dtk's blog (ver.3)

きりたんぽの日とかいろいろありますが、定期エントリ(意味不明)。

そうそう、年末調整用に生命保険とかの書類も来るので、寄付も忘れないようにしないと。ハタチ基金への。年2回のこれくらいは、額はさておき、続けたいところ。

…と備忘のメモ。
 

某歌をもじったつもりだが…わかるかな、わっかんねーだろーなー(謎)*1

それはさておき、事業再編とか事業部門の閉鎖とかにまつわる業務に拘るときに心がけることをいくつかメモ。まあ、その手の業務に関わることもあって、そんなときに感じたこと、というところ。

続きを読む

圓道先生のセミナー@BLJに行ってみたので、感想などをメモ。
 
月刊誌での論考をセミナーで解説するのかと思ったら主従が逆とのこと。なるほど。より多くの人(東京以外のエリアの読者層も含め)に伝える意味でセミナーのネタを原稿にするというのはいいアイデアなのかもしれない。

内容としては記事に出ている民事訴訟の証拠保全対応の話が中心。

詳細については、コアな内容はネットに書かないようにという話が出ていた(理由まで含めるとそうだろうなというところ)ので、書かないけど、証拠保全の緊急性に鑑み、押さえるべきところをまず法務が抑えて、そのうえで社内展開をきちんとしておくことが重要と感じたのでありました。

個人的には、川井先生が書かれていたのとは異なり、B2Bでも結構使われるようになっていくのではないかという気がしている。特に新日鉄住金のケースで問題になった営業秘密まわりや製造物責任訴訟まわり(B2Bの中でも、サプライチェーンの上流と下流とで争うケースとかを考えると…)では、使い勝手についての認知が広まれば、使用されるように成るのではないかという気がした。まあ、こちらの勤務先でも対応をしないといけないわけだが…。

ともあれ、先生、編集部の皆様、ありがとうございました。

色々思うところがあって、この手のエントリは最近控えていたが、たまにはいいかと。
  • 最近はいろいろあって(略)、研修ネタとか、親会社の方針等のローカライズを考えていることが多いです。翻訳とかの比重が高いのが良いんだか悪いんだか。
  • 来月は久しぶりにアジア某所に海外出張ですが、諸々スケジュール調整が大変なので、無事に行けるのか不明…。 
  • 仕事以外も含めて正念場というところではあるのだけど、こちらの能力の限界ががが…。

備忘ということで。
  • 思うところあって、ジムでは、泳ぐのをやめて走っている。30分で5kmをトレッドミルで走って、あと自転車を漕ぐ程度。
  • 人間ドックについては、例年通りだった。 

とりあえず思い出した、というだけになっているのは、何とも申し訳ないような気がする。年2回のハタチ基金への幾ばくかの送金だけは何とか続けたいが。



例によって出遅れたが、感想をメモ。
#まだ途中なので、後日追記予定→追記した。


贈賄防止規制の特集は、弁護士さんたちや、企業の「中の人」の書かれているのは、まあそうなんだろうなというところ。こちらの勤務先も外資ということもあり、いろいろあって、思うこともあるが…略(謎)。


水野先生の連載は、相変わらず、伝統的な分野に、最近の情勢を踏まえて、フットワークよく切り込んでいくなあ、という印象。最近の世の中の流れの先端あたりで、この分野で何が起きているのかがわかるのはありがたい。

 
外国判決の承認執行の記事は、そういう事態に立ち会ったことはないので、「へぇーっ」としか言いようがないのだけれど、民訴法118条3項の「公序良俗に反しないこと」という要件についての積極判断・消極判断事例、及び、同条4項の「相互の保証」が問題になった事例の一連は興味深い。中国での相互保証がないというのは知っていたが、ベルギーは知らなかった。

