dtk's blog (ver.3)

ご覧いただきありがとうございます。別のところからこちらに引っ越してきました。長いのが最初にあると邪魔なので、お手数ですが詳細は「続き」にてご覧ください。どうぞ宜しくお願い致します。

コメント等いただく際には「続き」で書いた部分も含め、事前にお目通しいただけると幸甚です。簡単にいえば、内容無保証、ご利用は自己責任で、記載はすべて個人としてのもの、コメントは承認制、という辺りが重要点と考えています。 (昨年書いたものから微修正をしました→2015.1.1、2016.1.1、及び2017.1.1に微修正:微修正なのでエントリを新しくすることはない)

 続きを読む

夏バテぎみだが、いつもお世話になっているマンサバさんに振られたので、既につぶやいた内容(公開下書きモードとも言う)に基づき感想などを。

歴戦の勇士、という感のある著者が、英語nativeの英語教育の専門家の力を借りて、法律英語で使う基本的な英語の用語について、類ごとの差異・使い分けを解説しているというのが、メインの部分。詳細は目次を見ればわかるように、日本語としての意味に基づき分類し、解説するという形を取るのがメインの部分。
それとは別に、後ろの方に関係構築のための英語についての話もあって、それはそれで有用。


続きを読む


こちらの記事を発端として、先般、twitter上で興味深いやり取りがあったところ。togetterとかでまとめようかとも思ったけど、面倒なうえ、他人様のつぶやき等を勝手にまとめるのもなんだか躊躇われたのと、補足をしたほうが良さそうなところもあるような気がしたので、自分の言葉でエントリにしようかと。
#2017/6/11ちょっと加筆した。

サプライチェーンの途中にいる業者の立場で、自社のサプライヤーからの供給が、当該サプライヤー起因の何らかのトラブルにより遅れる、止まる、または、供給内容に欠陥などが生じた場合にどうするか。そういう事態にいたる理由は様々でありうるとしても、自社としてはどうすべきか。そういった辺りに、ついて、ざっくりとメモにしてみようかと思う。






続きを読む

会社法のうち、特にファイナンスに絡む部分の理解が深まれば、と思い、読んでみた。会社法を通しての法と経済学入門、という趣のある一冊(会計周りの話もあったりして、全部がそうだということではないけど)という印象。 数式とかにアレルギー?のある層を想定しているのか、簡単な例を用いて、極力数学的な要素を出さないようにしている章が大半なので、数式でめまいがして、読めないということはなかった。書かれている内容の基本的な考え方のようなものについて、つかめたような気にはなったが、気になっただけかもしれない。
ただし、最終章の実証分析のところは、それ以前ほどは配慮がないというか、より数学的であるがゆえに、配慮をしても…というところと思われ、正直しんどかった。

読んで興味深かった反面、読んでも、だから何だ、という感じが残ったのも事実。数字で語られるべきところについての理解が深まったというか、アレルギー感が減ったのは事実だけど、それ以上の何かが残ったという感じがしないのが一因かもしれない。

ある種、ローエコとかの入門書的な役割を果たすのに、この先に行くための読書案内はあってもよかったのかもしれない。参考文献は章ごとに書かれているけど、記載内容との関係で挙げられているだけだったし。


成立しましたね、債権法改正。具体的な施行時期は未定ですが、五輪の頃でしょうか。

で、ワタクシの場合、状況をフォローしきれていないので(汗)、今からどうしようかというところです。法制審議会の資料とか今更読むという気にもなれないので…。ということで、某先生のセミナーとかを期待するわけです(特定方面を見る)。

とりあえず、潮見イエローが、これを受けて改訂されるようなので、それを読むところから始めようかと思ったりするのでありました(謎)。

とはいうものの、戦士さんが書かれているように、既存の実務への影響は大きくないはずの改正内容であり、契約上の手当で乗り越えられる話のはずなのであって、むやみに大騒ぎをする話かというと、そうとも限らないので、その辺は、注意が必要なのでしょう。



続きを読む

すっかり追いかけていませんでした(汗)、衆院を通過したようですね、債権法改正。

 オリンピックとやらのときには施行されているというスケジュール感のようで…。

で、英語の案文とかはどうなってるんでしょう(しつこい)。これだけ時間があったんだから、成立即出すくらいはしないとイカンのではないかと。グローバル化とやらにこの改正が役に立つと本気で思ってるなら…と思うのですが。海外の方に対してだって、予見可能性とかは確保しないといけないはずでしょうから…。
 



