶりだが、彼らのコンサートは2度目で、前に言ったのは前世紀(謎)だったというところが何とも…。ともあれ、アンコール2曲を含めて(前に行ったときにはなかったUtopiaを含めて)、3時間半と長いコンサートだったが、十分堪能した感じ。 

デビュー25周年、3人が50歳になる年ということで、写真家とか画家でいうなら回顧展のような感じで、曲目もファン投票(し忘れた)で選んだということで、Liveで核になってきた曲を中心に、ということで、生で聴きたかった曲の大半(個人的にはStandingとDancin' with your lies~Riseとか)も取り上げてもらったので、選曲については言うことなしという感じだった。次に出るアルバムの曲もあったけど、過去のほぼ全部のアルバムから曲を選択してくれたし(IIIとRENESCENCEからはなかったはず)。最初にアカペラで謝辞の歌があったのと、アンコールのSpirit of loveでのドラム・パーカッション以外の方のコーラスは良かった。

MCも相変わらずで、「ほろっほー」ネタには爆笑した。いかにも西村さんらしい、と勝手に思った。小田さん、達郎さん、要さんをネタにしつつも敬意を払っているあたりもいかにも、という感じ。

バックも、常連(特に露崎春女さんがよかった。やはりLaLaLaのコーラスには露崎さんでしょう)に加えて、達郎さんでも叩いている小笠原さん(まだ20代!)という ところで、演奏もばっちりで、良かった。

 



と、全部良かったと言えればいいのだが、つい、気づいた範囲でいくつかメモを。

セットリストありきでスタートしたようなのだけど、途中でバックバンドの人の出入りがあると、どうしても途中で客側の緊張感が途切れる感じがした。バンド構成に応じて曲のほうを変えることで、途切れるのを防ぐというアプローチがあったと思うので、もうちょっと何とかならなかったかなあ、と(確か達郎さんがバンド構成から曲目を考えるようなことを述べていたのを記憶しているからそうおもうのだが)。まあ、Luzでアフリカ系の方々に入ってもらう(でLaLaLaも一緒に)というところからすれば仕方がないのかもしれない。

バンドも一体感がなんとなく欠けていたような…まあ、単発のコンサートなので、仕方がないのだが。 

竹善さん自身も、長丁場ということもあってか(MCでもしゃべってるし…他の人はそこで休めるけど)、ファルセットとか避けられるところは避けている感じがした。出せないわけではないようだけど、With youとかでは聴きたかったところで避けられてしまったのは残念だった。

音響もいまいちだった。座った席が一階席の奥だったことが影響しているのかどうか、それともこちらの加齢ゆえのことなのかもしれないが、高音部分がいまいちよく聴こえなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 21:30│Comments(2)読む聴く見る 

この記事へのコメント

1. Posted by yuina   May 03, 2013 12:51
なんと、生RISEまで聞かれたんですね!!!うらやましすぎる・・・
2. Posted by dtk   May 05, 2013 11:44
yuinaさん、どうもです。生は2度目ですが、生なりのよさがありました。できれば次のツアーも行きたいところです。ではまた。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
連休…出張に行きます。