 
続きを読む



例によって出遅れ、かつ、まだ途中だが、書いたところまで感想をメモ (残る部分の追記及び必要に応じて加筆修正の可能性あり)。

水野先生の記事は、アートの世界で今起きていることについての法務目線での報道として興味深い。ネットとかの技術の進歩で今までできなかったことができるようになるということなのだろうけど、追及権とかの議論はもっと日本でも進んで良いのではなかろうか。「クールジャパン」とかいうことになってるわけだし(謎)。

契約書審査の記事は、開発委託契約における著作権の帰属について定める条項についての解説で、ベーシックな条項から、より洗練され、配慮の行き届いた条項へとステップアップしていく過程が実際の条項案とともに示されていて、分かりやすい。対価との関係や優越的地位の濫用の問題の可能性もカバーしていて良い記事なのではないかと思う。特に、この種の契約について頻繁に接しない人にとっては。


続きを読む

#9/5/2015 upだが、セミナーの実施日にback dateしておく。

諸般の事情で、ここのところ、セミナーとかも控えめだったけど、懇親会付きだし…と、謎の動機で、川井先生のセミナーに出席させていただくことにしたのでありました。テーマ自体は、普段の業務とはやや遠いところに見受けられたので、半日休みを取って、というところで。

(ネタバレになる部分もあるかもしれないので、以下「続きを見る」で…「ネタバレ注意」ということで、ご了解いただきたく…)


続きを読む



本屋で何となく?買ったのだが、ようやく一通り目を通したので感想を、一応メモ。

「これからの法律屋は決算書が読めないと仕事になりません」という惹句にインパクトは感じるが、個人的には、事業会社の法務の場合は、決算書より先に税務の理解でないの?という気がしないでもない。商社出身の著者とは、見えているところが違うのかもしれない。

ともあれ、企業金融に関する事柄について、法律のバックグラウンドのある人向けに、概要を手際よく示すという意味では、悪い本ではないのではなかろうか。噛み砕き加減もそこそこ悪くない感じだし。あと、まあ、この著者にしては、文章も読みやすいと思う。 編集の方が頑張られたのだろう。
某所で称賛されていた某書とかは、文章が眠くて一通り目を通すだけでも厳しかったことを考えると余計にそう思う。

気になったのは、次の2点
  • 法務系の方向けという割に、条文の参照が少ない箇所があったところ。もうちょっと細かくあったほうがいいのではなかろうか。
  • 参考文献の紹介があまり充実していない。個々の分野についてはざっくりとした紹介なんだから、各章ごとにわけて、より詳細に、次の一歩を理解するための道案内たるべき書物(ネット上の情報も含め)の言及があってしかるべきだろう。

ronnorさんが、つぶやかれているのに茶々を入れたりしていたが、メモにしてみよう。訴訟案件で、訴訟上の対応は外の先生にお願いしているとして、その期日について、企業法務の担当者が傍聴に行くのは、何故か、みたいな話を思いつく範囲でメモ。
(交通費と時間の制約もあるので、近場に限られることもあるが…)
  •  まあ、直に裁判官・相手方の様子を見るというのがある。お願いしている弁護士さん経由というのも(そこにその先生の見立てが入ることにはそれ自体に意味がある)意味があるが、それとは別に直に見るということも。
  • それと、特に弁論の場合、他に誰が来ているか、を知るのも重要。相手方については、どのクラスの人が来ているか、などから、相手方のスタンスが推測可能な場合もあるし、あと、事案によっては、マスコミとかが来ていて自社に取材が来る可能性もあるなら、その辺の手当(広報側との競業が必要になるかも)がいるかもしれない。その辺を探る意味も出てくることがある。この手の話が問題になる場合は、その場でこちらの素性がバレるのは好ましくないので、会社名・ロゴの入ったものは使わない・持ち歩かないのが吉なのはいうまでもない(どのみち挙動でバレルとしても)。そういう意味で手帳とかも社名とかの入ったものは普段から使わないのが安全。
  • もちろん、お願いしている弁護士さんと期日直後に打ち合わせができるのもメリットであることはいうまでもない。お互いに同じものを見ているぶん、話が早いというのもあるし、宿題が出た場合の対応で、調査・調達が必要な場合には、時間を稼げるメリットも有る。
  • 弁護士さんからの報告に時間が掛かる場合に、第一報として自分の報告をあげるということもある。
  • あとはまあ、担当の先生にプレッシャーをかけるみたいな議論も一応思いつくが、そういうことをしないとイカン時点で何かが間違っていると思う(しがらみの関係で必要なことがあるかもしれないけど)。
・・・まあ、こんなものかな。