今更ながら、感想をメモ。

後半部分はBLJでの連載が基になっていて、当該連載を楽しみに読んでいた一人としては、書籍化は慶賀すべきところ。個別分野については、それぞれの分野の「中の人」の目から見ればいろいろありそうだし、事実、僕がかつて属していた業界に関するところは、?があったので、そこは直にコメントさせていただいたけど、こうやって、一定の視点から横ざしで書かれていること自体が有益と思う。特定時点のスナップショットを改変しにくい紙の形で固定化しておくことには意味があると思うので。 後半からみの活動の中から出てきたと思われる前半部分は、これも興味深く、総じて読んでおいて損のない一冊だと思う。そういう意味で、マンサパ砲をはじめとして、各所での称賛に価する一冊と思うのも事実。






続きを読む

備忘のためのメモ。

処方薬のアレジオン(飲み薬)・リボスチン(点眼)・点鼻薬と、それから、花粉の侵入をふせぐアレルシャット2種類(鼻に塗るものと顔全体にスプレーするもの)とで何とか耐えている感じ。

アレルシャットは、なんだかよくわからないが効いている模様。
  続きを読む

例によって無双様の連載が興味深いので、契約書チェックの回を拝読していて思いついたことを以下箇条書きで。既にネタにした内容とかぶるかもしれないけど、その辺はご海容を賜りたく。

  • 定義条項、定義条項だけ読んでいても正直わかりにくいように思うので、全体像をざっと眺めたのちに、定義条項以外のところを読んでいて、そこで言及されるたびに、言及されている個所において、齟齬がないかという確認の仕方もありかな、と思う。
  • 定義の仕方については、定義条項を読まなくても、ある程度定義されている内容が想像しやすい方が、効率とメンテナンスのしやすさのうえでは重要かと思う。文中にあるように、定義に使った言葉から定義の内容が想像しづらいのは誤解のもとになると思う。
  • 定義条項の中にこっそり定義以外の内容(当事者の義務とか)が入っていないかの確認は別途いるかも。悪気がなくても、慣れてないとやってしまう場合があると思うけど、メンテナンスはしにくくなると思う。
  • 当事者について、甲とか乙とすると、間違いに気づきにくいので、可能であれば、当事者の略称にするか、役割に応じた形(買主とか売主とか)にする方が、良いように思う。
  • 形式的なチェックという意味では、境界値(以上とか以下とか)の扱いが明確か、曜日の扱い(期日が日曜日、祝日、年末年始とかに当たった場合の扱い)が適切になされているか、通貨の換算が必要な場合に、適切に書かれているか(換算レートはいつ時点のどのレート?)というあたりも含めてもいいのかもしれない。
  • 形式面ではあるのだけど、時間軸との関係で時々問題になるのは、押印名義(サイナー)となる方の異動がある場合に、締結日との関係で整合性が取れているか、何らかの事情でバックデートになるときに、締結時点の適切な押印(サイン)権限者になっているか、という点も気を付けた方がいいように思う。なお、バックデートのときは、会計・税務上問題となる可能性があることも要確認。
  • 自分の目だけで不安、でも、他の人の目を借りにくい、というときは、一旦時間をおく(トイレで顔を洗ってみるとかもアリか)、見る環境を変える(場所を変える、モニターで確認しているなら、一旦紙に打ち出してみる)という手はあると思う。
・・・大したコメントになってないけど、備忘もかねてupしておく。

すいません、新年会っていいました>柴田先生

それはさておき。
楽しみにしていたアドベントカレンダー企画の打ち上げに行ったのでした。
(楽しみにしておいて新年会というな、という話はありますが…)

会場はクックパット様で、大きな台所のある広いスペースで、何だかカッコいいなあ、と月並みなことを思いながら会に参加したのでありました。@kataxさんの鋭いしきりと、はややさんの美味しいハンバーグに感心しきりだったり、リアルでお目にかかってみたかった某先生にお目にかかることができたりして、個人的にはそれだけでも十分行ってよかったなと思ったのでありました。
ご準備いただいた柴田先生、@kataxさん、はややさん、ありがとうございました。

