May 19, 2007

パスの出し方

担当していた業務を引き継ぐことになって、引継ぎ用のメモを作っていることは前に書いた。今回は過去に書いた同様のメモの話。

今いる会社では、海外案件の法務は東京とシンガポールで分担して担当している。僕もかつては東京側でその仕事をしていた。今回、東京側で担当しているある定型業務について、一定の「抜け」があることが判明した。結果的には実害が生じるような話になってこなかったので、今までは問題にならなかったが、今回ある事情から業務内容を再確認したところ、「抜け」が判明した。

「抜け」があること自体は、当該業務をきちんと「理解」している人が手間をかけて調べれば容易に判明したはずで、実際、そのような人が調べたら判明した。個人的に問題と思ったのは何故「抜け」が生じたか、ということ。

過去の担当者としての自分の記憶及び現在の担当者に話からすると、当該業務は定型業務として認識され、処理手順についてはきちんと引き継がれているものの、それ以上の引継ぎがされていないことに問題があるように見受けられた。

この業務を実施することにより、如何なる結果を得る必要があるのか、ということが引き継がれていないことが問題だったように思う。この業務の目的が何で、如何なる結果をもたらす必要があり、その必要な結果から考えると今回はこの処理で良いのか、悪いのかということが担当者レベルで判断できるようになっていない。だから結果的に「抜け」が生じたと思う。

僕自身前任者から受けた引継ぎもそうなっていなかったし、後任(今東京にいる担当者)にもそういう引継ぎをしていなかったので、偉そうなことを言えるものではないが、今後は気をつけないといけないと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

May 14, 2007

はじめてのヤフオク

絶版もので欲しい物があって、ちょうどヤフーのオークションに出ていた。そこで応札してみることにした。ぎりぎりのところでoutbidされそうになったりしたが、最後15分はモニターの前でじーっと様子を見守りながら値段を上げていったので、結果的には首尾よく落とせた。

しかしながら、締め切り5分前とかに入札すると締め切りが自動延長されたので驚いた。入札の紹介を見てもそんなことは書いていないように見えたから。入札のヘルプを見るとデフォルトが自動延長で、自動延長がない場合にのみその旨記載があるという。逆にするのが普通ではないのかな?

ネットオークションは、ボストンにいた時にebayでNYBarの資料を買ったことくらいしかないが、ebayにはそういう規定はなかったように思う。時間を区切って入札という形にしている以上、時間が来ればその時点で終わりにするのが筋というか公平というものではないかと思う。よって、自動延長のようなルールがあるのなら、それは応札者が見落とすことのないよう、たとえそれがデフォルトであっても、その旨記載すべきと思う。

何だか腑に落ちない。


このエントリーをはてなブックマークに追加

May 12, 2007

火狐参上?

突如Internet Explorerが不安定になった。M$のサイトで検索するとハードディスクに問題があるというが、本当かなと思う。ブラウザの問題ではないかと思うので、いい機会と思ってfirefoxに切り替えてみる。とりあえずは快適にきびきび動く。めでたい。ただ、本当に使っているPCのハードウェアがおかしい可能性もあるので注意が必要。


このエントリーをはてなブックマークに追加

May 09, 2007

スコアが来た

早速スコアが届いた。
合格点が665に対して619。手も足も出ていないというところか。MBEについては122と書いてある。後で個人名等を隠した形で画像を載せる予定(追記:画像は「続きを読む」の方で表示した)。

エッセイは思ったより出来ていた。MBEはあれだけやってこの程度か、という気もするが、どうなんだろう…。

別にこの試験に合格したこと/しなかったことが、仕事のうえで大きな影響をもたらす状況にはないのだが、やはりこのままでは悔しい気がする。次の7月は無理だが、何とかその後で、と思う。

合格するにはあと50-60点分スコアを伸ばす必要があるわけで、何をしたらいいのか、考える必要がある。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

May 07, 2007

南十字星を見た

アパートの部屋から見えた。

こんな感じで見えているらしいが周囲が明るくて見つけるのが大変。デジカメで撮ってもαCenが辛うじてわかる程度で、PCの画面で見るとノイズなのか星なのか分からない。

ともあれ、一応見えたのでめでたい。


このエントリーをはてなブックマークに追加

桜散る

というわけで落ちていたようで。

(追記)

