April 25, 2007

Avast!

普段使っているPCに入れているノートンの期限が来たので、更新せずにアンインストールしてavast!を代わりに入れた。非商用ならフリー。


フリーでそれなりの品質のものがあるなら、それを使う方が良いのではないかと思うので。MS officeに代わるものとしてopen officeがあるのは知っているが、今のPCにはMSOfficeが入っていて、これ以上追加の費用が出ないのでそのまま使っている。


OSについてもMSOffice ファイルのやり取りを仕事でするので(出張に自分のPCを持って行って使っているのはセキュリティ上問題だが…)、Windowsを使っている。それがなければMacにしたいような気がしている。元はMac Userだったし…。




このエントリーをはてなブックマークに追加

シンガポール水準?

同僚に誘われて、「メイドカフェ」に出かけてみた。出来た当初話題になっていたが…。


金返せ。


以上。行かないことを強く推奨。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 18, 2007

Take Two?

BOLEの記載から。



 4.) RE-APPLICANTS
If you sat for the February 2007 bar examination, you should not file a Re-Application for the July 2007 exam until after the results of the February exam are released. Applicants who fail the February exam will have 21 days from the date the results are released to re-apply for the July 2007 examination.If you submitted an application for the February 2007 exam but did not sit for the entire exam, the deadline to re-apply for the July 2007 exam is April 25, 2007.If you previously filed an application to sit for the New York bar exam within the past 5 years, you should file a Re-Application Form. The deadline is April 25, 2007. If you have not filed an application within the past 5 years you must file a first-time application. If you were issued a credit voucher for your application fee, you should download and mail a completed Re-Application form together with the Credit Voucher (postmarked no later than April 25, 2007).



結果が出る前から、次の受験を気にするのも変だが、気になるのも事実。オルバニーに行くのなら(前回同様にNYCで受験できればよいが、その保証はない)宿の心配をしないといけないし…。


何かが間違っているような気もするが…。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 16, 2007

GL at podcasting

http://pod.j-wave.co.jp/blog/gl/
キターーーーーーー!


東京に居た時に平日録音して、休日にまとめて聴いていました。平日の分も聴きたいけど、少しだけでも聴けるのはちょっとうれしい。
即i tuneに登録しました。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 15, 2007

電球

a6982d89.jpg


家の電灯の電球が切れたので調達しようとした。そうしたら、適当なものがどこで売っているのか分からなかった。家主のエージェントに訊いてもよく分からない。分からないようなものを使うんじゃないと小一時間問い詰めたいがそんな能力もヒマもない。


近所のローカルスーパー(デフォルトは中国語)で売っていることが判明して、型番を基に買って来たら実はソケットの種類が複数あって、買って帰ったものでははまらないことが判明。暑い中(これはいつも)店に戻って交渉して取り替えてもらった。ソケットの種類は箱に書いてあったのだが、そこにしか書いていないということに気づかなかった(上記のE27がそう。最初に買ったのはE14だった)。


それでようやく電気はつくようになった。疲れる。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 14, 2007

季節はずれの桜

31c6a511.jpg
古い写真のファイルを見ていたら出てきたので貼ってみた。


桜は、その季節になると撮りたくなるし、撮るのだが、後悔するのがオチだ。まあ、僕としてはましなほうだろう。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 12, 2007

「銀行の法律知識」

NYBarが終わったせいか、日本語の本の読む量が増えている。


そんな中、アホヲタ法学部生の日常紹介されたいたので読んでみた。内容の紹介はronnorさんの紹介を読んでください(おいおい)。別に銀行員でもないし、銀行員になる予定もないが、銀行の人とやり取りをすることもなくはないし、面白そうだったので読んでみた次第。


基礎的な法律知識について、具体的事例の中で示されているので、学生の方々でも面白く読めるのではないかと思う。かつての僕のように、法律が無味乾燥に見えていた(ろくに勉強しなかったのであまり大層な口をきく資格はないが)人にはお勧めだと思う。


僕自身にとっては、普段自分の日常業務の中でつながりのない銀行の業務についての記載や銀行を取り巻く規制についての話は興味深かったし、英米法系のcovenantsがコベナンツという形で日本でも使われているとは思ってもいなかった。対話と解説のバランスが良いこともあって、読みやすかった。登場人物の名前の付け方やオチのつけ方はちょっとベタというか、いまひとつかなという気がしたけど。


 


 




このエントリーをはてなブックマークに追加

Off Course Twin Best

ae67868d.jpg8fc9e97b.jpg
またもやこちらで売っている日本人歌手のCDということで。今回はオフコースの「ベスト」。


しかし、この「ベスト盤」というのは、いつも微妙な気分になる。お手軽に有名どころを纏めて少ない枚数で聴くことができるのはいいけれど、「お前らならこれでも聴いておけ」という感じがしなくもない。自分にとっての「ベスト」が何かなんて、簡単に分からないのではないかという気がするから。特に、バンドとしての活動期間が長く、曲のバラエティに富んでいると、何が「ベスト」かそれ自体が大きな議論の対象になるだろうから。The Beatles辺りは典型だろう(いわゆる赤盤・青盤はあるが、赤についてはまだ穏当だと思うが青は選曲者の趣味が出すぎて妥当とは思えない)。