話をした内容に関しては、僕自身の話したことも含め、オフレコが多いので、迂闊に書きにくいです。とはいえ、手回しの良い、柴田先生が、きちんとした記録を書かれているので、詳細はそちらをご覧いただきたく。ここでは、僕自身が、酔っ払ってテキトーなことしか言わなかった記憶があるなかで、数点、自分の言ったこと等への補足めいたメモを例によって箇条書きでしておきたく(一部はすでにつぶやいていますが…)。一応オフレコ部分には触れていないつもりですが…。

  • 記録を残す、という点については、特に外資だとdiscovery対応をにらむ必要があり、そうなると、極力機械的にデータを捨てていくという方向に行きがちなのではないかと。他方、そういうことをしていると、物持ちの良い日系企業さんとの交渉とかでは、過去のこちらの言動についての記録が、こちらにないのに、あちらにある(しかも発言した当人はこちらの会社をすでに辞めている…)というような事態も想定できて、個人的には気持ちが悪いのですが、会社グループ全体でのリスク管理を考えると、捨てる方に向きがちなのもやむを得ないところがあり、その辺は個人的には悩ましく思うところです。
  • "事故"対応の経験が伝承されないという点については、組織の存亡にかかわらない規模の事故が起きたときに、伝承の意味も込めて、全力で(裏を返せば、その事象単体で見れば過剰な程度に)対応するというのはありうる対応ではないかと。
  • 社内リニエンシーは、個人的には、現時点では、「示しがつかない」という考え方や、ある意味「密告奨励」という点があるところを、どう折り合いをつけるか、そう簡単な話ではないように感じています。




 

紅白とかを見ていたせいで、振り返りのエントリとかできなかったが、それはともかく。

昨年はお世話になりました。本年もよろしくお願いいたします。

まあ、状況は、ここにかけないことの方が多いけど、相変わらず前途多難という感じ。とはいえ、夏前には一段落、という見込み。色々あって、転機の2017年になりそうな気配です。

どっちに転んでも、結局置かれた状況の中で、その時点での最善と考えることをするしかないのでしょうが。

ともあれ、死なないように、というのを第一目標にしつつ、じたばたしていく所存です。

こちらがどうなるかはまったくもって不明というか未定ですが、閉鎖だけはしないつもりですので、生暖かく見守っていただければ幸甚です。

よろしくお願いいたします。 

いい加減この形も飽きたので、来年はやらないということで、最後にメモしたものを貼っておく。

NBL1087
  • SWATの事件簿は、かつての民法900条4号ただし書の登記面での扱いについての記事だが、不動産の登記のレベルではこういう扱いになるのか、と非常に興味深い。登記のレベルまで見て、初めてわかることもあると改めて実感。
  • 下請法の記事は、やり直しと変更の話は、解説は丁寧だけど、規定自体がややこしいし、評価の入る部分もあって、読んでみると現場での運用が難しいかもしれないと感じる。
  • 日弁連のガイドラインの記事は、ファシリテーションペイメントの記事が興味深い。とりあえず記録するところから始めるんだろうな、という印象。

NBL1088
  • NDAの記事は、裁判例の分析が興味深い。実際に問題になったケースがどれくらいあるんだろうと思っていたので、個人的にはタイムリーだった。

ビジ法1月
  • 法務力チェックテストは、「べき」論になっていて、現場レベルでどうなの?と思う内容もあったりして、全体としては何だか微妙な気がした。
  • 小売業のDDの記事は、許認可周りの膨大さに眩暈。
 

以下没ネタってやつですな。#legalACの。せっかくなので、upしておきます…。

-------------------------------

こちらの現職は米系企業の日本法人なので、好むと好まざるとにかかわらず、翻訳作業はついて回ります。日本語から英語、英語から日本語、どちらもです。対象文書も契約書に限らず、社内方針とか、マニュアル、単なるレターとかまで内容によってはチェックの依頼が来ます。

最近長めの和訳のチェックがあったこともあり、英語から日本語にする際に注意している点について、いくつかメモ。あんまり法務っぽくなくてすいません。自分で訳す以外にも、分量が多いと、外注に出して、そのチェックをするとか、内製でもほかの人の翻訳のチェックとかも相応にあるので、その辺のことをしていてメモしたことというところです。