本家できちんと見えるようになったので。
こういう文章が表示される。

NAME:

Date of Birth: 00/00





The State Board of Law Examiners hereby notifies you that you did not pass the NYS bar examination of February 27-28, 2007. An official notice has been mailed and will include a breakdown of scores. The filing deadline date for the July 2007 examination is May 25, 2007 for failed candidates of the February 2007 examination. There is no provision for late filing. You may apply online using the On-Line Application or you may download a paper version of the Re-Application from the Board痴 website. Please note that if you choose to re-apply using the On-Line Application, payment must be made by Visa or MasterCard credit cards only; debit cards are not accepted. Although every effort is made to ensure the accuracy of this lookup screen, each applicant must rely on the U.S. Mail for official notification of examination results.
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

May 06, 2007

暗黙知というか何というか

諸般の事情で、担当している業務のうち定型業務2つを、他の人に引き継ぐことになった。問題は引き継ぐ相手が日本人ではない、海外部門採用の外国人ということ。 もちろん、それなりに経験のある人なので、能力的には問題はないはず。それでは、何が問題になるかというと、気づいた範囲では次のとおり。



  1. 相手は、日本法を知っているとは限らない:引き継ぐ業務の中には、代表取締役のサインを取らないといけない書類の審査とかも含んでいるので、そもそも何故その人のサインでないといけないのか、という辺りから説明をする羽目になる。必然的に説明が長くなるが、そこから説明しておかないと咄嗟の判断が出来ずに、訳がわからなくなりそうなので、最低限の説明はしておく必要がある。

  2. 相手は、こちらの会社の国内事情をどこまで知っているか分からない:どこにどういう部署があって、それぞれの部署が何をしていて、問題の業務にどのように関係してくるかという当たりも説明が必要。

  3. よく考えると場合分けとか例外処理が多い:今回引き継ぐ業務はどちらも、東京とシンガポールで作業を分担しており、東京サイドでの作業を留学前にやっていたことから、僕自身はもはや意識すらしなかったが、きちんと場合分けをして説明しないときっと理解できないだろう。


大したことのない定型業務と思っても、それなりの工夫は日々の業務の中で行っているわけで、たまにはそれを無意識下から引っ張り出して、意識してみるのも悪い話ではないと思う。こういうことを時々やらないと、気がついた時には、訳がわからなくなって引継ぎようがなくなっていたりする。それでは組織で仕事をしている意味がないと思う。そうならないように気をつけないといけないと思う。




このエントリーをはてなブックマークに追加

May 05, 2007

It's a final count down...?

何気なしに試験委員会のページをみたら、試験結果発表のリンクが。 ええーっ。"Mid May"に発表じゃあなかったのか…って、まあそういうこともありそうなんですがね。所詮アメリカですし(投げやり)。 で、逸る心を抑えつつ、リンクをたどり、必要事項を記入してenter...を押すと… 「HTTP 500内部サーバーエラー」 はあ、そうですか。そう来ますか。別に今更驚きはしませんが。 そういうわけで、いきなり不意打ちで結果は来そうです。リアルで僕のことをご存知の方々で、試験結果が分かった方はこっそり?教えてくれると助かりますんで宜しくお願い致します。 まあ、いずれにしてもNY時間の月曜日には受験生以外にも開示されるらしいので、その時点では分かるでしょう。 いよいよ、という感じもするけど…。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

May 02, 2007

「国際商取引契約」/中村秀雄(有斐閣)

発作的に書いたエントリで、誤解を与えてしまったようで。すいません。




さて、表題の本。良い本だと思うが、ネット上でも紹介が見当たらないようだ。全部読んでからと思ったが、他に読みたい本があって、最後まで辿り着くには時間がかかりそうなので、その前に書いておこう。

著者は、英文契約を検討する企業の法務には必ずある(と思う)「英文契約書作成のキーポイント」の著者。見た目が似た感じになっているように思ったのは、その辺りを考慮に入れてのことだろう。総合商社の法務から今は大学で教鞭を取られているとのこと。

副題に「英国法にもとづく分析」とあるように、英国法ベースで国際商取引契約について解説した本。ここまでの網羅性をもって日本語で解説した本は前例がなかったのではないかと思う。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

