たまにはこういうネタも書いてみようかと。

一応外資系(というか米系)企業とやらにいるので、日常のコミュニケーションの中で英語を使うことはそれなりにある。当たり前だが。その中で、今までの職場では見なかった表現を2つほどメモしてみる。僕が今の勤務先で出くわしている表現で、アメリカ人が使っているのを複数回見たことがあるものなので、汎用性はあるのではないかと思っているのだが...。もし間違っていたら、ご指摘いただきたく…。

align:足並みをそろえるとか、方向性を合わせるみたいな意味合いで使う。カタカナでアラインをとるために打ち合わせをしたいとかいうメールが日本語で来たりすることもあると、さすがに?と思う。
We aligned with finace teamというような感じで使っているのを見たりする。財務チームとは調整済、という感じだろうか。


visibility:特定の件について、知っておいてもらうとか知っているとかそんな感じで使っているのを見る。
Copying this email to dtk if he has any comments on it and he has visibility into this issue.
というようなことが書いてあるメールが来たりする。コメントがあればほしいということと、こういう件が動いているから認識しておいてね、というようなことらしい。