翻訳対象の文書の中身について、ビジネス的な背景も含めてきちんと理解しているとか、文書全体のトーンを統一する(敬体と常体とか)いうのは、別に翻訳に限らず文書としての基本でしょうから、その辺は当然の前提として、細かいところで、ミスを防ぐうえで有用と感じる形式的なチェックポイント、のメモ、というところで、訳文だけ見てもわかるチェックポイントが主になっているような感じです。

で、前置きが長くなったので、本題は「続き」へ… 続きを読む

また一号分感想が飛んでしまったが(まったく読めてない…)、取り急ぎブックガイドだけ読んだの感想をメモ。

  • いつになく攻めている感じで、興味深いが、これは無双様効果なのだろうか。
  • 無双様のいつもの連載と異なり、多人数で多様な視点からの意見交換ということそれ自体に意義があるのと思うが、今回は明確にダメだしが、某NAの弁護士さんの本とか、レクシスの某ハーレム本に出ていて、痛快(指摘内容には同意)。後者については社内的に編集部は大丈夫だろうか…。 
  • そのほかの方の個人名でのコメントについても、人選もさることながら、法務的な分野以外の書籍への言及が興味深い。 
  • 通して読んで、某英文契約についての書籍の高評価が印象に残った。買ってみるかな。英文契約関係の本ばかり手元にあっても仕方ないのだが…。
続きを読む

そもそも手元に雑誌がたまっていて読めてないうえに、ななめ読みでも目を通したものについての感想のメモもロクにup出来てなかった…

なので、まとめて「続き」の方にupしておきます。ホントに自分用の備忘。 

肝心のBLJに目が通せていないし…。

 続きを読む

カレンダー企画とは別口で、おまけ、ではないですがメモ。
#誤記を修正しました。

こちらの勤務先の外資系日本法人には、監査役がいて、グループ企業の別の国の法人のアジア地域の内部監査の人間がその役目をしていたりするのですが、このたびその交代があり、登記について、諸般の事情で、今まで丸投げだったのを自分で全部したので、一点メモ。

正直よくわからなかったのが、添付書類と出すべき本人確認証明書。外人、という言い方がいいのかどうか不明だけど、その場合、何を使えばいいの?(なお、対象者はX国籍で、現在中国で就労中でした)というのが今一つわからず。

結局所轄の法務局で色々聞いてみたり、当人に資料をもらって、事前の登記相談で質問したのだけど、結局のところ、中国での住所と本人の氏名を中国政府またはX国政府が証明していれば良いということで、中国での就労許可証でOKという話になって、こちらで翻訳して、出したのでありました。最悪在中国X国大使館で宣誓供述書とかを取ればいいのだろうけど、相手もそこそこ多忙で、それは避けたかったので、助かったのでありました。

こういう話なので、現実の書面のコピーを見てもらったうえで、相談しないと、頼れる答えが出るはずもないので、電話で法務局の登記相談のアポイントを取って(当日分はとれないことに注意)、相談をしたのでありました。都内の場合、20分とかの枠なので、相談員の司法書士さんに状況を理解してもらうために、資料(最低限対象会社の登記簿謄本のコピーはあるとよい)も用意して、20分で答えを出してもらえるようにしたので、こちらの勉強にもなりました。 

誰の役に立つとも思えませんが一応メモ。 

例によって事前の仕込みですが、#legalAC企画エントリです。

ここ2日キャリア形成についてのお話が続いていて、それはそれで興味深いのですが、そればっかりもどうかと思うので…違う話題にしようかと(言い訳)。

当初は他の話題にしようかとも思っていたのですが、とっつき易い話題の方が盛り上がりやすいかと思ったので(謎)、今年に入ってから、NDAについていろいろ考える機会があり、いくつか、考えたことのうち、ネタにしてよさそうなこと等をまとめてみようかと思います。またかよ、とか言われそうですが。

以前、某先輩が「たかがNDA、されどNDA」とのたまわれたように、これはこれで奥が深いというかなんというか…。まあ、ビジネスのとっかかりのところで結ぶのと、取り交わした後でなされることを見すえないとこちらに不利になるので、そうならざるを得ないのかもしれません…。