May 01, 2007

メイデイメイデイ

題名に特に意味はない。
とりあえずシンガポールは休日。こちらの会社の海外拠点があるところは、この日又はここ数日は休みというところが結構ある。



Linkの欄を増やしてみた。google bookmarkの一部を移したのだが。


このエントリーをはてなブックマークに追加

April 29, 2007

専門家というか手に職を

「企業法務戦士の雑感」から。

一寸先の見通しすら立てにくい今の時代、かつてのように「ゼネラリスト」としてグルグル社内を回って、キャリアステップを駆け上がっていく、という“王道”に魅力を感じる人間は徐々に減りつつあるように思う。



まったくそのとおりと思う。下手に社内で「ゼネラリスト」になっても、会社自体なくなったりすると意味がなくなったりしかねないから。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

April 25, 2007

Avast!

普段使っているPCに入れているノートンの期限が来たので、更新せずにアンインストールしてavast!を代わりに入れた。非商用ならフリー。


フリーでそれなりの品質のものがあるなら、それを使う方が良いのではないかと思うので。MS officeに代わるものとしてopen officeがあるのは知っているが、今のPCにはMSOfficeが入っていて、これ以上追加の費用が出ないのでそのまま使っている。


OSについてもMSOffice ファイルのやり取りを仕事でするので(出張に自分のPCを持って行って使っているのはセキュリティ上問題だが…)、Windowsを使っている。それがなければMacにしたいような気がしている。元はMac Userだったし…。




このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポール水準?

同僚に誘われて、「メイドカフェ」に出かけてみた。出来た当初話題になっていたが…。


金返せ。


以上。行かないことを強く推奨。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 18, 2007

Take Two?

BOLEの記載から。



 4.) RE-APPLICANTS
If you sat for the February 2007 bar examination, you should not file a Re-Application for the July 2007 exam until after the results of the February exam are released. Applicants who fail the February exam will have 21 days from the date the results are released to re-apply for the July 2007 examination.If you submitted an application for the February 2007 exam but did not sit for the entire exam, the deadline to re-apply for the July 2007 exam is April 25, 2007.If you previously filed an application to sit for the New York bar exam within the past 5 years, you should file a Re-Application Form. The deadline is April 25, 2007. If you have not filed an application within the past 5 years you must file a first-time application. If you were issued a credit voucher for your application fee, you should download and mail a completed Re-Application form together with the Credit Voucher (postmarked no later than April 25, 2007).



結果が出る前から、次の受験を気にするのも変だが、気になるのも事実。オルバニーに行くのなら(前回同様にNYCで受験できればよいが、その保証はない)宿の心配をしないといけないし…。


何かが間違っているような気もするが…。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 16, 2007

GL at podcasting

http://pod.j-wave.co.jp/blog/gl/
キターーーーーーー!


東京に居た時に平日録音して、休日にまとめて聴いていました。平日の分も聴きたいけど、少しだけでも聴けるのはちょっとうれしい。
即i tuneに登録しました。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 15, 2007

電球

a6982d89.jpg


家の電灯の電球が切れたので調達しようとした。そうしたら、適当なものがどこで売っているのか分からなかった。家主のエージェントに訊いてもよく分からない。分からないようなものを使うんじゃないと小一時間問い詰めたいがそんな能力もヒマもない。


近所のローカルスーパー(デフォルトは中国語)で売っていることが判明して、型番を基に買って来たら実はソケットの種類が複数あって、買って帰ったものでははまらないことが判明。暑い中(これはいつも)店に戻って交渉して取り替えてもらった。ソケットの種類は箱に書いてあったのだが、そこにしか書いていないということに気づかなかった(上記のE27がそう。最初に買ったのはE14だった)。


それでようやく電気はつくようになった。疲れる。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 14, 2007

季節はずれの桜

31c6a511.jpg
古い写真のファイルを見ていたら出てきたので貼ってみた。


桜は、その季節になると撮りたくなるし、撮るのだが、後悔するのがオチだ。まあ、僕としてはましなほうだろう。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 12, 2007

「銀行の法律知識」

NYBarが終わったせいか、日本語の本の読む量が増えている。


そんな中、アホヲタ法学部生の日常紹介されたいたので読んでみた。内容の紹介はronnorさんの紹介を読んでください(おいおい)。別に銀行員でもないし、銀行員になる予定もないが、銀行の人とやり取りをすることもなくはないし、面白そうだったので読んでみた次第。


