March 19, 2013

良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方 /雨宮 美季 (著), 片岡 玄一 (著), 橋詰 卓司 (著)


いつもお世話になっている、はっしーさんと@kataxさんが雨宮弁護士と共著を出す、しかも内容が利用規約の作り方についての本、ということで、著者経由で入手の上、拝読してみた。
 (以下、ステマとまでは行かないと思うものの、自分のことのようにうれしいので、身びいきというか、ややバイアスがかかった記載になっているかもしれない。いつもはこういうことは生じないように気をつけているのだが、念のため付言する)

純粋な法律書ではなく、どちらかというと現場の担当者向けの本で、押さえるべきところをしっかり押さえるだけではなく、説明の仕方、噛み砕き方及び図解の仕方もこなれていて、法務担当者が読んでもわかりやすいし、現場で担当している法務以外の人でも十二分に読める仕上がりになっていると思う。参照文献リストや雛形類(英語版まで!)ついていて、有用度が高いのではないかと思う。あとがきにも法務担当者と弁護士さんの本音がにじみ出ているのもいいし、装丁やレイアウトも良い感じ。
(ついでに、作成過程での共同作業の仕方についての、はっしーさんのエントリも興味深い)

 内容を見ると、一部ははっしーさんや@kataxさんのblogや利用規約ナイトでの発言と重なっているところもあり、それを思い返しつつ、読むのもまた一興かもしれない。もちろん、そういう野暮なことをするまでもなく、読みやすいし、読んで役に立つ内容だと思う(実際、一部は僕自身の業務でも役に立っている…)。

 細かいことを言えば、特に現場の人向けということからすれば、法律用語の説明の不足はあると思うけど、それらについては、別途はっしーさんたちに既に別途お伝えしてみたので、今後折を見て改訂していただければと思う次第。とりあえず、例の債権法改正との関係では、約款規制の規定を受けたupdateを期待したいところ。


追記:既にpdf版もあるとのこと。こちらで購入して雛形を(以下自粛)。


このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 23:38│Comments(0)書籍 | 契約法務

コメントする

名前
URL
 
  絵文字