続きを読む

いつもにましてエントリすらかけない状況で、何を言っているのか自分でもわかってませんが、BLJのブックガイドと並ぶ(?)年末の恒例企画、アドベントカレンダーの季節であります。

法務系 Advent Calendar 2016

昨年のものは
という感じです。

LTはLTで得るところの多いイベントではありますが、カレンダー企画もこれはこれで、得るところのあるイベントだと思いますので、こちらをご覧の皆様、特に、普段見ているばかりの法務な方々におかれては、多数に紛れて、多少あれでもきっとなんとかなりますので(自分のエントリがアレだったときの布石?)、ふるってご参加くださいまし。面子が固定化して、洗練していくのを見るのも一興ですが、新しい顔ぶれが新しい何かをもたらしてくれることも、同様に期待したいと勝手に思っているところです。

で、自分は何をしようか、とこれから考えます。

ではまた。 



諸事にかまけて1回飛んでしまったが(無念)、気を取り直してBLJの記事の感想を。
…といってもほぼつぶやいた内容のコピペだけど。
(そういえば、もうすぐ読者交流会だが、参加の申し込みすらできず無念…)

  • 無双様の四半期レビューがあるときは、そこからBLJを読むのだけど、今回もなるほどねえ、と思うのでありました。某書籍の表題の件は、こちらもそう思っているので、こうやっておおっぴらに書いてもらって、よかったと思うのでした。
    無双様のBLJでの四半期レビューは、手厳しさもさることながら、「この本を読むべき人は誰なのか」の相場観の提示が素晴らしいと感服しています。
    連載は次回で一旦終わるようですが、今後の継続を強く期待(>無双様、編集長様よろしくお願いいたします)
  • 某英文契約の連載は、なかなか興味深いのだけど、対象になっている技術の位置づけとかがイマイチ見えないので、文中に出てくるドラフトの背景が見え切らない感じがしないでもない。この辺は次回以降である程度解消されるのかもしれないけど。
  • 独禁法の道標は、そういえばそうか、という感じ。条文上の文言を踏まえたうえでの白石教授のコメントは、なるほどねえ、といつもように頷くばかり。
  • コンプライアンスの某先生の連載は、マインドセットのあたりに踏み込んだコンプライアンス再考というのは、前回の連載と同じなんだけど、読み手のコンプライアンスに対するコミットメントがないと話についていけないように思うし、僕はそういうコミットメントが足らないらしい。なので、どうも読んでいて、落ち着かない。第1回の内容に反論すべきところは思いつかないが、各論レベルになったときにどうなるかという気がしないでもない。
  • 非金融業向けのFintechの記事は、overviewという意味では悪くないのではないか。業界の人向けの記事と、業界外の企業の法務向けとは分けてくれないと正直わけがわからないと、不勉強なので思う。
  • 個人情報保護法特集のうち、森先生のアウトラインの記事は、改正案の長官と、それぞれの論点?について参照すべき文書(官庁作成の物)が指摘されていて、ここから起点に個別の情報をおいかけるのに便利そう。特集自体は、面子が固定化しつつある感があるなあ…というのが印象。
…とりあえずこんなところで。

 
続きを読む

メモを貼り損ねていたので、貼っておく。

ビジ法10月
  • 法務英語の記事は、なるほどなあということもあり、個人的には得るものがある記事だった(それでいいのかはさておき)。西先生たちの記事は中でも異色。個人的には最後のAMTの石原先生の記事が興味深かった。
  • NTTデータの方のシステム開発の記事は、基本的な用語の話から丁寧に話を進めようとしているのが好印象。ただし、ユーザーからしたら、ベンダーとJVと言われてもなあ、と言うところだろうとは思う。ベンダー側が書いている以上、責任回避の色合いがないのかという気になるし(その辺は冒頭で予防線を張っているが…)
  • 業種別のDDの話は面白そうだが、製造業については、特に驚くような内容がなくて安心。
  • 相続法の改正の話は、知らなかったので、へぇーって感じ。
  • 近藤教授の株主総会の裁判例も、こちらの業務とはつながらないものの興味深い。ただ、事件名のところは、当事者名(会社名)を全部入れてもらった方が分かりやすかったと思う。
  • 池田先生のTPPと独禁法の確約制度の話は、これまた不勉強で(こればっかり)知らなかったけど、実際に導入となると、色々影響が出そうだなと感じる次第。