とはいうものの、一つのバンド歌い手について聴いていくうえでの取っ掛かりを作る上でも便利なのは確かだし、手っ取り早くカラオケのネタを稼ぐのには便利なので、僕だって聴かないわけでもない。


そんなこんなとは一切関係なく、今回は主に写真ネタ用に買ってみた。オフコースが小田和正のバンドとして紹介されているように見受けられるところからして、違和感を覚えなくはないが、今の彼の地(台湾)での知名度等からして仕方がないのだろう。


題名から曲名が浮かぶのもあれば、思いつかないのもあった。パッケージを開ける以前に、曲を推理して楽しませてもらった。中身についても、個人的にはYES-NOのシングルバージョン?(要はエンディングで小田さんがなにやら弾けている方)は初めて聴いたので、良かった。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 11, 2007

「M&A時代 企業価値のホントの考え方」

ちょうさんの共著。コーポレートファイナンスとかM&Aとか仕事のうえではあまり縁がないけど、ちょうさんのブログは面白いので買って見た。

なにより読みやすい。投資銀行経験者ならではの視点(IRの経営戦略への反映のさせ方とか)など、なるほどと思うこともあった。

ただ、正統的なファイナンスの考え方に立脚しているのは当然としても、投資家が全員この考え方に則らなければならないという感じの論調が時折見受けられたのには違和感を覚えた。機関投資家がその考え方で動くのは当然にしても、個人投資家については、別にそれと異なる考え方で投資をしても何ら問題ないはずだと思う。そういう意味ではちょっと勇み足かなという気がした。所有に伴う自己満足とかから投資をしてもいいはずだしね。

それと、この本で感覚的な理解は進むとしても、理論的に理解(僕自身あまり理解しているとは思えないのに、こういう言い方をするのは不適当だろうが)するための橋渡しとして、この本の後のステップへの簡単な読書案内はあってもいいかもしれない。

あとは、時事ネタについての対応も含め、こまめに手直しをし続けることで、長く読み継がれて欲しいと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

April 02, 2007

何か来た

試験委員会から手紙が来た。試験結果のはずはないと知りつつも、ちょっとドキドキ。


State of New York Supreme Court, Appellate Division Third Judicial Department Admissions Officeなる長い名前の差出人から手紙に曰く、試験結果発表前に手続き書類を出せとある。The rules of the Appellate Divisionsがそう決めているとのたまっている。次のところから資料をダウンロードして記入しないといけないらしい。


http://www.nycourts.gov/ad3/Admissions/2007AdmissionPkg.pdf


5月21日までに提出せよとある。上記と組み合わせると、結果発表は5月22日以降ということになるのか?5月22日はMid-May(結果発表はMid-Mayと言っていた)に当たるのか????


手続きだけでも道が遠いことがよく分かる…。


準備はしたけど合格していなかったというと間抜けだよなあ…とつい後ろ向きに考えたくなる今日この頃。




このエントリーをはてなブックマークに追加

April 01, 2007

外国語としての日本語

仕事をしていて気になったのだが…。


こちらの会社の僕がいるセクションは、大雑把な言い方をすると海外事業の法務業務を所管している(ことになっている)。Headquaterの役割を果たしているので、各拠点にいる人に質問をしたりすることも日常的に行っている。各拠点には日本人も居れば現地の方もいる。現地の方とのコミュニケーションは大概英語だが、中国、台湾の拠点の現地スタッフとは寧ろ日本語で話をする。


そういうときには、こちらは、ネィティブスピーカーとして、非ネィティブの人と話をすることになる。その際に気になることがある。相手の日本語のレベルが、ばらばらなので、向こうが何を言っているのか時に分からなかったりするし、こっちが何を考えているか、伝わっているかどうかが気になることがある。向こうの言っていることが分からないのは訛りのある日本語についてのこちらのヒアリングの問題と語彙の問題のように思うし、こちらの言っていることが伝わるかどうかの心配は、相手のヒアリング能力とこれまた語彙の問題のような気がする。こちらが使った語彙が向こうが理解し得る語彙の中に入っているのかどうか、ということ。なるべく分かりにくくないような語彙を使って、冗長を恐れず言葉を余計に使って、伝わりやすい話をするよう心がけてはいるが(それは手戻りを防ぐ意味で有効だろうから)、どこまでできているのやら。


こう考えると英語のネィティブの皆様は、我々ノンネィティブと話をする時にどこまでそういうことを意識的にしているのか、ということがちょっとだけ気になる。




このエントリーをはてなブックマークに追加

March 31, 2007

Why BU, Why not BU?