定期ポスト。何をどうするという確たるポリシーがないので、月一であれこれみて、うーん、と思って終わるという繰り返しになっている…。まあ、せめてもの罪滅ぼしは某所への年2回の寄付なんだが。

何かしたいが、できることが例によって少なすぎる…。 



例によって例のごとく。一部は既につぶやいたが…。

水野先生の今回の記事は、面白いのだけど、作品の図表がカラーでないのでよくわからないところがある。ここ数ヶ月の記事に比べてカタカナ用語が多いのは、まさに最先端だから仕方ないのだろう。でも、縦書で英語交じりがおおいとちょっとキツイなあと…。まあ、雑誌の構成上仕方ないのだけど…。

丸野先生の損害賠償条項の記事は、いい塩梅ではないかと。損害賠償の範囲をどう限定するかについて、様々なバリエーションを示しているのもさることながら、一つの解決策として、そもそも規定自体を取っ払うというアイデアを示しているのがいい。

加藤元裁判官の記事の中でU社の法務のA氏ってやはりあの方のことだろうか…?商社のN社ってどこだろう?
(*追記:メッセージでN社及び、かの会社の法務担当について、ご指摘をいただきました。ありがとうございます。やはり(一応想像はしてましたが)、あそこ、と見るのが正しいんでしょうね)

カネカの法務の話は、なるほどね、というところ。NDAについて、事業部の一定の資質の人間に、NDAマスターの称号を与えて、同人限りで対応可能というのは面白い。ただ、NDAが取引の入り口という面からすれば、その時点での情報が法務に入ってこないことになるところをどう考えるか、という面はあると思う。まあ、その辺も含めての判断なんだろうけど。


続きを読む

例によって、新しいことを始めるのが得意なkataxさんの試みの尻馬に乗ってみることにする。

契約書ドラフティングスタイルガイド

まあ、この表題については、某無双さん方面とかから違和感の表明があったけど、それはそれとして(*)、 コメントを数点メモ。

いずれも細かい話で恐縮なのと、こちらのダメ法務ぶりを露呈しそうだが、まあ、その辺はご容赦あれ。
  • 当事者の略記として、甲とか乙はやめておけという指摘については、同意なんだけど、理由について、補足めいたことを。
    当事者間で義務の押し付け合いの交渉をしているようなケースでそういう表記をしていると、いじくり回しているうちに、混乱して取り違えて、結果的に辻褄の合わない契約書が出来上がって、しかもそれにお互い気づかないという事態を招く可能性がある。内容を理解しているという頭で読むとその辺気づきにくくなりやすいこともあるように思う。僕自身はそういうことで自分のミスで青くなる経験はないが、以前、取り違えたのに気付かずに締結後数年近く経過したのちに、そのミスに気付いて修正したという例を見たことがあるので…。そういうことは起こりうるということから、氏名の略記(X株式会社であればX)または主な役割(売買契約では、売主とか買主とか)とかのほうがまだ安全ではないかと思う。
  • 定義条項を設ける場合には、定義の条項の中には当事者の権利義務に関する話は入れないこと。姑息な手としてそういうことを交渉相手にされることがあっても、自分はしないほうがいい。理由は簡単で、権利義務の検討をする際に、定義条項をみると、長い契約書では、面倒でメンテナンスしにくくなるし、端的に見落すリスクもあると思う。
  • 条文に( )書きで見出しを付す場合、条文の内容の変動に応じて、見出しが内容を適切に反映したものとなっているか、都度検討する必要が生じる。見出しだけ直し忘れという事態が生じうるし、それによって、後から誤解するリスクも有るということ。そういうことが生じうるから、英語の契約書では、見出しについては参照用に過ぎない、というような条項が入ったりするということを理解しておくべきだろう。条項の変更、削除、追加とかしていると時に見落とす危険があるように思う。
続きを読む