 
NBL1080
シンポジウムの話は面白そうだけど、余裕がないこともあり、スルー。
ヤマノメ先生の連載は、入会権ですか…そういう登記まだあるんでしょうね…。なるほど、という程度。



例によってBLJの記事の読んだ記事への感想を手短に。
  • 文書作成のリスクマネジメントは、興味深いし、こういう切り口で記事を組むのは、やるな、とは思う。さらに望むのであれば、出来の悪い文書の実例を示したうえで、こうすべき、という内容がもっとあった方が良かったのではなかろうか。それらしい内容のものを用意するのは難しいだろうけど。企業の方の声が日立の飯田さんだけというのも、BLJをしても、一人しか拾えなかったということなのか、そうでないのか、気になった。
  • informationがやたらに多くないか。内容的に有益なものも含まれてはいるので、そのこと自体とやかくいう必要はないが、そういう構成になっていることが、何を物語っているのかは気になるところ。
  • 商業登記規則の改正の記事は、気になっていた話なので、個人的にはタイムリーで、内容も分かりやすくてよかったと思う。
  • ハーレム先生の連載。By-products条項については、氏の従前の著作でも言及があったような。よほど以前痛い目にあったのだろうか。事の性質上、出てくる状況がそこまで多いとは思えないので、そこまでして取り上げないといけない話題なのかやや疑問に思うのでありました(こちらの経験範囲が狭いからそう感じるのかもしれないけど)。話題として取り上げるべき優先順位に疑問というかなんというか。
  •  
続きを読む

LTでした。聴講の方も含め、参加された方々、準備に関与されたみなさん、ありがとうございました。

せっかくなので、個人的な感想をいくつか。

  • 前回は諸般の事情で参加できなかったのですが、久しぶり、という感が強かったです。しかも、100人とか入るところで、企業法務でない方や、弁護士の方々も多いところで、なんだかとってもawayな感じでした。これはこれで面白かったのでありました。
  • 自分のしゃべる方については、普段、社内の研修とかでしかプレゼンをしないので、文脈を共有していないところで話すことのむずかしさをまず実感したのと、パワポに頼りすぎたなという気がしました。パワポなしのアンプラグドでも普通にきっちりこなされている方々も多く、今回のこちらの内容であれば、むしろない方がよかったかなと反省。最近はなかなか一般化した形であってもLTとかで話すに適さないお話が多く、ネタがないという感じだったので、その意味でも反省しきりなのでした。
  • 一応、運営側に入れていただいたのですが、やったのはせいぜい、某ろじゃあ師匠のサポート程度で、とはいえ、熱弁が全体の進行を圧迫しないように、というところで、そこは達成できたのでよかったです。
  • PCを持ち込んだので、実況で呟いてみました。内容を理解したうえでまとめるようなつぶやきは、ほかの方がされるだろうから、雰囲気というか様子を伝えるのに途中からモードを切り替えてみたのだけど、邪魔だったかもしれない。
  • お目にかかってみたい方もずいぶん来られていたようですが、あまりご挨拶とかお話もできず残念。こちらの動き方がイマイチだったからなんだが。それでもサイ太先生にお目にかかったうえ、一連の書籍を入手できたのはよかった。
  • これは文句を言うという意味ではないのだけど、弁護士の先生方のプレゼンは、ある意味プロでうまいのは当然なのかもしれないけど、そればかりになると、企業法務の担当者の方にとって敷居が高くなりすぎて、新たに手を挙げにくくなると、なんだかもったいないというかなんというか。企業法務の担当の方ももっと手を挙げてほしいなと思うのでありました。