この夏からLLMに進学される方から、BUについてご質問を受ける機会も何度かあったので、折角だから、FAQではないですが、こういうエントリを立てます。モトネタはVenderbilt Lawの日本人の方々のブログの記載から。私家版で、僕の現時点での独断と偏見に基づくので、一意見という扱いで宜しくお願いいたします。関係者の方々、独断が過ぎるというので怒らないでいただけると助かります。なお、ここにかけないこともあるので、引き続き個人的にご質問いただけると助かります。ご質問はこのblogのメールフォームから宜しくお願い致します。


念のために付け加えると僕自身は、後期に履修した科目がいまいちだったものの、それでも全体としては満足しています。それは、安全な街で、学内もフレンドリーな雰囲気の中で、思う存分勉強に専念できた(それでも、帰国後に不足を感じていますが)ところが大きいです。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加
dtk1970 at 22:59|PermalinkComments(2)TrackBack(0)LLM 

March 27, 2007

気球に乗ってどこまで行こう?

7cdce501.jpg61bcdc97.jpg
O氏と観光の一環として気球に乗った。シンガポールの街中で時折目にするアレである。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

March 25, 2007

あんよはおじょず?

この2週間ほど研修のアシスタントをしていました。
研修の内容は、主に国内の部門から赴任してきた技術系の方々に、海外での仕事の仕方に慣れてもらうもので、その一環として、彼らの業務のベースとなる契約書を理解してもらうというもの。その手段として重要そうなところを訳読していきました。上司が指定したところを受講者が訳して、上司が内容について及び実務上のポイントについて説明するというもの。
僕が何をしたかというと、資料の準備と、思いついたところで、上司の解説に補足をするというもの。
それから、受講者の方々からの依頼があった時に、彼らが用意した訳文の添削。
これがきつかった。

あまり、細かいところまで直して良いのかよく分からないし、細かすぎて相手のモチベーションを落とすのはまずいだろうと悩んだのが大きい。それでも僕の添削はきっと細かすぎたのだろう。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

O氏来襲/Awayはつらいよ

ボストンに引き続きO氏来星。彼は観光も僕なんかよりもきちんとしたようだが、僕と一緒のときにすることはほぼ一つ。歌である。
金曜の夜は普通に日本的なカラオケBoxに出かけた。機械がBmaxというところに若干の問題はあったが、まあ、普通に終了。

で、土曜日。同じ店に出かけてもつまらないので、あちこちに店のマークを見かける地元のKaraoke Boxへ。一人だと行く機会がないので、折角だからと思って行ってみた。中国語の歌しかなかったらどうしようかと思って、日本語や英語の歌はあるか、と聞くとあるというので安心して入ったら...。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

March 21, 2007

Boston/訃報Brad Delp

些か旧聞に属するが、気になったのでメモ。
佐藤竹善の「おくらの軍艦巻き」から。

特にヴォーカルが失われることはリーダーが車のエンジンならば、タイヤを失うのと同じなのだ。
彼らがいなかったらオフコースの出世作であるThree and Twoはこの世に存在しないし、「愛を止めないで」も全く違う様相を呈していただろう。


あのギターのところは、Bostonの影響ということでしょうか。なんとなく納得。というか、Bostonを聴いた時点で気づけ>自分

Bostonは、Bostonに行くのだからということで、Greatest Hits(More than a feelingもいいけど、Peace of mindが好き)を渡米時に買っただけだが、僕にとってはやはりヴォーカルの印象が強い(そこしか聴いていないという説も)。あの高音域は出ないよね、という印象の持ち方がアレですが。
せっかくだから残りのアルバムも聴いてみようかな。

ともあれ、今更ながらご冥福をお祈りいたします。


このエントリーをはてなブックマークに追加

March 17, 2007

紐育状態

書くネタがないので、写真ネタで。先日のNYの写真。エントリのタイトルは友人O氏の「俺の心は紐育状態だぜベイベー」(Billy Joel のNew York State of Mindのことらしいが詳細は略)が脳裏をよぎったからつけただけ。


2c829510.jpg


こういう見方をすると、ドミノ倒しとか起きそうに見えてくる。とりあえずその場にはいたくない。
16cc18d8.jpg


たまたま、ブレッソン関係の展覧会をIPCでやっていた。
29c9cc3f.jpg


色々撮ったけどうまく撮れていない。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

March 11, 2007

日本のCDをシンガポールで買う

30202492.jpg7b5afec6.jpg


例によって自分で撮りましたが、こちらのHMVで日本のCDを買いました。買ったのは見てのとおりのもので、年末の紅白で見て良かったので買うことにしました。買ったらS$18.95で、S$1=¥80としても1500円程度で買えました。その所為もあって、ディスクにまで「日本国外頒布専用」とか書いてあります。


シンガポールは生活必需品以外は結構物価が高いのですが、これは安いなと思うのでした。書籍とか基本的に輸入物だから安くないし、図書館は本があまり多くないくせに登録料(registration fee:外人はS$10.50)と年会費(S$10.50)を取るんです。webでの在庫検索も使いにくいです。しかも予約にも費用がかかります。遅くまで開いているのと、休館日が少ないのは評価すべきでしょうが。


で、CDなんですが、いい感じで聴いているうちに寝入ってしまいました。すいません。




このエントリーをはてなブックマークに追加

March 10, 2007

眠れぬ夜

打ち合わせの後の会食で飲みすぎたのか、アルコールが抜けて逆に眠れない状態なので、書いています。明日は珍しく?休みだし。


このblog、特に方向性を定めないようにしていましたが、僕自身の状況から結果的に今までは一定の中心的な内容がありました。


2005年5月までは留学準備
2006年5月までは留学(LLM)
そして、最近まではNYBar準備
(シンガポール生活については、既に色々とblogがあるのと、僕自身があまり興味がないので、結果的にあまり書いていません)