#例によって、感想をば。あげ忘れていたのでback dateで。
 
ビジ法7月号
民法改正の記事は、条文案が引いてあるのはこれはこれで便利かもしれないけど、条文の分量ゆえに、記事自体の分量はそれほどでもなく。戦士さんのいつぞやのコメントではないけど、どうも表面的に眺めるだけになってしまう感はあり。現時点でのまとめとしてはこれはこれで有用だろうけど。

シャルレのMBOの判決の評釈は、なるほどというところ。MBOとか縁がないので、良くわからないとしても。

企業内弁護士の対談については、ジェネラルカウンセルと法務部長との違いについての話は興味深いところ。人材育成とか他部署への異動の話とかは、なんだか突込み不足な印象。

税務の特集は、どこまで理解できたかはさておき、個人的には有用に思われた。

ネット上の書き込みの記事は、まあ、なるほど、とだけ。

個人情報保護法の改正の記事は、何とも…。国会の状況がアレだけど、実務はどうしたものかと。


続きを読む

定期ポスト。

とりあえず ハタチ基金から領収証を受領した。まあ、こうやって書いておかないと、続けられないような気がしないでもない。

助けあいジャパンで見ると、まだ20万人の避難生活者がいるのか…。 こういう状況下で、ああいうスタジアムの費用の話とか見るとめまいがするというか何と言うか…。



遅ればせながら、感想をば。

個人情報保護法の改正の特集は、現状がわかりやすくまとまっているという印象。でも、結局のところ細かいところは下位の規定まかせというところと、個人情報保護委員会まかせの部分が多い印象は変わらない。やってみないとわからないという感じになってしまう。とはいえ、第三者提供のところについては、こちらの勤務先においても何らかの対応が必要なことは理解できたので、それはそれで考えないといけない。
事業者側の担当者のコメントについては、面子の選び方が、情報の利活用が進んでいる会社の話ばかりで、ちょっと偏っているかなという印象。ごく普通の会社の人にとっては、まだ先の話でコメントがとれなかったということなんだろうけど。

マイナンバーの実務についての記事は、結局企業側にとっては負担が増えただけという指摘にものすごく納得。
続きを読む

某用件で調べたので、備忘の意味でメモしておく。

まずはここから…。
次に日本以外も含めた外国公務員贈収賄防止規定全般についての資料ということで…

続きを読む



完全に出遅れ&そもそもまだ読むべきと判断したところを読めていないのだが、とりあえずメモしたものだけ貼っておく。後で追記が前提(後記:追記した。)。

本号については、まずは債権法改正の記事なんだろう。と、いいつつまだ全部目が通せていないけど。 まず、執筆者の選び方が良いのではないかと。きちんとフォローしている人に存分に書いてもらっているのが良いと思う。
  • 阿部さんの記事は、経団連サイドからの見方が興味深い。こういうのがきちんと記事になることは、今後を踏まえても意義のあることではないかと。 
  • 小林さんの記事は、なるほど確かにこういう見方もあるだろうなと思う。氏独自の見解という側面もあるような気がするし、ここまで綺麗に総括できるのかという点には疑問が残るにしても。
  • サービス業の方の記事は、約款規制の企業法務の実務にもたらし得るインパクトを審議過程も踏まえて丁寧に説明してくださっているので、いつぞや戦士さんにコメント頂いたような上っ面だけの理解になるのを避ける意味でも必読かもしれない。個人的には要再読。
  • 吉元さんの記事は、金融分野に関する話で、事業会社にいる身には、なかなかイメージし辛かった…。
  • Y社の方の記事は、ポジショントーク臭がするのはさておき、インターネットビジネス以外への配慮が感じられないようにも思われた。この辺は業界の特質ゆえなのだろうか。
  • 請負の話については、ソフトウエアの開発側に立って契約書を検討したことがないので、イメージしにくいところがあったが、思って以上に開発する側にとっては大きなインパクトのある話だなと思ったところ。
  • 望月さんの記事は、不動産取引実務への影響の分析もさることながら、末尾に書かれた、経過措置としてどういうことが生じるか、という点についての記載が個人的には興味深かった。
続きを読む