 続きを読む

例によってメモを貼り付け。メモの時点より時間が経過している分もあるのはご容赦あれ。既に次の号が来てるしねえ…。
 
ビジ法9月
とりあえず特集2を読んでしまうのは、少数派だろうな(謎)。特集1は、偉い人がいろいろコメントをされているのでスルーする(謎)。特集2についてはいろいろと思うところがあったので、メモ。
  • 電通の方の挙げているメリットには、個人的にはどうかなあと首をかしげなくもない。NY州のデータベースとか使う用事がある方が少ないと思うし。転職の選択肢に外資系が入りやすくなることと、秘匿特権が使える可能性があること、それから、資格なしの法務部員と言うとなめてかかってくる外人を減らせること、が一番のメリットじゃないのかと思う(汗)。
  • アビタスの人の話は、分かりやすい。ご商売だから当たり前だが。ワシントン州の受験資格の話は知らなかったけど、LLMでこの要件を満たすのは、実は簡単ではないのかもしれない、という気がする。要件を満たす形での履修が留学先のカリキュラムとの関係でできるのかどうか…。
  • NYbarの受験の話は、僕自身は、可処分時間との関係でMPTまで手が回らなかった口なのだけど、指摘は、理解できなくはない。
  • Calbarの受験の話①については、周囲からのサポートについての記載は、書き方としてどうよ、と思わなくもない。本音なんだろうけど、ちょっとどうかと思わないでもない。この辺は編集部サイドでもうちょっと気を使った方がよかったのではないか。
  • ②については、LLMなしでの受験であれば、そうなるだろうな、と思う。受験調整の重要性については、力いっぱい同意。https://www.facebook.com/calbarfromjapan/ は、ざっと見た限りでは、相当考えて作られているので、うまく使うと有用そう。ただ、LLMなしとなると、英語の運用能力自体は別途養わないと大変なのではないか。
クレーム・リコール対策の記事は、さもありなんという感じ。ただ、この辺りは、上層部の理解がないと進めにくそう。

デジタル証拠の連載は、次々回の予測的タグ付けの記事に期待。spoiltationでどれほど重い制裁が課されるかについては、具体的なケースと制裁内容への言及があるとよかったのかもしれない

 続きを読む

NBLの某対談に対する川井先生のエントリ及びそれに対する戦士さんの呟きを読んで、メモ。すでにお二方も含めつぶやかれるなどしたこととも重なるかもしれないけど、自分の頭の整理もかねて、思うところを箇条書きで。
(こういうリアクション芸人的なものだけだと、なかなか「ちゃんとしたエントリ」にはならないけど、こちらの諸々の状況からすれば仕方がないのだろう)
  • 大概のことがそうであるように、契約書のドラフテイングも諸々の制約要因の中でなされる営為であり、その営為の成果物たる契約書も、制約要因から完全に自由となるのは難しいし、その意味で、紛争となった場合に、文脈抜きで、第三者たる裁判所が、外在的視点で独自で解釈できるか、そうすることが可能な程度に書ききれているか、というと、状況による、としか言えないのではなかろうか。各種の制約要因がどういう影響を及ぼすかは、個別の状況いかんとしか言いようがないと思うので。
  • 前述の制約要因の中には、法務側のリソース(経験値、時間、予算)の問題や、時間的制約、自社側の事業部門またはそのほか関連部門のリテラシーの問題、相手方のそれらの問題、相手方との交渉力の問題、などが含まれる(が、これらに限られないかもしれない)。
  • 大規模なM&Aの最終契約のような場合は、時間を別にすれば、それ相応にリソースを確保して、ことにあたるだろうから、相対的には、外在的な視点での解釈が可能かもしれない反面、それを排除すべく、それ相応にレビューとかをしているから、NBLの記事にあったように、裁判所に余計なことをしてくれるな、という議論にもなりやすいのではなかろうか。
  • 他方、制約要因の中で、手持ちのリソースに鑑みると、完璧を目指すには程遠い、となったときにどうするかといえば、ある種のリスクアプローチというか、トリアージというか、何か問題になりそうな事象が起きた時に、どうなるかを考えて、リスクの最大値が大きくないと見込まれたものの優先順位を下げ、その反対のものの優先順位を上げるというような対応になるのではなかろうか。何かが起こってもたかが知れていると思えば、契約類型が間違っていても、請負のはずなのに売買契約のひな型を使うというような事態を許容することも十分あり得ると思う。そういうものについて、書面の文字面だけ読んで解釈されても、ちょっと困るのではなかろうか。
  • とはいえ、事前のリスクの読みと、実際に紛争になるか、ということとの間に、明確な因果関係とかはないと思われるから、裁判所とかに出される契約書が、どういう素性?のものかは、正直予断はできないはず。
 