この後はどうなるかは不明です。NYBar準備が続く可能性が一番高いという話もありますが、もう少し他のことも書いてみたいように思います。僕にとってはblogは続けてナンボと思っているので、内容の如何に拘わらずだらだらと続ける予定です。


気がつくとこちら(FC2)に移ってから20000hitに近付きつつあります。ご覧いただいている皆様にはお礼申し上げると共に、コメント等いただけるとありがたいです。諸般の事情でコメントは許可制にしていますが、無関係なものと、僕自身の個人情報(でblog上に載せられると問題と思われるもの:一応そういうものがあるんです)に言及があるもの以外は、許可する予定ですので、お気軽にコメントくださいませ。


それでは。




このエントリーをはてなブックマークに追加

March 05, 2007

The Supremes' Greatest Hits

SupremesGreatestHits.jpg


ローテクなので、表紙の写真も自分で取って貼っておきます。


題名だけ見て、てっきりダイアナ・ロスのあのグループの本だろうと思ってしまい(丁度テレビで映像を見たからでしょうか)、何かおかしいと気づくまで一瞬かかりました。気づいた瞬間笑ってしまって、買う積もりはなかったものの、買ってしまいました。


Lawyerの手によるのですが、きちんとnon-lawyer向けということを踏まえて、legalese抜きでうまく説明ができているように思います。英語も読みやすいと思います。僕はNY→日本→シンガポールと移動する間に読み終えました。選曲というか、選んだ判例がこれで妥当なのかどうかは不明ですが、NYbar明けで余計に面白く読めました。


日本人でLLM留学前の人にお勧めかな、とも思ったのですが、あまり理論的なところに突っ込んだ話はしていないので、ちょっと微妙。こういう判例があった、ということと事実関係の大まかなところと、結果については分かりやすく書いていると思うけど。
阿川教授の『憲法で読むアメリカ史』と重なる部分もあるけど、ブッシュ対コアの判例については、時間がたっている分、こちらの分析の方が明快な気がしました。あと、インターネット関連の判例についても紹介されているのも良いと思った点ですね。


無駄に紙質が良すぎて却って読みにくいのが難点かな。値段も安くはないし。紙質を落として値段も下げた方が良いのではないかと思う。


ISBN-13:978-1-4027-4107-4
ISBN-10:1-4027-4107-3


 






このエントリーをはてなブックマークに追加

いずこも同じ?

日頃愛読している「企業法務戦士の雑感」で興味深いというか、何というか、そういうエントリがあった。部分引用は不適切と云うか、全文を読んでいただけると幸甚。


一つだけ何かコメントするとしたら、氏の勤務先にかな。これだけ氏が怒っているのは、それだけ愛社精神があるから、だし、それを生かすも殺すも会社側次第なんですがね。


個人的には続報に期待。


 


 




このエントリーをはてなブックマークに追加

March 03, 2007

不愉快というか何というか

JFKでこれを書いているんですが、先ほど頭にきたことがあったので。アメリカらしいのは確かなんですけどね。 セキュリティチェックを終えてゲートに向かおうとしたら、アメリカン航空の係員の日本人の人が走って来て、ゲートが変わったと言うわけです。 変わった先は結構遠くで別のターミナル。えっちらおっちら戻る羽目に。嫌な予感がしつつも戻ったら、案の定、そちらのターミナルの係員には情報は伝わっておらず、元のところに行けと一点張り。既にスクリーン上でも切り替わっているのに、知らないの一点張りで通してくれない。確認を取ろうともしない。 これでまた戻っても徒労に終わるだけなので、しばらく時間をつぶしてからもう一度行って「戻ったけど同じことを言われた」と言って無理やりそこをくぐり抜けた。で、結局これで正しかったわけで。まあ、どうせこんなところだろうと高をくくっていたのでロスは最小限で済んだし。 こういうのがあると嫌になるし、こういうところでは日本の良さを感じるんだよね。日本なら何とか確認するだろうから。


(追記)


以下あるように、一応スクリーン上でゲートが変わったこと(12→10)は分かるが、この画像を示したところで納得してくれるかどうか自信がなかったので、上記のような方法にしたわけで。


f6297506.jpg


 




このエントリーをはてなブックマークに追加

March 02, 2007

受験にまつわるエトセトラ

雑多なことですが、気になったことをいくつか。今はJFKなので、後で写真とか追加します。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

NYBarの感想

感触としては?だし、合格したとは到底思えない感じがしました。

詳細は長くなったので「追記」で。
続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

Finished, for this time

試験終わりました.
疲れました.

とりあえずほっとしました。結果についてはかなり疑問がありますが、それはそれということで。まずは結果を待ちます.
詳しい話はシンガポールに戻ってからおいおいと書きたいと思います.