定期ポスト(汗)。

例によって何もできていないのだが、忘れないことは重要と思うことにする。ぬるい話で申し訳無い…。毎月のこれで、一応毎回助け合いジャパンのサイトのトップの辺りくらいは見てはいるので…。

年に2回決めて寄付をしているハタチ基金に、今回も若干の寄付をさせていただいた。続けられる限りはマイペースで続ける予定。細く、長く、ということで。


遠藤先生
が書かれたということで、某所で関心がある旨お話したら、なんとご本人から一冊頂戴してしまった。すいませんです。頂いたものはISBNはついていないが今後付けられたうえで、書店などでも購入可能になるとのこと。

 追記:この冊子については、次の4か所で入手可能である旨、遠藤先生からご連絡をいただいた。
  (1)霞が関にある弁護士会館の地下の書店(弁護士会館ブックセンター)
  (2)大阪弁護士会館の書店(弁護士会館ブックセンター)
  (3)東京地裁・高裁の裁判所の建物の地下1階の書店(至誠堂)
  (4)千駄ヶ谷にある東京税理士会館内にある書店 

こちらの状況故にざっと目を通しただけでの感想でしかないけど、頂いたものであるということを割り引いても良い本だと思う。特に今まで債権法改正のフォローを十分にしていなかった僕のような、法務担当者にとっては。

一般向けに噛み砕いてあるのかと思いきや、思ったよりはしっかり書いてあって、それほど敷居は低くなく、法律のまったくの素人が読むのは大変かもしれない。

寧ろ、経験豊富な著者が、一人で全体をまとめて書いていて、統一感はあるし、実務家目線(学者の考える「実務」ではなく)でコメントしてくれているので、法務担当者にとっての使い勝手がいいのではないかと思う。そういう意味で企業法務の方がここから入るというのは十分、ありという気がする。個人的には、興味関心のあるところとそうでないところと、理解にムラがあるので、こういう形の情報を通じて、それほど手間がかからずに、そのムラの是正ができるのはありがたいと感じるところ。


FullSizeRender

諸事にかまけて(珍しく海外出張とかも行っていたのです)、すっかりご無沙汰なのですが、たまには、ということで、いくつかの事例を見て思ったことをとりとめなくメモ。例によって前につぶやいたことともかさなるわけで。
  • ベストプラクティスとかの共有とかは、面白いと思うのだけど、何がベストなのか、ベターなのかというところは、個別の状況で異なりうるような気がする。そういう意味では特定の前提条件の上に乗ったベスト、ベターという理解をしておくほうがいいのではないかと思う。
  • そうなると、他人様のしていることについても、その辺の確認なしに真似をすると事態を悪化させるというリスクも有る。
  • それとともに、永続性という観点も必要かもしれない。今足元を確認するのも大事だけと、遠くを見た時に永続できそうか、短期的に出来ても、長期的に維持できないような場合には、簡単に導入して良い話かどうかの検討が必要かもしれない。今いる面子ではできるけど、他の人ではできるかどうかわからない、という段取りの仕方をすると、面子が変わった途端に破綻するリスクを孕むことになるわけで、その辺りも考えたうえで、どうするかを考えないといけないのだろう。
 

このページのトップヘ