基礎的な法律知識について、具体的事例の中で示されているので、学生の方々でも面白く読めるのではないかと思う。かつての僕のように、法律が無味乾燥に見えていた(ろくに勉強しなかったのであまり大層な口をきく資格はないが)人にはお勧めだと思う。


僕自身にとっては、普段自分の日常業務の中でつながりのない銀行の業務についての記載や銀行を取り巻く規制についての話は興味深かったし、英米法系のcovenantsがコベナンツという形で日本でも使われているとは思ってもいなかった。対話と解説のバランスが良いこともあって、読みやすかった。登場人物の名前の付け方やオチのつけ方はちょっとベタというか、いまひとつかなという気がしたけど。


 


 




このエントリーをはてなブックマークに追加

Off Course Twin Best

ae67868d.jpg8fc9e97b.jpg
またもやこちらで売っている日本人歌手のCDということで。今回はオフコースの「ベスト」。


しかし、この「ベスト盤」というのは、いつも微妙な気分になる。お手軽に有名どころを纏めて少ない枚数で聴くことができるのはいいけれど、「お前らならこれでも聴いておけ」という感じがしなくもない。自分にとっての「ベスト」が何かなんて、簡単に分からないのではないかという気がするから。特に、バンドとしての活動期間が長く、曲のバラエティに富んでいると、何が「ベスト」かそれ自体が大きな議論の対象になるだろうから。The Beatles辺りは典型だろう(いわゆる赤盤・青盤はあるが、赤についてはまだ穏当だと思うが青は選曲者の趣味が出すぎて妥当とは思えない)。


とはいうものの、一つのバンド歌い手について聴いていくうえでの取っ掛かりを作る上でも便利なのは確かだし、手っ取り早くカラオケのネタを稼ぐのには便利なので、僕だって聴かないわけでもない。


そんなこんなとは一切関係なく、今回は主に写真ネタ用に買ってみた。オフコースが小田和正のバンドとして紹介されているように見受けられるところからして、違和感を覚えなくはないが、今の彼の地(台湾)での知名度等からして仕方がないのだろう。


題名から曲名が浮かぶのもあれば、思いつかないのもあった。パッケージを開ける以前に、曲を推理して楽しませてもらった。中身についても、個人的にはYES-NOのシングルバージョン?(要はエンディングで小田さんがなにやら弾けている方)は初めて聴いたので、良かった。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 11, 2007

「M&A時代 企業価値のホントの考え方」

ちょうさんの共著。コーポレートファイナンスとかM&Aとか仕事のうえではあまり縁がないけど、ちょうさんのブログは面白いので買って見た。

なにより読みやすい。投資銀行経験者ならではの視点(IRの経営戦略への反映のさせ方とか)など、なるほどと思うこともあった。

ただ、正統的なファイナンスの考え方に立脚しているのは当然としても、投資家が全員この考え方に則らなければならないという感じの論調が時折見受けられたのには違和感を覚えた。機関投資家がその考え方で動くのは当然にしても、個人投資家については、別にそれと異なる考え方で投資をしても何ら問題ないはずだと思う。そういう意味ではちょっと勇み足かなという気がした。所有に伴う自己満足とかから投資をしてもいいはずだしね。

それと、この本で感覚的な理解は進むとしても、理論的に理解(僕自身あまり理解しているとは思えないのに、こういう言い方をするのは不適当だろうが)するための橋渡しとして、この本の後のステップへの簡単な読書案内はあってもいいかもしれない。

あとは、時事ネタについての対応も含め、こまめに手直しをし続けることで、長く読み継がれて欲しいと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

April 02, 2007

何か来た

試験委員会から手紙が来た。試験結果のはずはないと知りつつも、ちょっとドキドキ。


State of New York Supreme Court, Appellate Division Third Judicial Department Admissions Officeなる長い名前の差出人から手紙に曰く、試験結果発表前に手続き書類を出せとある。The rules of the Appellate Divisionsがそう決めているとのたまっている。次のところから資料をダウンロードして記入しないといけないらしい。


http://www.nycourts.gov/ad3/Admissions/2007AdmissionPkg.pdf


5月21日までに提出せよとある。上記と組み合わせると、結果発表は5月22日以降ということになるのか?5月22日はMid-May(結果発表はMid-Mayと言っていた)に当たるのか????