このエントリーをはてなブックマークに追加

February 20, 2007

Practice Exam/Barbri

MBEの時間の使い方の確認を兼ねて表題の模擬試験を、当日の時間帯に合わせて(シンガポール時間だけど)解いてみた。

出来が悪い。

ここまで来て隠しても仕方ないが111点。敗色濃厚としか言いようがない。祈念受験(IMEはこういう変換をしてくれる:実体に即しているような気がするが)ということになりそうな予感が特濃。

さて。

悪いのは悪いなりに分析すると、読み飛ばしすぎが一つ原因。
慌てる必要はないのだが、不安なのでどうしてもそうしがちな傾向にある。全部の選択肢を落ち着いて読まないといけないのだが、決めうちしすぎ。結果が出ていればいいのだが、そうでもないところに問題あり。落ち着いてすべての肢を読んで答えを決めないといけない。

ともあれ、いずれにしても受けに行く以上、もっとじたばたしよう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

February 19, 2007

買ってはいけないat Singapore?

yasumono.jpg


体重計が壊れたので買いに行った。行ったのはカルフール。
先日Ikeaで買った一番安かった時計がきちんと動いているので、同様に一番安いアナログのものを買ってみた。


…。

0に合わせて、乗って、降りるとゼロに戻らない。

何もしないで3分後に乗ると体重が2kg違う…。

買ってはいけません。

ネタにしかなりません。

以上。


このエントリーをはてなブックマークに追加

NYMC

NY州部分の択一の問題集を一通りこなし終わった。250問程度あって、半分くらいを一日で解いた。BarBriの黄色いテキスト(NewYork用)に載っているものは一通り解いたけど、ご利益のほどは不明。

この4日ほどは中国正月で休み。初日はPMBRの赤本の残りを解いて、本日はNYMCの残りを解いた。明日はMPTの解答の仕方を見るのと(練習する時間はなさそう)荷造りと、旅の準備(東京での宿を取っていないので)をして、あさってはもう一度MBEのタイムトライアルをしようと思う。

実は仕事も一部持って帰ってきているので合間合間にやっている。会社に行くよりはましかと思われる。


このエントリーをはてなブックマークに追加

February 18, 2007

デジカメが壊れた/壊した

肩からかけていたかばんに入れていたデジカメが、入れ方が悪くて大理石風の床に頭から?落ちた。落ち方から見て即死というやつか。

ボストンで展示品で買った奴で、必ずしも使い勝手はよくなかったが、今までよく働いてくれたので感謝しつつ冥福を祈る?ことにする。


このエントリーをはてなブックマークに追加

February 17, 2007

2周

PMBRの赤本の2週目終了。それほど正解率が向上しなかった。一番悪いのがCrimProで46%、良くてもCriminalとEvidenceで55%。エッセイを半ば放置してこの程度の正解率と云うのは情けなくもある。こんな調子で行っても大丈夫かという気がするが、それでも行くしかない(休みも取れそうだし)。後はNY部分をやるのと、MBEはBarbriのreleased questionsをしようかなと思う。


このエントリーをはてなブックマークに追加

February 13, 2007

受験票入手

ようやくできました。
faxを送ったのですが、今二つくらい不安なので電話をした。

念のために、電話する前に試すと出てこない。

で、電話をする。
しばらく待った挙句につながる。
待っている間にも、待ち受け音声が「受験票上でエラーが出た人がいるかもしれないがシステムのエラーなので、もう一度打ち出して欲しい」というようなことを言っている。既に何があってもおかしくないという予感が濃厚。

つながって用件を言うとしばらく待たされる。

つながって曰く、いいからもう一度指示通りにやってみろと言う。

半信半疑でやったら...出てきた。

裏で今何とかしただろ、と小一時間問い詰めたい衝動に駆られたがまあいいとしよう。

と、いうわけでメデタクNYCで受験です。
ジャビットセンターと云うとオレンジ色のウサギのようなものが脳裏をよぎるが気にしないことにしよう。

受験までにRPGを一つクリアする感じでしょうか。困ったものです。


このエントリーをはてなブックマークに追加

The Long and Winding Road?

昨日の祝日攻撃(リンカーンの誕生日とのこと)に懲りたので、faxで問い合わせてみることにする。

次のような文案で送ってみた。



Dear Board of Law Examiners

My name is *****, BOLE ID *****. I am planning to take this February exam from Singapore where I am now working and I am writing this letter to confirm my seating ticket that I can not get through the webiste now.

There are a couple of reasons that I think that my documents showing my eligibility had been propery received as follows;

(1) I had received an e-mail from the Executive Director regarding accomodation to my request for change of test center(I attached the hard copy of the email hereto for your easy reference). It is not for applicants who neither reside nor are employed in NY to sending such an email since it is written in your website that ALL NON-RESIDENTS WHO ARE NOT EMPLOYED FULL-TIME IN NEW YORK AT THE TIME OF APPLICATION WILL BE ASSIGNED TO TAKE THE BAR EXAMINATION IN ALBANY. I wrote this request no other application document than my cover letter to my application packet. Therefore, only receving my packet would make it possible and reasonable for you to send such the email in question.

