米国ディスカバリの法と実務 /土井悦生 (著), 田邊政裕 (著)中間試案が出た

March 11, 2013

2年

(#事前の仕込みですいません)

震災から2年。時のたつのは早いと思う一方で、被災が甚大だった地域について漏れ聞こえてくる情報からすれば、思っていたよりも道は遠いという気がする。

もっとも、せいぜいひとくち支援の会を通じての毎月の支援(金額も大きいわけではない)と、年2回ハタチ基金に寄付している以外には特にこれといったことをしていない人間が、これまでのことについて何かいうのもはばかられる(あとはせいぜい毎月この種のエントリを書くことだけか…)。

ともあれ、ちょっとづつでも前に事態が進展していくことを願うばかり...。


追記:
震災の記録に関して、いーわんさんのところのエントリ
それと、未来へのキオク@google

ずっと覚えていることが負担になる場合もあるけれど、安易に忘れないことも重要なので、その辺のバランスを取れないかなと思うところ。後者のためのよすがとして、ネット上の情報をうまく活用できないかなと思ったりする。



このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 14:46│Comments(0)雑記・雑感 

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
米国ディスカバリの法と実務 /土井悦生 (著), 田邊政裕 (著)中間試案が出た