手続きだけでも道が遠いことがよく分かる…。


準備はしたけど合格していなかったというと間抜けだよなあ…とつい後ろ向きに考えたくなる今日この頃。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 01, 2007

外国語としての日本語

仕事をしていて気になったのだが…。


こちらの会社の僕がいるセクションは、大雑把な言い方をすると海外事業の法務業務を所管している(ことになっている)。Headquaterの役割を果たしているので、各拠点にいる人に質問をしたりすることも日常的に行っている。各拠点には日本人も居れば現地の方もいる。現地の方とのコミュニケーションは大概英語だが、中国、台湾の拠点の現地スタッフとは寧ろ日本語で話をする。


そういうときには、こちらは、ネィティブスピーカーとして、非ネィティブの人と話をすることになる。その際に気になることがある。相手の日本語のレベルが、ばらばらなので、向こうが何を言っているのか時に分からなかったりするし、こっちが何を考えているか、伝わっているかどうかが気になることがある。向こうの言っていることが分からないのは訛りのある日本語についてのこちらのヒアリングの問題と語彙の問題のように思うし、こちらの言っていることが伝わるかどうかの心配は、相手のヒアリング能力とこれまた語彙の問題のような気がする。こちらが使った語彙が向こうが理解し得る語彙の中に入っているのかどうか、ということ。なるべく分かりにくくないような語彙を使って、冗長を恐れず言葉を余計に使って、伝わりやすい話をするよう心がけてはいるが(それは手戻りを防ぐ意味で有効だろうから)、どこまでできているのやら。


こう考えると英語のネィティブの皆様は、我々ノンネィティブと話をする時にどこまでそういうことを意識的にしているのか、ということがちょっとだけ気になる。




このエントリーをはてなブックマークに追加

March 31, 2007

Why BU, Why not BU?

この夏からLLMに進学される方から、BUについてご質問を受ける機会も何度かあったので、折角だから、FAQではないですが、こういうエントリを立てます。モトネタはVenderbilt Lawの日本人の方々のブログの記載から。私家版で、僕の現時点での独断と偏見に基づくので、一意見という扱いで宜しくお願いいたします。関係者の方々、独断が過ぎるというので怒らないでいただけると助かります。なお、ここにかけないこともあるので、引き続き個人的にご質問いただけると助かります。ご質問はこのblogのメールフォームから宜しくお願い致します。


念のために付け加えると僕自身は、後期に履修した科目がいまいちだったものの、それでも全体としては満足しています。それは、安全な街で、学内もフレンドリーな雰囲気の中で、思う存分勉強に専念できた(それでも、帰国後に不足を感じていますが)ところが大きいです。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)LLM 

March 27, 2007

気球に乗ってどこまで行こう?

7cdce501.jpg61bcdc97.jpg
O氏と観光の一環として気球に乗った。シンガポールの街中で時折目にするアレである。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

March 25, 2007

あんよはおじょず?

この2週間ほど研修のアシスタントをしていました。
研修の内容は、主に国内の部門から赴任してきた技術系の方々に、海外での仕事の仕方に慣れてもらうもので、その一環として、彼らの業務のベースとなる契約書を理解してもらうというもの。その手段として重要そうなところを訳読していきました。上司が指定したところを受講者が訳して、上司が内容について及び実務上のポイントについて説明するというもの。
僕が何をしたかというと、資料の準備と、思いついたところで、上司の解説に補足をするというもの。
それから、受講者の方々からの依頼があった時に、彼らが用意した訳文の添削。
これがきつかった。

あまり、細かいところまで直して良いのかよく分からないし、細かすぎて相手のモチベーションを落とすのはまずいだろうと悩んだのが大きい。それでも僕の添削はきっと細かすぎたのだろう。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

O氏来襲/Awayはつらいよ

ボストンに引き続きO氏来星。彼は観光も僕なんかよりもきちんとしたようだが、僕と一緒のときにすることはほぼ一つ。歌である。
金曜の夜は普通に日本的なカラオケBoxに出かけた。機械がBmaxというところに若干の問題はあったが、まあ、普通に終了。