(2) On January 4, 2007, I made a call to the Board to confirm my situation. The lady, Ms. Heather answered and told me that my packet was propery received, though on the application receipt lookup, some system error prevent me from confirming the receipt.

Until now, no further email has come to let me know regaring errors in my application packet, if any. I made several calls in January to confirm whether there is anything wrong. All I have been told after long waiting time is that all I have to do is wait for any email comming which never comes to me.

In conclusion, I think that it is very reasonable to think that I am eligible to take my seating ticket and this February exam. I would be really appreciate if you arrange to enable me to take the seating ticket and the exam.

Very Truly Yours,



もはやネタでしかない感じ…


このエントリーをはてなブックマークに追加

Seat Lookup

ようやく本試験の受験票がダウンロード可能になった…はずだが、予想通り一筋縄では行かない。
そもそも結局のところweb上での書類到着は確認できるようになっていない。ただ、前にも書いたように書類が届いていないと生じていないような事態が生じているし、電話で聞いても書類は届いているということだったし、特に問い合わせのメールも来ていない。よって、書類不備はないはず、受験会場を確認させて欲しい…ということを言おうと電話したら…

祝日

とのことだった。勘弁してくれ。


このエントリーをはてなブックマークに追加

February 12, 2007

シンガポールの労働法関連の日本語資料

自分用のメモ
シンガポールの労働法関連の日本語の資料が載っているサイトを見つけた。雇用法、労働者補償法等の和訳と労働統計とか載っている。
日本語の読めないスリランカ人のローカルスタッフに、労働安全衛生法の和訳がここにあると教わって見つけたというのが微妙なところだが…

http://www.jicosh.gr.jp/japanese/country/singapore/index.html


このエントリーをはてなブックマークに追加

February 11, 2007

歌が足りない?

何だか集中力が途切れがちで、ペースも落ち気味だったが、景気づけ?に3枚CDを入手した。聴いている場合ではないというのが正直なところだが、全部とはいかないものの少しづつ聴いて元気が出た。

1. Re-cool Reflections/寺尾聡
2. Introducing Cross Your Fingers vol.2/佐藤竹善ほか
3. ララバイSINGER/中島みゆき

1.はオリジナルをリアルタイムで聴いていたので懐かしくなって買ってみた。Avexから出ているからか(偏見かな?)、企画としての面白さは評価するけど、それ以上のものは中々感じにくい。Avexのえらいさん?の解説と云うか何というかは、この程度のコトバしか出てこないなら書かない方がいいように思う。
オリジナルにあった翳りが消えてしまった感じがするが、まあこれはこれでいいか。無用に明るい音になっている気もするが、その一方で、よい意味で肩の力が入らず楽しげに聴こえるし。
(2007/03/25追記:オリジナルが「必殺仕事人」の夜の暗さだとすると、今回のものは「ハートカクテル」の夜の明るさという感じがしている。)

2.はお約束という感じで買ってみた。詳細はまた気が向いたら。

3.NHK紅白でTokioの宙船を聴いて、みゆきさん自身の歌で聴きたくなったので。ボーカルがTokioよりもハードになっているように聴こえる。歌詞に色々考えてしまうが、まあ、それはお約束と云うことで…
とりあえず日本で景気付けする際には歌ってみよう(そこかよ、オチは>自分)

いずれにしても何となく、元気が出た。やはり僕にとっては歌は重要と云うことで。


このエントリーをはてなブックマークに追加

February 07, 2007

Rydeen/来るべき世界

これまたKarg氏から。RydeenのSelf coverがCMソングとのこと。
Rydeenのカバーというと、個人的には、来るべき世界/空手バカボンは外せない。
空手バカボンは、大学で入ったサークルで当時M1の方々が4人?でコント?も含めてLP一枚分を自力で再現するという、芸を見せ付けられて、「洗脳」されたのでした。あまりの芸の強烈さに参りました。
#ついでに見つけた非公式空手バカボンwebsite 空手チョップをもう一度は濃くてよい。

この曲は先日空手バカボンのベストが出た際には版権の関係で収録できなかった模様。
インディーズで出たベストには入っていたのだが、同僚に貸したら戻ってこなかった...無念。

どんな曲かというと歌詞を含めて載せているサイトを参照

空手バカボンの代表曲と言っても過言ではない。YMOの「ライディーン」に適当な、いやテキトーな歌詞を乗せて熱唱。人民服、ボイスコーダー、リズムボックス、シンセドラム、シークェンサー等、時代を偲ばせるフレーズ(や表記)が満載。
「当時YMOが何百万円のセットを使ってやってることを、安易にエレクトーン一台でやっちゃえっていうもくろみ(内田のコメントより)」をそのまま具現化した一曲。



確かにそのとおり。

今回せっかくカバーをやるから、洒落で、「来るべき世界」もやってくれないかな…。あの方々なら乗ってくれそうな気もするのだが…。版権は面倒そうだけど。


このエントリーをはてなブックマークに追加

February 06, 2007

Apple to Apple

http://www.apple.com/pr/library/2007/02/05apple.html


ようやくまとまったようで。どちらのファンでもあるので、コメントしにくいが、これでThe Beatlesの楽曲のネット上での配信への道が開かれたのだろう。情報をくれたKargさんありがとうございます。