諸般の事情で久々、という感もあるのだけど、@hiro_oceanさんからお誘いを受けて、上記の勉強会に行ってみた。

会場が某ベンチャー企業さんの会議室を借りてということもあってか、お題はベンチャーのファイナンス。まあ、今の勤務先を前提にすると、あまり業務との繋がりはなさそうだけど、世の中何が起こるかわからないから、出てみた次第。

講師は、 isologueの磯崎さんで、磯崎さんらしく、ベンチャー育成への熱い思いが伝わってくるとともに、ベンチャーにおけるファイナンスの難しさ、重要性(経営陣のインセンティブ設計に等しいという点と、一回の資金調達が、以後の資金調達の制約条件となるという点の指摘が印象に残りました)がよくわかる内容でした。法務的には、優先株式の使い方とかのお話が興味深かったところです。

勉強会の後の懇親会では、初めてお目にかかる方もいて、「dtkさんですか?」とこちらが何も言う前に訊かれてびっくりしたりもしたのですが、つい、顔なじみの方々と久闊を叙するばかりで、ちょっと反省。 

諸般の事情故に、なかなか表?に出るのも難しいのですが、ちょっとづつでもこういうのは続けないとな、と改めて思うのでありました。
(と言いつつ、来月はLTがあるのだけど…) 



例によってBLJの気になった記事の感想など。

無双様の連載は、攻めてるなあ、と感じた。もっと攻めてほしいが、雑誌だとあれがギリギリ限界なのだろう。「買ってはいけない」は個人的には読みたいけど。

特集の労務トラブルの記事については、相変わらず企業の生の声を拾ってきていて、ある種の「相場観」のようなものが透けて見えるような気がするのが興味深い。特に今回は、いつもより上の方々のお話を伺っているところが、相手の選び方も含めて、なるほど、という感じ。それとともに興味深いのが、労働者側の弁護士さんのインタビュー。ポジショントークめいたところもあると思うので、やや注意が必要かもしれないが、こういうところの声も拾おうとすることそれ自体について、まず評価されるべきではなかろうか。この辺は、新興誌ならではなのかもしれない。

法務機能新設の段取りについては、途中、読めていない回もあるものの、総じて面白かった。でも、撤退も視野に入れて新設をしないといけないという気がするのだが、その辺どこまで視野に入っていたのやら、という気がしないでもない。例えば、現地法制で学ぶべきことのうち、労働法については、解雇規制とかも含むべきということになる。入口のところで間違うと、出口で悲惨なことになるということもあり得ると思うので。

 

続きを読む

毎度おなじみFCPAがらみ(違)でメモ。某所で見つけたもののご紹介だけですが。
米系外資だとどうしても、うるさくなりがち、で、社内研修とかをする際のネタ元に便利そうなところ、ってことでメモ。

Stanford Law School Foreign Corrupt Practices Act Clearing house
(a collabolation with Sullivan Cromwell LLP)
 
最近のはやりなのか、visual aidというか図表で示すのが上手いという印象。統計資料とかが面白いだけではなく、論文とか、enforcementの情報も出ているので、便利かもしれない。文字ばかりのDOJのサイトとかよりは見る気になるし(汗)。

 



憲法で読むアメリカ史
の著者によるアメリカの改憲史についての著書。同書とともに読むと、USLLMで、アメリカ法入門のような講義につなげる意味では有用と思う。一般向けということもあって、憲法の難しい話に過度に深入りせず*1に、改憲についての通史的な解説を読みやすい形で提供してくれている。
なお、同書以降の現代史部分については、こちらに連載がある(書籍化はされないのだろうか…)。

もちろん、こういう時期に出された(2016年5月発行)ということからも推測可能なように、昨今の日本での改憲議論にも資するようにという意図はあるが、最終章以外にはその点に明示的に触れてはいないので、そういう問題に特に用事がなくても、そのほかのところは安心して読めると思う。最終章には今までの章の要約もついているので、極端に言えば、この章だけ読むのもアリかもしれない。





 続きを読む

いろいろ悩んだが、こういう意見もあるということもメモしておくべきかと思ったのでメモ。全部目を通す気にならなかったので、一応書名は上げないけど、まあ、わかる人にはわかると思うので、よしとする。
わからない人向けのメモではないので、その点はご容赦ください。





 続きを読む

このページのトップヘ