で、土曜日。同じ店に出かけてもつまらないので、あちこちに店のマークを見かける地元のKaraoke Boxへ。一人だと行く機会がないので、折角だからと思って行ってみた。中国語の歌しかなかったらどうしようかと思って、日本語や英語の歌はあるか、と聞くとあるというので安心して入ったら...。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

March 21, 2007

Boston/訃報Brad Delp

些か旧聞に属するが、気になったのでメモ。
佐藤竹善の「おくらの軍艦巻き」から。

特にヴォーカルが失われることはリーダーが車のエンジンならば、タイヤを失うのと同じなのだ。
彼らがいなかったらオフコースの出世作であるThree and Twoはこの世に存在しないし、「愛を止めないで」も全く違う様相を呈していただろう。


あのギターのところは、Bostonの影響ということでしょうか。なんとなく納得。というか、Bostonを聴いた時点で気づけ>自分

Bostonは、Bostonに行くのだからということで、Greatest Hits(More than a feelingもいいけど、Peace of mindが好き)を渡米時に買っただけだが、僕にとってはやはりヴォーカルの印象が強い(そこしか聴いていないという説も)。あの高音域は出ないよね、という印象の持ち方がアレですが。
せっかくだから残りのアルバムも聴いてみようかな。

ともあれ、今更ながらご冥福をお祈りいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

March 17, 2007

紐育状態

書くネタがないので、写真ネタで。先日のNYの写真。エントリのタイトルは友人O氏の「俺の心は紐育状態だぜベイベー」(Billy Joel のNew York State of Mindのことらしいが詳細は略)が脳裏をよぎったからつけただけ。


2c829510.jpg


こういう見方をすると、ドミノ倒しとか起きそうに見えてくる。とりあえずその場にはいたくない。
16cc18d8.jpg


たまたま、ブレッソン関係の展覧会をIPCでやっていた。
29c9cc3f.jpg


色々撮ったけどうまく撮れていない。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

March 11, 2007

日本のCDをシンガポールで買う

30202492.jpg7b5afec6.jpg


例によって自分で撮りましたが、こちらのHMVで日本のCDを買いました。買ったのは見てのとおりのもので、年末の紅白で見て良かったので買うことにしました。買ったらS$18.95で、S$1=¥80としても1500円程度で買えました。その所為もあって、ディスクにまで「日本国外頒布専用」とか書いてあります。


シンガポールは生活必需品以外は結構物価が高いのですが、これは安いなと思うのでした。書籍とか基本的に輸入物だから安くないし、図書館は本があまり多くないくせに登録料(registration fee:外人はS$10.50)と年会費(S$10.50)を取るんです。webでの在庫検索も使いにくいです。しかも予約にも費用がかかります。遅くまで開いているのと、休館日が少ないのは評価すべきでしょうが。


で、CDなんですが、いい感じで聴いているうちに寝入ってしまいました。すいません。




このエントリーをはてなブックマークに追加

March 10, 2007

眠れぬ夜

打ち合わせの後の会食で飲みすぎたのか、アルコールが抜けて逆に眠れない状態なので、書いています。明日は珍しく?休みだし。


このblog、特に方向性を定めないようにしていましたが、僕自身の状況から結果的に今までは一定の中心的な内容がありました。


2005年5月までは留学準備
2006年5月までは留学(LLM)
そして、最近まではNYBar準備
(シンガポール生活については、既に色々とblogがあるのと、僕自身があまり興味がないので、結果的にあまり書いていません)


この後はどうなるかは不明です。NYBar準備が続く可能性が一番高いという話もありますが、もう少し他のことも書いてみたいように思います。僕にとってはblogは続けてナンボと思っているので、内容の如何に拘わらずだらだらと続ける予定です。


気がつくとこちら(FC2)に移ってから20000hitに近付きつつあります。ご覧いただいている皆様にはお礼申し上げると共に、コメント等いただけるとありがたいです。諸般の事情でコメントは許可制にしていますが、無関係なものと、僕自身の個人情報(でblog上に載せられると問題と思われるもの:一応そういうものがあるんです)に言及があるもの以外は、許可する予定ですので、お気軽にコメントくださいませ。


それでは。




このエントリーをはてなブックマークに追加