ネット上で気軽に聴けるようになるのは悪いことではなく、寧ろ歓迎すべきことのはずだが、そんな簡単に片付けていいのかという気がする。うまくいえないが。




このエントリーをはてなブックマークに追加

February 05, 2007

途中経過の続き

とりあえず平日はMBEを一日25問、エッセイの内容検討を一日2問程度やるペースで概ね来ている。休日はもっと進むこともあるが、休養もするので大してはかどらないこともある。とりあえずPMBRの赤本の2周目は終わりそう。量をこなせばいいというわけではないにしても、おそらく、2周まわしたという実感があったほうがいいのではないかと考えている。急いで解いて正解率が上がらないのも困るのだが。ここしばらくは正解率が宜しくない。まあ、難しい部分を解いているからだと思うことにしよう。理解があやふやだから間違えるのだが。


肝心の?試験会場については今週分かるだろう。場合によっては色々と交渉が必要になるだろう。ありとあらゆる意味で無事にNYCで受けられることを願うのみ。




このエントリーをはてなブックマークに追加

January 30, 2007

日々不調

やはりどうしてもいらいらしている。きちんと受験書類が届いている扱いになっているのかいまひとつ確信が持てないし、そもそも受験にいけるのか状況は怪しげ。「本業」におもいっきり影響が出ている。これではイカンのだろうが、今の自分の能力ではこれが精一杯というところ。


気晴らしではないが、終わった後のことを少し考える。これまで読みたくても読めなかった本とか、余裕がなくてゆっくり聴けなかったCDとか聴きたいなと思う。だいたいこういうのはそう思っているうちが華なんだろうが。




このエントリーをはてなブックマークに追加

January 28, 2007

準備状況

試験勉強の方は、エッセイは書く練習をしていないが、とりあえずBarbriの黄色い本の頻出の分野(Will,Trust,Domestic Relations,NYpractice)が関連する問題について要点というか論点になりそうなところを拾い出してノートに取っている。45問くらい見たけど、ルールが頭にあれば(仮定形)当てはめはまだ何とかなりそう。むしろルールを頭に入れることの方が優先すべきと判断。


MBEについては赤本を一日25問づつ解いている。大体6割前後の正解率。Criminal procedureの出来が悪い。


受験それ自体の準備と云う意味では、結局BOLEのサイトでは書類が届いていることが確認できていない。ただ、前に書いたように、とりあえず書類は着いているのは間違いないし、問題があれば連絡すると言っていて何も言ってきていない以上、受験場が決まるころまで様子をみることにした。心配していても埒が明かないと思うので。


手配関係ではNYCまでの航空券とNYCで受験する場合の宿は予約した。Albanyの方はまだホテルは残したままにしている。




このエントリーをはてなブックマークに追加

January 20, 2007

行き帰り

そろそろ取らないとということでNYまでの往復の航空券を取った。直行便にしようかと思ったが、きついのではないかと思ったので、シンガポール-日本、日本-NYで分割して買った。多少安くなった。航空券の接続に余裕を見るべく、日本で一泊することにした。となると景気づけに…となるわけで。いろいろあって、心中穏やかでないまま試験勉強をしているのでそれくらいはないとね、と自分に言い訳をする。


受験地もNYCという想定も含めて宿を考えないといけないが、NYCの宿はまだ探している所(オルバニーは予約済:試験場がNYCに確定した時点でキャンセルが必要)。NYCは会場はジャビットセンターなんだろうか?




このエントリーをはてなブックマークに追加

January 14, 2007

BarBri模試を解いた

今回は時間の都合で、前半を土曜の午後、後半を日曜の午前中に解いた。


結果前半59/100、後半65/100。総合124/200


前の持ち主の回答は消しゴムで消してもらったのだが、微妙に跡が残っていて、つい惑われそうになる。前の持ち主も同程度の正解率だったことが回答用紙を見て分かったが。


PMBRよりも捻りが少ないように思う。何より文字が大きいのが偉い。


やはり集中力が続かないのか、間違い始めると連続しているようだ。それでも一応気をつけて、集中力が切れたな、と思ったら一度伸びをしてとかしたのだが。そのおかげか、PMBRのときのように10問連続とかで間違えるようなことはなかった。


そういう調子でゆっくりやったのが、一応時間には間に合った(前半は5分くらい余ったが後半は2分程度余っただけ)。時間を気にしすぎると問題文が頭に入ってこなくなるので、1時間33問という大まかなくくりだけを意識したが、これはこれで問題がなかった。


とりあえず後はマルチはPMBRの赤本に戻って解くのとエッセイということになろうか。




このエントリーをはてなブックマークに追加

January 13, 2007

Ikea@Singapore

家で時間を知ろうとすると、腕時計か懐中時計かトラベルクロックかはたまた携帯かPCを見るしかなく、まともな時計を買おうと思い立った。
ところがうっかりローカルの店に入ると中国語(だと思う。少なくとも英語には聞こえない:それでも向こうが英語を喋っているつもりである可能性が否定できないところが味噌だが)でまくし立てられてモノを選べないし、何だかデザインもいまひとつ。デザインがそれなりだと輸入品で高い。そこまでお金をかける気にもならない。


というところでIkeaのサイトで安い時計を見つけた。
で、話のネタに出かけてみた。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

January 11, 2007

とりあえずNYC

試験委員会からメールが来た。表題は証明書類を受け取っていないとある。前に電話で確認したことを違うと思いつつ内容を見ると…



続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

January 09, 2007

思い出し怒り

思い出したので書いておく。来たばかりの頃、近所に郵便局が見つけられずに、両替商(インド系)で切手を買ったら、説明なしに額面以上の金額で切手を売りつけられた。単なる間違いだったのかもしれないが、郵便局で買うことをお勧めする次第。




このエントリーをはてなブックマークに追加

January 07, 2007

分析?

昨日解いた結果がショックだったので、中を見てみると「追記」にあるような感じだった。なるほど。模試についてはこれから復習する。


今までのところ、MBEは
BarBri:Introを一度、intermidiateを二度
PMBR:赤本を一度、模試を一回
解いた。延べで2800問くらい解いたわけだ。それでこの結果かよと頭を抱えたくなる。エッセイを後回しにしてもこれというのは痛すぎるような気がする(あまり根拠のある物言いではないが実感としてはそんな感じ)。


ここからはエッセイをがんばらないといけないが、MBEについてのカンが鈍らないようにある程度は解き続けないといけない。フルタイムで受験生をしていない所からすると一日25問が上限だろうと思う。何をするかについては、PMBRの赤本をもう一度、というのが良さそうな気がする。MBEの教材はまだ他にもあるが、 同じものを繰り返して知識の定着を図るほうがよさそう。あと、MBEのタイムトライアルをもう一度来週辺りにする予定で、BarbriのSimulatedをする予定。


続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

模擬試験

PMBRの過去模試(2005年の模試一式を入手していたので)を解いてみた。午前中に仕事をした後、天気のよい土曜日午後に、シンガポールのオフィス街のスタバでPMBRの模試の前半部を解くというのはどうかという気もするが、仕方がない。3時間計って解く。前半は時間がぴったり位で終了した。家に帰って夕飯の後に、午後の部の分を同様に3時間計って解いた。3分くらい残った。


結果:前半51/100、後半43/100。無残というか何というか。このときの平均が合計で95/200というから平均以下なわけだ。当日にはscaledであと36点増えるといっているが、仮にそれが本当だとして(おそらくいくつかの点で俄かには信じがたいが)scaled scoreで130ということになるが、それで足りるとは思われない。合格点も上がるわけだから。


残りの時間で何をすべきか、考えないといけない。まず、やはり後半は夕食後で眠くなってきたときがあったので、当日の昼食については、慎重な検討が必要だろう。あと解き方については、時間を気にするあまり、雑に解いていたように思うので、時間は無視して解くようにした方がいいのかもしれない(この辺りはかつてのMPREと同じミスを犯しているように思われる)。


ともあれ、実際と同じ時間配分で解いてみたのは役に立つだろうという気がしている。




このエントリーをはてなブックマークに追加

January 05, 2007

winmail.dat file

仕事からみでメモ。


某国の担当者とメールをやり取りしていて、頻繁にファイルがwinmail.datとかいう謎のファイルに化けていた。送った側はpdfをつけたとかdocファイルをつけたと言うのだが、何故かそうなる。


こちらのIT担当者に聞くと送る側で使っているoutlookが添付ファイルの処理をうまく出来ていないからだという。次のところからWMdecodeなるソフトをダウンロードしてdrag&dropしたらきちんと言っていたとおりの形になった。めでたい。


http://www.biblet.freeserve.co.uk/


 




このエントリーをはてなブックマークに追加

きっと何時の日にか

タイトルはSLTの歌が脳裏をよぎったからつけただけですが、そんな悠長なことを言っている場合ではない。


いつまでたっても願書の到着が確認できていない(DHLでは11月末までに届けたことになっている)。これでは恐くて飛行機のチケットもとれやしない。と、いうわけで、例によって、BOLEに電話した。電話に出たMs. Heatherとかいう女性に事情を話して、BOLEのID(SSNがない人はこれで個人を特定する)と氏名を言って、向こうのデータベースを確認してもらった。すると、書類は届いているが彼らの側のシステム上の問題でweb上のlook upから確認できるようになっていないという。


こちらの書類に不備があるのかどうかというとどうも不備はないらしい。待っているしかないのか、と尋ねるとそうだという。


仕方ないからもう少し待ってみよう。と、言っても来週にもう一度電話をしよう。まったくもってアメリカンでふざけた話だが仕方がない。これも試験のうちと思うことにする。




このエントリーをはてなブックマークに追加

January 02, 2007

MBE Annotated Preview 2006

NCBEのonline storeで見つけた。$26ですか。悪くない値段ですが、いつやるかなあ。あと、PC上で受けるのと紙ベースで受けるのとはやはり感じが違うしねえ…。PCで受ける人にとっては非常に有効なのでしょう。僕も時期を見てやってみるつもりです。




このエントリーをはてなブックマークに追加